ゾヌリン系01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21248165

Zonulin and Its Regulation of Intestinal Barrier Function: The Biological Door to Inflammation, Autoimmunity, and Cancer
ゾヌリンによる腸のバリア機能の制御
炎症、自己免疫、がんへの、生物学上の入り口

Mucosal Biology Research Center and Center for Celiac Research, University of Maryland School of Medicine, Baltimore, Maryland 21201, USA.
粘膜生物学リサーチセンター&セリアック病リサーチセンター
アメリカ、メリーランド州ボルティモア、メリーランド大学医学部

Abstract
要約




The primary functions of the gastrointestinal tract have traditionally been perceived to be limited to the digestion and absorption of nutrients and to electrolytes and water homeostasis.
胃腸管の主要な機能は、これまで伝統的に、栄養と電解質の消化と吸収、そして水分の恒常性に限って理解されてきた。

A more attentive analysis of the anatomic and functional arrangement of the gastrointestinal tract, however, suggests that another extremely important function of this organ is its ability to regulate the trafficking of macromolecules between the environment and the host through a barrier mechanism.
しかし、消化管の解剖学的、機能的な配置へのより注意深い研究は、この臓器の極めて大事なもう一つの機能を提示する。
つまり、バリア構造を通して、環境と宿主の間の大きな分子の輸送を調節する能力である。

Together with the gut-associated lymphoid tissue and the neuroendocrine network, the intestinal epithelial barrier, with its intercellular tight junctions, controls the equilibrium between tolerance and immunity to non-self antigens.
消化管関連リンパ組織(GALT)、神経内分泌ネットワークとともに、細胞間のタイトジャンクションを伴う腸上皮のバリアは、非自己抗原に対する寛容と免疫の釣り合いを制御する。

Zonulin is the only physiological modulator of intercellular tight junctions described so far that is involved in trafficking of macromolecules and, therefore, in tolerance/immune response balance.
細胞間タイトジャンクションは、巨大分子の輸送に関係し、それゆえ寛容と免疫応答のバランスにも関わるとされる。
ゾヌリンはその唯一の生理的な調節因子である。

※so far そこまで

When the finely tuned zonulin pathway is deregulated in genetically susceptible individuals, both intestinal and extraintestinal autoimmune, inflammatory, and neoplastic disorders can occur.
遺伝的に感受性がある人たちで、精密に調整されたゾヌリン経路が制御を外れたとき、腸と腸の外の両方で、自己免疫疾患、炎症、腫瘍などの疾患が起き得る。

This new paradigm subverts traditional theories underlying the development of these diseases and suggests that these processes can be arrested if the interplay between genes and environmental triggers is prevented by reestablishing the zonulin-dependent intestinal barrier function.
この新しいパラダイム(理論的枠組)は、これらの疾患の展開の根拠となる伝統的な理論をくつがえし、そして提唱する。
もしゾヌリン依存性の腸バリア機能を再構築して遺伝子と環境的な引き金の相互作用を抑制すれば、これらの過程は阻止され得る、と。

This review is timely given the increased interest in the role of a "leaky gut" in the pathogenesis of several pathological conditions targeting both the intestine and extraintestinal organs.
腸と腸以外の器官の両方を標的とするいくつかの病理状態の機序における「リーキーガット(腸漏れ)」が果たす役割への関心が増している中、このレビュー(概観)は時宜を得ている。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-10-22 21:55 | 翻訳  

<< ゾヌリン系02