ゾヌリン系03

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-1

I. INTRODUCTION
導入




In recent years much has been discovered about the structure, function, and regulation of intercellular tight junctions (TJ).
近年、細胞間タイトジャンクションの構造や機能、その制御について、多くの発見がなされた。

However, the precise mechanism(s) by which they operate is/are still incompletely understood.
しかし、ゾヌリンがどのようなメカニズムによって機能するのか、その詳細はまだ完全には理解されていない。

The discovery of zonula occludens toxin (Zot), an enterotoxin elaborated by Vibrio cholerae that affects the TJ competency, has shed light on the intricate mechanisms involved in the modulation of the intestinal paracellular pathway.
コレラ菌によって産生される腸管毒素の「閉鎖帯毒素(Zot)」は、タイトジャンクション機能に作用する。
この毒素の発見が、腸の細胞間輸送(細胞と細胞の間隙を通過する)の調節に関与する入り組んだ仕組みに光を当てた。

Our Zot structure-functional analysis demonstrated that the COOH-terminal portion (that we called ΔG) of the toxin is involved in specific proteinase activating receptor (PAR)2 binding and activation of intracellular signaling leading to reversible opening of intercellular TJ (47, 58).
Zotは、プロテアーゼ活性化受容体(PAR)2へ特異的に結合し、細胞間タイトジャンクションを可逆的に開放させる細胞内シグナル伝達を活性化させる。
我々はZotを構造的、機能的に研究し、デルタGというC末端の一部分がそれに関与することを明らかにした。

Taken collectively, our data suggested that Zot regulates TJ in a rapid, reversible, and reproducible fashion, likely activating
intracellular signals that are operative during the physiological modulation of the paracellular pathway.

総合的に見て、Zotは、細胞間輸送の生理的調節に作用する細胞内シグナル伝達を活性化し、素早く、可逆的に、かつ再形成できるやり方で、タイトジャンクションを調節すると我々のデータは示唆している。

※operative 作用する

Based on this observation, we postulated that Zot may mimic the effect of a functionally and immunologically related endogenous modulator of epithelial TJ.
上皮のタイトジャンクションは、機能的かつ免疫的に相関して内因的にシグナル調節されている。
Zotは、タイトジャンクションのシグナル調節作用を真似ているのかもしれない。
我々は実験の観察に基づき、そう仮定した。

The combination of affinity-purified anti-Zot antibodies and the Ussing chamber assay allowed us to identify an intestinal Zot homolog that we named zonulin (62, 172).
アフィニティー(親和性)精製された抗Zot抗体と、ウッシングチャンバー法(イオンの移動により腸管透過性を測定する)の組み合わせにより、腸に発現するZotのホモログ(相同体)を我々は同定し、ゾヌリンと名づけた。

Isolation from human intestinal cadavers revealed that zonulin is a 47-kDa protein that increases the intestinal permeability in nonhuman primate intestinal epithelia (172).
解剖したヒトの腸から単離したゾヌリンは、47キロダルトンのタンパク質であった。
ゾヌリンは、ヒト以外の霊長類でも腸管透過性を増大させる。

Zonulin has been observed to be involved in intestinal innate immunity (53) and to be upregulated in several autoimmune diseases, including celiac disease (CD) and type 1 diabetes (T1D), in which TJ dysfunction seems to be the primary defect (35, 50, 62, 138).
ゾヌリンは、腸の自然免疫に関与し、また、セリアック病や1型糖尿病のようないくつかの自己免疫疾患で上方調節される。
これらの病気は、タイトジャンクションの機能不全が主な障害である。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-10-24 05:09 | 翻訳  

<< ゾヌリン系04 ゾヌリン系02 >>