ゾヌリン系04

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-2

II. INTESTINAL BARRIER AND ITS REGULATION
腸のバリアとその制御




The paracellular route is the dominant pathway for passive solute flow across the intestinal epithelial barrier, and its functional state depends on the regulation of the intercellular TJ (185).
細胞と細胞の間は、腸上皮バリアを通過する溶質(溶液に溶けている成分)の受動的な流れの主要な経路であり、その機能の状態は細胞間タイトジャンクションに依存する。

The TJ is one of the hallmarks of absorptive and secretory epithelia.
タイトジャンクションは、吸収し分泌する上皮細胞の顕著な特徴である。

As a barrier between apical and basolateral compartments, it selectively regulates the passive diffusion of ions and small
water-soluble solutes through the paracellular pathway, thereby compensating for any gradients generated by transcellular pathways (93).

頂点と基底外側の間にあるバリアとして、タイトジャンクションは細胞間を通過するイオンや水溶性の溶質の受動的な拡散を選択的に調節する。
それにより、細胞内輸送によって生じるいかなる勾配をも補う。

※gradient 濃度勾配(concentration gradient),電気化学勾配(electrochemical gradient)など

Due to the high resistance of the enterocyte plasma membrane, variations in transepithelial conductance have been ascribed to changes in the paracellular pathway (98).
腸上皮の細胞膜は高い抵抗性をもつため、上皮細胞を通過する電気の流れやすさの差(variations)は、細胞間経路の変動(changes)に原因がある。

※plasma membrane 「形質膜」、植物細胞膜と区別して動物細胞の細胞膜を指す

The TJ represents the major barrier within this paracellular pathway with electrical resistance of epithelial tissues dependent on the number and complexity of transmembrane protein strands within the TJ, as observed by freeze-fracture electron microscopy (99).
凍結割断電子顕微鏡で観察する際、上皮組織の電気抵抗はタイトジャンクション内部にある膜貫通タンパク鎖の数と複雑さに依存する。
細胞間経路内にあるそのような主要なバリアを、タイトジャンクションは代表する。

Evidence now exists that TJ, once regarded as static structures, are in fact dynamic and readily adapt to a variety of developmental (66, 105, 136), physiological (68, 100, 114, 139), and pathological (34, 61, 63, 101) circumstances.
タイトジャンクションはかつては静的な構造と見られていたが、実際、動的であり、発育上の環境、生理的な環境、病理的な環境にすぐに適応するというエビデンス(証拠)が今では存在する。

To meet the diverse physiological challenges to which the intestinal epithelial barrier is subjected, TJ must be capable of rapid and coordinated responses.
腸上皮バリアが影響されるような様々な生理的な攻撃に遭遇しても、タイトジャンクションは素早く、協調した応答をすることができる。

This requires the presence of a complex regulatory system that orchestrates the state of assembly of the TJ multiprotein network.
このことは、タイトジャンクションの多くのタンパク質のネットワークを組み立て、その状態を編成するような、複雑な制御系の存在を必要とする。

While knowledge about TJ ultrastructure and intracellular signaling events has progressed significantly during the past
decade, only recently we have seen effort focused on elucidating the link between TJs and many pathophysiological states (57,58, 160, 161).

タイトジャンクションの上位構造と細胞内シグナル伝達イベントに関する知識はここ十年で著しく進展した一方、我々がタイトジャンクションと多くの病理生理学的な状態の間のつながりを明らかにすることに努力を集中させてきたのはつい最近である。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-10-24 10:05 | 翻訳  

<< ゾヌリン系05 ゾヌリン系03 >>