ゾヌリン系06

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-3

III-A. Identification of Zonulin as Pre-Haptoglobin 2
ハプトグロビン2の前駆体としてのゾヌリンの同定




Since zonulin is overexpressed in tissues and sera of subjects affected by autoimmune diseases, we elected to use sera from zonulin-positive and zonulin-negative T1D and CD subjects to characterize further the molecular nature of zonulin.
自己免疫疾患に冒された患者では、ゾヌリンが組織と血清で過剰に発現する。
我々はゾヌリンの分子的性質をより深く記述するため、1型糖尿病とセリアック病の患者のゾヌリン陽性・陰性の血清を使うことを選んだ。

Through proteomic analysis of human sera, we have recently identified zonulin as pre-haptoglobin (HP) 2 (159), a molecule that, to date, has only been regarded as the inactive precursor for HP2, one of the two genetic variants (together with HP1) of human HPs.
我々は最近、ヒト血清のプロテオーム解析を通して、ゾヌリンをプレハプトグロビン2(pre-HP2)として同定した。
ヒトハプトグロビンの遺伝的な多型にはHP1とHP2の二つがあり、プレハプトグロビン2はハプトグロビン2(HP2)の不活性な前駆体として今までのところ唯一見なされている分子である。

※haptoglobin そのβサブユニットを介して、ヘモグロビン(hemoglobin)のαサブユニットと結合(hapto-)するタンパク質(globin)。肝臓で合成されるα2グロブリン領域の血漿タンパク質で、溶血時などに生じる有害な遊離ヘモグロビンを処理する生理機能を持つ

Mature human HPs are heterodimeric plasma glycoproteins composed of α- and β-polypeptide chains that are covalently associated by disulfide bonds and in which only the β chain is glycosylated (73) (Fig. 1).
成熟したヒトハプトグロビンは細胞質に存在するヘテロ二量体の糖タンパクである。
α-およびβ-ポリペプチド鎖から構成され、ジスルフィド結合によって共有結合し、そのうちβ鎖だけがグリコシル化されている(Fig.1参照)。

※glycosylate グリコシル化(グリコシル基を転移)すること
※N-グリコシル型(Asn-X-Ser/Thr配列のアスパラギン残基にN-アセチルグルコサミンを介して糖鎖が結合)
※O-グリコシル型(Ser/Thrのヒドロキシル基に糖鎖がO-グリコシド結合)

While the β chain (~36 kDa) is constant, the α chain exists in two forms, i.e., α1 (~9 kDa) and α2 (~18 kDa).
β鎖は一定だが、α鎖には二つの形態がある。
すなわち、α1鎖と、α2鎖である。

※i.e. ラテン語"id est"の省略形。that is (to say)
※HP1 β(~36kDa)-[ジスルフィド結合]-α1(~9kDa)
※HP2 β(~36kDa)-[ジスルフィド結合]-α2(~18kDa)


The presence of one or both of the α-chains results in the three human HP phenotypes, i.e., HP1-1 homozygote, HP2-1 heterozygote, and HP2-2 homozygote.
α鎖の一つ、または両方が存在することで、三つのヒトハプトグロビン表現型が生じる。
すなわち、HP1-HP1ホモ接合体、HP2-HP1ヘテロ接合体、HP2-HP2ホモ接合体である。

※homo ホモ、同型
※hetero ヘテロ、異型

Despite this multidomain structure, the only function assigned to HPs, to date, is to bind Hb to form stable HP-Hb complexes, thereby preventing Hb-induced oxidative tissue damage (6).
このような複数のドメイン構造にもかかわらず、ハプトグロビンに割り当てられた唯一の機能は今のところ、ヘモグロビン(Hb)に結合して安定な複合体を形成し、それにより遊離ヘモグロビンが引き起こす組織の酸化的障害を阻止することだけである。

In contrast, no function has ever been described for their precursor forms.
それどころか、その前駆体には何の機能もないとされてきた。

Our data demonstrated that the same anti-Zot antibodies used to detect serum zonulin by ELISA (62, 138, 173) showed a unique immunoreactivity against HP in human serum.
血清のゾヌリンを検出するためにELISA法により使用した抗Zot抗体は、ヒト血清のハプトグロビンに対して独特な免疫活性を示した。

※ELISA Enzyme-linked immunosorbent assay,酵素結合免疫吸着剤検定

These antibodies showed strong reaction against HP α1- and α2-chains allowing easy typing of the sera into the three major HP phenotypes (159) (Fig. 1).
これらのZot抗体は、ハプトグロビンのα1鎖とα2鎖に強く反応し、血清を三つの主要な表現型へと容易に類型化してみせた(Fig.1参照)。

A consistently weak recognition of a ~45 kDa was also detected only in HP2-2 sera (Fig. 1) (159).
45キロダルトンへの一貫して弱い認識は、ハプトグロビン2-2型の血清のみで検出された(Fig.1参照)。

※recognition 認識(抗体が結合すること)
※recognition site 認識部位、epitope エピトープ、抗原決定基(epi-「表」tope,topo「場所」)

The anti-Zot antibodies showed restrictive recognition for this ~45-kDa band specific to the HP2-2 phenotype.
抗Zot抗体は、ハプトグロビン2-2型に特異的なこの45キロダルトン帯への限られた認識を示した。

Interestingly, despite the fact that the anti-Zot antibodies recognize both α1- and α2-chains, under nondenaturing conditions they immunoreacted only with HP2-2 phenotype (159), suggesting that the ELISA used to measure zonulin serum concentration (62, 138, 172) is most likely detecting the ~45-kDa protein band present only in HP2.
興味深いことに、抗Zot抗体がα1鎖とα2鎖のどちらも認識するという事実にも関わらず、(タンパク質を変性させない状態でも)ハプトグロビン2-2表現型でしか免疫反応がない。
ゾヌリンの血清濃度を計測するために使われるELISA法は、ハプトグロビン2にのみ存在する45キロダルトンのタンパク質を最も検出するようである。

※denature タンパク質を変性させる、変性する
※most likely 十中八九

MS/MS analysis identified the 45-kDa band as pre-HP2.
MS/MS質量分析法により、45キロダルトン帯はプレハプトグロビン2と確認された。

These data and the fact that human zonulin molecular mass (~47 kDa) (62, 172) and pre-HP2 molecular mass (45 kDa) are very similar support the hypothesis that they are the same molecule.
ヒトゾヌリンの分子量(~47キロダルトン)とプレハプトグロビン2の分子量(45キロダルトン)が非常に類似しているというデータと事実は、それらが同一の分子であるという仮説を支持する。

Additional studies using purified human HP1-1 and HP2-2 further defined that the anti-Zot antibodies specifically recognize the human pre-HP2 (159).
精製したヒトのハプトグロビン1-1型とハプトグロビン2-2型を使った追加研究により、抗Zot抗体はヒトのプレハプトグロビン2を特異的に認識することがさらに明らかになった。

The primary translation product of mammalian Hp mRNA is a polypeptide that dimerizes contranslationally and is proteolytically cleaved while still in the endoplasmic reticulum (179).
哺乳類のハプトグロビンmRNAの主要な翻訳産物は、共翻訳的に二分子化し、まだ小胞体(ER)内にいる間に限定分解されて生じるポリペプチドである。

※contranslationally preHP1とpreHP2が別々の座から同じように翻訳される様子を指すのだろう

Conversely, zonulin is detectable in an uncleaved form in human serum, adding another extremely intriguing aspect of the multifunctional characteristics of HPs.
逆に言えば、ヒト血清内に分解されない形態で(ER内で限定分解されるはずの)ゾヌリンが検出される、これはハプトグロビンがもつ多くの機能的特徴の、極めて好奇心をそそる性質である。

HPs are unusual secretory proteins in that they are proteolytically processed in the endoplasmic reticulum, the subcellular fraction in which we detected the highest zonulin concentration (50).
ハプトグロビンは常に分泌されているタンパク質である。
小胞体内でタンパク分解的に加工されていて、細胞レベル下の画分(=小胞体のような一部分)で高濃度のゾヌリンを検出することができる。

Wicher and Fries (179) found that the complement C1r-like protein mediates this cleavage in a specific manner, since the enzyme did not cleave the proform of complement C1s, a protein similar to Pre-HP2.
ウイッチャーとフライズは、補体C1r様タンパク質が、この特異的な小胞体内での分解を介在していることを確かめた。
なぜなら、このC1rに類似した酵素は(プレハプトグロビン2は分解するが)プレハプトグロビン2に類似している補体C1sの前駆体は分解しなかったからだ。

※補体古典経路 C1qによって活性化されたC1rはC1sを分解する

Therefore, it is conceivable to hypothesize that the activity of Cr-like protein modulates the zonulin pool.
ゆえに、CR様タンパク質の活性がゾヌリンの貯留を制御していることが、仮説として考えられる。

※Cr-like protein CR1のような補体レセプターのことか


Fig.1.
A: Western blotting using zonulin cross-reacting anti-Zot polyclonal antibodies on CD patient sera.
セリアック病患者の血清に抗Zotポリクローナル抗体でゾヌリンを交叉反応させ、ウエスタンブロット法で電気泳動させた。

Three main patterns were detected:
sera showing a 18-kDa immunoreactive band and a fainter ~45-kDa band (lane 1), sera showing only a 9-kDa band (lane 2), and sera showing both the 18- and 9-kDa bands (lane 3).
三つの主なパターンが検出された:
分子量18キロダルトンの抗体反応バンド(帯状の領域)と45キロダルトンの反応バンドを示す血清(レーン1)、9キロのみを示す血清(レーン2)、18キロと9キロの両方を示す血清(レーン3)


B: cartoon showing the structure of both pre-haptoglobin (HP) 1 and pre-HP2 and their mature proteins.
プレハプトグロビン1、2、およびそれらの成熟したタンパク質の構造を示した図。

HPs evolved from a complement-associated protein (mannose-binding lectin-associated serine protease, MASP), with their α-chain containing a complement control protein (CCP), while the β-chain is related to chymotrypsin-like serine proteases (SP domain) containing an epidermal growth factor-like motif.
ハプトグロビンは、補体関連タンパク(マンノース結合レクチン関連セリンプロテアーゼ,MASP)から進化した。
α鎖は、補体制御タンパク質(CPP)を含む。
β鎖は、表皮成長因子様モチーフを含むキモトリプシン様セリンプロテアーゼ(SPドメイン)に関連する。

The gene encoding the α2-chain of pre-HP2 originated in India almost 2 million years ago through a chromosomal aberration (unequal crossing over) of HP1.
プレHP2のα2鎖をコードする遺伝子はほぼ200万年前のインドに起源を持ち、HP1に染色体異常(不等交差)が起きたことによる。

※unequal crossing over 不等交差、不等乗換え。通常、細胞の減数分裂時に相同な染色体間で乗換えが成立するのに対して、交換される部分が等しくないような乗換えを指す。部分欠失、重複、転座が生じやすい

Pre-HPs are translated as single-chain precursor proteins.
プレハプトグロビンは、単一のポリペプチド鎖の前駆体タンパクとして翻訳される。

Pre-HPs may be proteolytically cleaved intracellularly into α- and β-chains that remain disulfide linked, referred to as cleaved, two-chain mature HPs.
プレハプトグロビンは細胞内でα鎖とβ鎖に限定分解されるが、ジスルフィド結合がつながったまま残り、二本の鎖が結合する成熟したハプトグロビンになる。

The two-chain mature HPs are abundant plasma glycoproteins and are composed of their α- and β-subunits covalently associated by three disulfide bonds in which the carbohydrate groups are exclusively linked to the β-chain.
二本鎖の成熟したハプトグロビンは、細胞質に豊富な糖タンパク質であり、三つのジスルフィド結合によりα、βサブユニットが共有結合している。
β鎖には排他的に糖が結合している。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-10-24 17:36 | 翻訳  

<< ゾヌリン系07 ゾヌリン系05 >>