ゾヌリン系08

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-6

III-C. Structural Characterization of Zonulin and Its Subunits
ゾヌリンとそのサブユニットの構造的特徴




Additional phylogenetic analyses suggest that HPs evolved from a complement-associated protein (MASP), with their α-chain containing a complement control protein (CCP) (this domain activates complement), while the β-chain is related to chymotrypsin-like serine proteases (SP domain) (89, 178).
その後の系統発生学の研究によれば、ハプトグロビンは補体関連タンパク質(MASP)から進化したことが示唆された。
α鎖は補体制御タンパク質(CCP)を含む(このドメインは補体を活性化する)。
一方、β鎖はキモトリプシン様セリンプロテアーゼ(SPドメイン)に関連する。

However, the SP domain of HP lacks the essential catalytic amino acid residues required for protease function; recent structure-function analyses have implicated this domain in receptor recognition and binding (123, 133).
しかし、ハプトグロビンのSPドメインは、プロテアーゼの機能に必要な触媒のアミノ酸残基を欠いている。
近年の構造-機能研究により、このドメインが(ゾヌリン)受容体の認識と結合に関係していることが明らかになった。

※implicate A in B (~を事柄などに)巻き込む、関係させる

Although not a serine protease, zonulin shares ~19% amino acid sequence homology with chymotrypsin, and their genes both map on chromosome 16.
ゾヌリンはセリンプロテアーゼではないにもかかわらず、アミノ酸配列の19%がキモトリプシンと共通しており、そしてどちらも遺伝子は16番染色体に位置している。

※chymotrypsin キモトリプシン、膵臓から分泌されるセリンプロテアーゼの一種。前駆体のキモトリプシノゲンは分子量約2万6000。遺伝子は16番染色体長腕q23-q24.1

Alignment of the β-chain sequence of zonulin to that of several serine proteases is remarkably consistent except for an insertion of 16 residues in the region corresponding to the methionyl loop of the serine proteases.
ゾヌリンのβ鎖の配列といくつかのセリンプロテアーゼのそれとは、著しく一致している。
ただし、他のセリンプロテアーゼのメチオニルループに対応する領域に16個のアミノ酸残基が挿入されている点が異なっている。

※methionyl loop 活性中心のことだと思われる。参考リンクhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6997877

Comparison of the zonulin α-β junction region with the heavy-light-chain junction of tissue-type plasminogen activator strengthens the evolutionary homology of zonulin and serine proteases.
ゾヌリンのα鎖~β鎖の連結部分と、組織型プラスミノゲンアクチベーターの重鎖~軽鎖の連結部分の比較は、ゾヌリンとセリンプロテアーゼが相同的に進化してきたという見方を強める。

※tissue-type plasminogen activator(t-PA) 分子量7万のセリンプロテアーゼ。プラスミノゲンを特異的に切断することでプラスミンへ変換し、フィブリン血栓溶解反応を開始する

The active-site residues typical of the serine proteases, histidine-57 and serine-195, are replaced in zonulin by lysine and alanine, respectively.
セリンプロテアーゼに典型的な活性部位のアミノ酸残基、ヒスチジン57とセリン195は、ゾヌリンではそれぞれリジンとアラニンに置き換えられている。

Because of these mutations, during evolution zonulin most likely lost its protease activity despite that zonulin and serine proteases evolved from a common ancestor (89).
これらの変異により、ゾヌリンとセリンプロテアーゼは共通の祖先から進化したにもかかわらず、ゾヌリンはプロテアーゼの活性を失ったようだ。

※most likely 十中八九

Therefore, zonulin and the serine proteases represent a striking example of homologous proteins with different biological functions.
ゆえに、ゾヌリンとセリンプロテアーゼは、異なる生物的機能をもちながら相同なタンパク質の顕著な例を表している。

Other members of the MASP family include a series of plasminogen-related growth factors [epidermal growth factor (EGF), hepatocyte growth factor (HGF), etc.] involved in cell growth, proliferation, differentiation and migration, and disruption of intercellular junctions.
他の補体関連タンパク質(MASP)ファミリーには、プラスミノゲン関連成長因子(上皮成長因子EGF、肝細胞成長因子HGF)があり、細胞の成長、増殖、分化、遊走、さらには細胞間の結合の破損にもかかわっている。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-10-31 02:19 | 翻訳  

<< ゾヌリン系09 ゾヌリン系07 >>