ゾヌリン系13

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-11

III-H. Zonulin Is Upregulated in the Intestinal Mucosa of Celiac Disease Patients
セリアック病患者の腸粘膜において、ゾヌリンは上方調節される




We have previously reported that zonulin is upregulated during the acute phase of CD (62, 50) and that zonulin is released from intestinal mucosa following exposure to either gluten or microorganisms (50, 53, 157, 172).
セリアック病の急性期の間はゾヌリンの発現が増加し、加えてグルテンもしくは微生物への曝露によってゾヌリンは粘膜から放出されることを、我々は以前に報告した。

※upregulate: 上方に調節する、発現が増加する

However, HPs have never been reported to be expressed in the intestine.
しかし、ハプトグロビンが腸で発現しているという報告はこれまでなかった。

Using specific HP primers, we have shown for the first time the expression of both HP2 and HPR mRNA in human intestine (159).
我々はハプトグロビンに特異的なプライマーを使い、ハプトグロビン2とハプトグロビン関連タンパク質のmRNAがヒトの腸で発現していることを初めて示した。

RT-PCR experiments showed that zonulin was significantly higher in CD patients compared with controls, while CD patients on a gluten-free diet showed intermediate mean values (159).
逆転写PCR解析では、対照群と比較してセリアック病患者でゾヌリンが顕著に高い値を示した一方、グルテンを除去しているセリアック病患者はその中間の値を示した。

※RT-PCR(Reverse Transcription-PCR): PCRではmRNAなどの増幅はできないため、いったん逆転写酵素(Reverse Transcriptase)によりDNAに変換し、産生したcDNA(complementary DNA)を使いPCRをかける

We have confirmed zonulin overexpression in both intestinal epithelial cells and lamina propria cells by in situ immunohistochemistry studies (Fig. 10).
生体内の免疫組織化学的研究により、腸粘膜の上皮細胞と粘膜固有層の細胞では、ゾヌリンが過剰に発現していることが確かめられた(Fig.10参照)。

※immunohistochemical studies: 免疫組織化学的研究、または免疫染色。抗体により組織中の抗原を発色させることで検出する。histoはギリシャ語で「組織」

※in situ: 生体内の本来の位置で。ラテン語で「いつもの場所に(in place)」の意

Interestingly, Papp et al. (127) have recently reported that HP polymorphism represents a novel genetic risk factor for CD development and its clinical manifestations.
興味深いことに、パップらは最近(2008年)セリアック病発生とその臨床的な症状発現の全く新しい遺伝的リスク因子として、ハプトグロビンの多型が代表的であることを報告した。

※manifestation: 明示、現われ、徴候

The authors found that the phenotype HP2-1 was associated with a significant risk of CD.
彼らによれば、ハプトグロビン2-1の表現型は、セリアック病リスクと著しく関連していた。

※phenotype: 表現型。遺伝子によって発現され観察可能な形質のこと。genotype(遺伝子型)に対する用語

Conversely, HP2-2 was less frequent in CD patients than in controls, but patients having this phenotype were at an increased risk for severe malabsorption (127).
それに対して、ハプトグロビン2-2のセリアック病患者は頻度は少ないが、この表現型の患者は重度の吸収障害に罹患するリスクが上昇したという。

※mal: 悪、不良、不全、異常。ラテン語のmalus「悪い」より

Therefore, it is tempting to hypothesize that one copy of the zonulin gene increases the risk of CD because of its permeating effect on the intestinal barrier, while two copies of this gene, causing a severe malabsorption secondary to a more profound intestinal barrier dysfunction, led to high mortality and, therefore, was negatively selected during evolution.
それゆえ、次のような仮説を立てることは魅力的である。
すなわち、ゾヌリン遺伝子が1コピーしかない場合(ヘテロ)は、腸バリアの透過性を上げる効果によりセリアック病のリスクを上昇させる。
一方、ゾヌリン遺伝子が2コピーある場合(ホモ)は、より深い腸バリアの障害により深刻な吸収障害を引き起こし、高い死亡率につながり、ゆえに進化の過程で否定的に選択された(淘汰された)のだ、と。

※dys: 悪、不良、不全、異常。ギリシャ語のdus「悪い」より

Interestingly, our proteomic analysis of sera from CD patients revealed a higher percentage of HP2 haplotype (either homozygote or heterozygote) compared with healthy controls (see Table 1) (159).
しかし面白いことに、我々が血清プロテオーム解析を実施したところ、健康な人たちと比較してセリアック病患者には、より高い割合のハプトグロビン2ハプロタイプ(同型接合体か異型接合体)が見られた(Table1参照)。

※haplo: 単一の、単純な、半数の。ギリシャ語のha「一」、plous「倍」。diploは「二倍」

※haplotype: haploid genotypeからの造語(-oid「like」)。一つ目の意味は、単一染色体上の対立遺伝子の組み合わせを指す。MHC遺伝子についてよく用いられ、例えば日本人にA24-B45-DR4など特定のHLAハプロタイプが多い。しかし二つ目の意味として、親から一本ずつ受け継がれる遺伝子のうち片方の遺伝子(の表現型)をいい、ここではこの意味であろう

These data suggest that only 7% of CD patients do not possess the zonulin gene.
これらのデータによれば、セリアック病患者のうちゾヌリン遺伝子を持っていないのは、わずか7パーセントである。


Fig. 10.
Photomicrographs of immunohistochemistry on small intestinal tissues from a healthy control and an active CD patient stained with zonulin cross-reacting anti-Zot antibodies.
健康な対照群と活動性のセリアック病患者から得られた小腸組織の免疫組織化学的研究の顕微鏡写真。ゾヌリン交差反応性の抗Zot抗体により染色

Zonulin is visualized both in enterocytes and in cells of the lamina propria (arrows) and is overexpressed in active CD patients compared with controls.
小腸上皮細胞と粘膜固有層の細胞、両方でゾヌリンが可視化されている(矢印)。セリアック病患者では対照群と比較して過剰に発現している。


Table 1.
HP phenotype distribution among celiac disease patients and the general population
セリアック病患者と一般人の間でのハプトグロビン表現型の分布


Fig. 11.
Diseases associated with zonulin and chromosome 16.
ゾヌリンと16番染色体に関連する疾患

Diseases that have been proven, suspected, or related to zonulin whose gene is located on chromosome 16, as a biomarker include autoimmune diseases, cancers, and diseases of the nervous system.
ゾヌリンが原因と証明されたか疑われている、または関連するであろう疾患。ゾヌリンは16番染色体に位置し、自己免疫疾患や癌、神経系疾患のバイオマーカーとして使える。

※biomarker: 病気のなりやすさや予後の指標となる細胞や分子

The same categories of diseases have been related to other genes located on chromosome 16.
同じ範疇の疾患が、16番遺伝子に位置する他の遺伝子に関連している。


Major diseases associated to Zonulin (Pre-HP2)
ゾヌリン(プレハプトグロビン2)に関連する主な疾患

AUTOIMMUNE DESEASES
自己免疫疾患

・Ankylosing spondylitis
強直性脊椎炎

・Celiac disease
セリアック病

・Inflammatory bowel disease (Cronh's disease)
炎症性腸疾患(クローン氏病)

・Rheumatoid arthritis
リウマチ性関節炎

・Systemic lupus erythematosus
全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡)

・Type 1 diabetes
1型糖尿病


CANCERS


・Brain cancers (gliomas)
脳癌(グリオーマ、神経膠腫)

・Breast cancer
乳癌

・Lung adenocarcinoma
肺腺癌(非小細胞肺癌の一種)

・Ovarian cancer
卵巣癌

・Pancreatic cancer
膵臓癌


DISEASES OF THE NERVOUS SYSTEM
神経系疾患

・Chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy
慢性炎症性脱髄性多発神経炎

・Multiple sclerosis (Autoimmune disease?)
多発性硬化症(自己免疫疾患?)

・Schizophrenia (Autoimmune disease?)
統合失調症(自己免疫疾患?)




Major diseases associated to Chromosome 16
16番染色体に関連する主な疾患

AUTOIMMUNE DESEASES
自己免疫疾患

・Adult polycystic kidney disease
成人型多発性嚢胞腎

・Inflammatory bowel disease (NOD2 locus)
炎症性腸疾患(NOD2遺伝子)

・Systemic lupus erythematosus
全身性エリテマトーデス

・Type 1 diabetes
1型糖尿病

・Rheumatoid arthritis
リウマチ性関節炎


CANCERS


・Acute nonlymphocytic leukemia
急性非リンパ性白血病

・Breast cancer
乳癌

・Fanconi's anemia
ファンコニー貧血(先天性再生不良性貧血)

・Lymphoma diffuse large B-cell
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

・Myeloid leukemia, acute
急性骨髄性白血病

・Prostate cancers
前立腺癌


DISEASES OF THE NERVOUS SYSTEM
神経系疾患

・Batten's disease (juvenile onset neurodegenerative disorder)
バッテン病(シュピール・マイアーフォークト病、若年発症神経変性疾患)

・Lou Gehrig's disease
ルー・ゲーリッグ病(筋萎縮性側索硬化症)

・Leukodystrophy
ロイコジストロフィー(白質異栄養症)

・Multiple sclerosis
多発性硬化症

・Autism
自閉症
[PR]

by travelair4000ext | 2012-11-07 10:42 | 翻訳  

<< ゾヌリン系14 ゾヌリン系12 >>