ゾヌリン系14

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-12

IV. INTESTINAL PERMEABILITY AND DISEASE
腸管透過性と疾病




A fast-growing number of diseases are recognized to involve alterations in intestinal permeability related to changes in TJ competency.
タイトジャンクションのバリア能力に応じた腸管透過性の変化が関わると認められる疾患は、急速にその数を増している。

These comprise autoimmune diseases, including T1D (107, 117, 149, 163), CD (45, 46, 51, 126), multiple sclerosis (124, 176, 184), and rheumatoid arthritis (52), in which intestinal TJs allow the passage of antigens from the intestinal milieau, challenging the immune system to produce an immune response that can target any organ or tissue in genetically predisposed individuals (1, 13, 57, 58, 70, 151).
その疾患にはたとえば、1型糖尿病、セリアック病、多発性硬化症、リウマチ性関節症のような自己免疫疾患がある。
それらの疾患では、腸のタイトジャンクションが環境から抗原を通過させており、免疫システムを攻撃して免疫応答するように強いる。
そのような免疫応答は、遺伝的に病気にかかりやすい人たちのどんな器官や組織であれ、標的にするのである。

※milieau: milieuの発音に引きずられた書き間違いだろうか。milieuで「環境」

※predispose: ~にあらかじめ傾向[素因]を与える、病気にかかりやすくする

TJs are also involved in cancer development, infections, and allergies (32, 55, 57, 147).
タイトジャンクションはまた、癌や感染症、アレルギーの発生にも関連する。

It is generally accepted that it is the interplay between environmental factors and specific susceptibility genes that underlies the aberrant immune response responsible for the onset of these diseases.
これらの疾患の発症原因は異常な免疫応答であり、その根底にあるのは、環境的因子と特異的な感受性遺伝子の間の相互作用である。
このことは一般的に受け入れられている。

※underlie: ~の根源にある
 it is A that underlie B: Bの根源にあるのはAである

Less than 10% of those with increased genetic susceptibility progress to clinical disease, suggesting a strong environmental trigger in the predisease state (75, 152).
(エピジェネティクスなどにより)遺伝的感受性が増加しても10パーセント未満しか臨床的疾患に進行しないが、それは疾患になる前の状態では環境的要因が強い引き金になることを示唆している。

Environmental factors are also likely affecting the outcome of the process and the rate of progression to disease in those who develop pathological outcomes.
環境的因子はまた、経過の転帰と疾患へ進行する率に影響すると思われ、疾患はやがて病理的な結果に至るのである。

※outcome: 転帰。病気の経過の帰着するところ

※those who: ~な人々

One theory is that antigens absorbed through the gut may be involved.
一説には、腸から吸収された抗原が関係しているのかもしれないという。

The intestinal epithelium is the largest mucosal surface and provides an interface between the external environment and the mammalian host.
腸の上皮細胞は最大の粘膜表面であり、外部の環境と哺乳類である宿主との間に接点を作り出す。

Healthy, mature gut mucosa with its intact TJ serves as the main barrier to the passage of macromolecules.
完全なタイトジャンクションを伴った健康で成熟した粘膜は、巨大分子が通過する際の主要なバリアとしても役立つ。

※serve as ~: 物・事が~に役立つ

In a healthy state, quantitatively small, but immunologically active antigens may cross the mucosal barrier.
健康な状態では、量的には少ないが免疫学的には活発な抗原が、粘膜のバリアを通過しているかもしれない。

These antigens are absorbed across the mucosa via two functional pathways.
これらの抗原は二つの経路から粘膜越しに吸収される。

The vast majority of absorbed proteins (up to 90%) cross the intestinal barrier through the transcellular pathway (22, 113, 119, 142, 155), followed by lysosomal degradation that converts proteins into smaller, nonimmunogenic peptides.
吸収されるタンパク質の大多数(~90%)は、細胞の中を通ることで腸のバリアを抜けるが、それらはリソソームによる分解を受け、分子量が小さく免疫原性のないペプチドへと変換される。

※immunogenic: 免疫原性がある、免疫応答を引き起こす能力のある

The remaining portion of peptides is transported as intact proteins, resulting in antigen-specific immune responses.
残りは、完全なタンパク質として輸送され、抗原特異的な免疫応答に至る。

This latter phenomenon utilizes the paracellular pathway that involves a subtle but sophisticated regulation of intercellular TJ that leads to antigenic tolerance (57, 58).
この後者の現象は傍細胞経路を利用しており、その経路には細胞間タイトジャンクションの微細だが複雑な制御が関与している。
その結果として抗原の寛容につながるのである。

When the integrity of the TJ system is compromised, as is seen during prematurity or exposure to radiation, chemotherapy, and/or toxins, an immune response to environmental antigens may develop (32, 55, 58, 147).
未熟児や、放射線や化学療法あるいは毒素への曝露の間に見られるように、タイトジャンクションシステムの完全性が損なわれる時、環境に存在する抗原への免疫応答が起きる。

The specific cells that are key for this immune response [i.e., antigen presenting cells (APC), T and T killer lymphocytes, B lymphocytes, and plasma cells] lie in close proximity to the intestinal epithelial barrier (23, 24).
この免疫応答の鍵である特異的な細胞(つまり抗原提示細胞、T、キラーT、B、形質細胞)は、腸上皮バリアのすぐ近くに存在している。

Another critical factor for intestinal immunological responsiveness is the major histocompatibility complex (MHC).
腸の免疫学的な応答性に関する他の重要な要因は、主要組織適合性遺伝子複合体(MHC)である。

Human leukocyte antigen (HLA) class I and II genes encode APC glycoprotein receptors, which bind peptides, and this HLA-peptide complex is recognized by certain T-cell receptors in the intestinal mucosa (20, 21, 39).
ヒト白血球抗原(HLA)クラスI、クラスII遺伝子は、抗原提示細胞(APC)の糖タンパク受容体をコードしている。
ペプチドを結合したHLA-ペプチド複合体は、腸粘膜に存在する(抗原特異的な)とあるT細胞の受容体によって認識される。

Susceptibility to at least 50 diseases has been associated with specific HLA class I or class II alleles.
50を越える疾患への感受性は、特異的なHLAクラスIかクラスIIの多型に関連していた。

A common denominator of these diseases is the presence of several preexisting conditions that lead to a pathological process.
これらの疾患の共通点として、病理的な過程につながるためのいくつかの条件が前もって存在している。

The first is a genetic susceptibility for the host immune system to recognize, and potentially misinterpret, an environmental antigen presented within the gastrointestinal tract.
まず初めに、消化管内で免疫系に提示される環境抗原を潜在的に間違って解釈するような、宿主の遺伝的感受性である。

※susceptibility: 感受性。外敵や環境から悪い影響を受ける確率、または影響の受けやすさ

Second, the host must be exposed to the antigen.
次に、宿主が抗原に曝されなければならない。

Finally, the antigen must be presented to the gastrointestinal mucosal immune system following its paracellular passage (normally prevented by TJ competency) from the intestinal lumen to access the gut submucosa (18, 19, 57, 58, 175).
最後に、(通常はタイトジャンクションの能力によって抑制される)傍細胞経路を通過し、消化管粘膜の免疫系へ抗原が提示されなければならない。
傍細胞経路は、腸管腔から粘膜下組織へ到達するための通路である。

※消化管粘膜の構造: 腸管腔--粘膜上皮(タイトジャンクション)--基底膜--粘膜固有層(リンパ小節)--粘膜筋板--粘膜下組織--筋層--漿膜下組織--漿膜

In most cases, increased permeability precedes disease and causes an abnormality in antigen delivery that triggers the multiorgan process leading to systemic diseases (58).
多くの場合、疾患に先行して透過性が増大し、抗原の輸送に異常が起きる。
それは、多臓器で同時に進行する全身疾患の引き金を引く。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-11-07 21:14 | 翻訳  

<< ゾヌリン系15 ゾヌリン系13 >>