ゾヌリン系18

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-18

V-B. Other Possible Roles for Zonulin
ゾヌリンが果たす他の役割の可能性

V-B-1. Asthma
喘息




Asthma is a complex clinical syndrome characterized by airflow obstruction, airway hyperresponsive, and inflammation.
喘息は、気流閉塞、気道過敏性、炎症が特徴の臨床的に複雑な症候群である。

※clinical: 臨床的。疾患の症状や経過について言う

※syndrome: 症候群。複数の症状の組み合わせによって診断される疾患

The mechanisms by which airway inflammation and alterations in airway function are maintained remain incompletely understood.
気道の炎症と機能の変異が持続する仕組みは、いまだ完全には理解されないままである。

Because wheezing can also be triggered by food challenges in some asthmatic children, increased intestinal permeability of asthmatics (14, 76) may play a role in susceptibility to environmental allergens (87).
食物の摂取によって喘鳴が起きる喘息児童もいるので、亢進した腸管透過性が環境的抗原への感受性において役割を演じているのかもしれない。

Intestinal permeability can be altered as a result of exposure to antigens (82, 87).
抗原へ曝露したことの結果として、腸管透過性が変化することもある。

82では皮膚または消化器症状をもつ牛乳アレルギーの幼児への牛乳投与により腸管透過性の上昇を確認、87ではカバノキアレルギーの患者へのカバノキ投与により腸管へのタンパク質やイオンの流出または輸送の上昇が見られた

Therefore, correction of the gut barrier defect may be an additional novel approach for asthma treatment.
ゆえに、損傷した腸のバリアを矯正することが、喘息治療のための新たな治療法として加わるかもしれない。

We have generated preliminary data suggesting that serum zonulin levels are high in a subset of subjects affected by asthma and that ~40% of asthmatic patients have an increased intestinal permeability (C. Blaisdell and A. Fasano, personal communication).
我々の予備的な研究データによれば、喘息に冒された患者の中には血清ゾヌリンレベルの高い集団がおり、喘息患者の40%までにおいて腸管透過性が亢進している(未発表論文)。

※preliminary: 予備の。subliminal「閾下の、意識下の」、liminal「閾の、敷居の」

※subset: サブセット、部分集合、団体の一部を成す小さな集団。例えばTh17はヘルパーT細胞のサブセットであり、ヘルパーT細胞はT細胞のサブセットである

This preliminary observation suggests that, beside inhalation, an alternative route for the presentation of specific antigens or irritants may occur through the gastrointestinal mucosal immune system following their paracellular passage (normally prevented by the intercellular TJ) (17, 18, 87).
この予備的な観察によれば、気道による吸入とは関係なく、特異的な抗原または刺激物を免疫系に提示するための、代わりの経路があるかもしれないことを示唆する。
つまり、(通常は細胞間タイトジャンクションによって抑制される)消化管の粘膜にある傍細胞経路を通してである。

※irritate: いらいらさせる、刺激する、炎症を起こさせる

※following their paracellular passage: 「傍細胞経路が伴っている」、つまり「傍細胞経路が付随している(消化管粘膜)」ぐらいの意味だろうか
[PR]

by travelair4000ext | 2012-11-15 09:05 | 翻訳  

<< ゾヌリン系19 ゾヌリン系17 >>