ゾヌリン系21

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-22

V-B-4. Inflammation
炎症

A) ANIMAL MODELS OF GUT INFLAMMATION.
腸炎症の動物モデル




In some models of inflammatory bowel diseases (IBD), increased permeability appears to be a very early event.
いくつかの炎症性腸疾患の動物モデルにおいては、透過性の増大が極めて初期に起きる。

※event: イベント。臨床試験などでよく使われる用語。病気や死亡などの出来事を指す

The senescence accelerated prone mouse (SAMP) (125) and the mouse downregulated in adenoma (mdra) deficient mouse (135) show increased small intestinal permeability well before disease expression.
老化促進モデルマウス(SAMP)とマウスアデノーマ下方調節遺伝子(mdra)欠損マウスは、疾患が発現するかなり前に腸管透過性の上昇を示す。

※down-regulated in adenoma(DRA): 別名SLC26A3。管腔から塩素イオン(Cl-)を再吸収し重炭酸イオン(HCO3-)を排出する交換輸送体。SLC26A3の発現が低下すると潰瘍性大腸炎になりやすく、またSLC26A3の遺伝的な変異は先天性クロール下痢症を引き起こす

※adenoma: アデノーマ、または腺腫。腺上皮や分泌上皮の良性腫瘍性の増殖

The IL-10 gene-deficient mouse spontaneously develops colitis after 12 wk of age (102).
IL-10遺伝子を欠損するマウスは、12週齢以降に大腸炎を自然発症する。

Similar to the SAMP and mdra mice, IL-10-/- mice have been shown to have increased small intestinal permeability that appears early in life (102).
SAMPマウスおよびmdra欠損マウスと同じように、IL-10ノックアウトマウスは幼少時から小腸の透過性が上昇することが示されている。

Furthermore, the development of colitis is dependent on luminal microorganisms, as animals do not develop disease if raised under germ-free conditions.
さらに、大腸炎の発症は管腔の微生物の存在に依存しており、微生物のいない状態で育てられたマウスは疾患を発症しない。

Arrietta et al. (5) recently demonstrated that a zonulin-dependent break in small intestinal barrier function is necessary for colitis to occur in the IL-10-/- mouse.
アリエッタらが最近(2009年)明らかにしたところによると、IL-10ノックアウトマウスにおいて大腸炎が起きるためには、ゾヌリン依存的な小腸バリア機能の破壊が必須である。

Animals showed an increase in small intestinal permeability as early as 4 wk of age that was corrected by treatment with the zonulin inhibitor AT1001 (5).
動物モデルはわずか4週齢で小腸透過性の上昇を示したが、ゾヌリン阻害剤AT1001を使った治療によって中和された。

※as early as: 早くも

At 8 wk of age, treated animals showed a significant reduction of colonic mucosal permeability, and by 17 wk of age, secretion of neoplastic TNF-α from a colonic explant was significantly lower in AT1001-treated animals compared with untreated controls (5).
治療した動物モデルは、8週齢で大腸粘膜の透過性の著しい低下を示した。
無治療の対照群と比較してAT1001での治療群では、17週齢までには大腸の外植片から新しく産生されたTNF-αの分泌が著しく低下していた。

※explant: 体外培養、外植片。生体から人工培養液に移植された生きた組織

All other markers also demonstrated a clear reduction of colitis in the AT1001-treated animals.
AT1001治療群では、他の全てのマーカーが明らかな大腸炎の減少を証明した。

Combined, these data demonstrate that a zonulin-dependent break in small intestinal barrier function is necessary for colitis to occur in the IL-10-/- mouse.
これらのデータを総合すると、小腸バリア機能がゾヌリン依存的に破壊されることがIL-10ノックアウトマウスでの大腸炎発症に必須であることは明らかである。

This study extends previous reports in an important manner by demonstrating that reversal of the zonulin-dependent barrier defect in the small intestine can attenuate the inflammation in the colon, implying that the increased permeability is not simply an epiphenomenon but rather is an important etiological event that can cause inflammation in a district distant from where the breach in intestinal barrier occurs.
小腸におけるバリア破損はゾヌリン依存的であり、それを阻止することで大腸炎は抑制できることが証明された。
ここで大事なのは、この研究が以前からの報告を拡張するということである。つまり、透過性の増大は(以前から報告されてきたような)単に付帯的な徴候ではなく、むしろ病気の原因に関係する重要な出来事であり、腸のバリアの破損から離れた場所に炎症を引き起こし得ることを(この研究は)意味しているのである。

※in an important manner: importantly「重要そうに、もったいぶって。重要なことに。重要な方法で、重要な程度に」

※reversal: 反転、逆転、逆戻り。reversible「可逆的」

※epiphenomenon: 付帯徴候、偶発症状。疾病経過中に現れる徴候だが、必ずしも疾患と関連があるとは限らない

※etiological: 病因学の。病気の原因を追求する
[PR]

by travelair4000ext | 2012-11-19 16:52 | 翻訳  

<< ゾヌリン系22 ゾヌリン系20 >>