ゾヌリン系22

http://physrev.physiology.org/content/91/1/151.long#sec-24

V-B-4.
炎症

B) INFLAMMATORY BOWEL DISEASES.
炎症性腸疾患




The pathogenesis of IBD remains unknown, although in recent years there is convincing evidence to implicate genetic, immunological, and environmental factors in initiating the autoimmune process.
炎症性腸疾患(IBD)の病因は未知のままだが、近年、自己免疫的な過程の開始には遺伝的、免疫学的、環境的な要因が関与するという、説得力のある証拠が出てきている。

※evidence: 証拠、徴候。evidence against「~でない証拠」、evidence for[of,to do,that]「~の証拠」

Several lines of evidence, however, suggest that an increased intestinal permeability plays a central role in the pathogenesis of IBD (57, 58, 161, 174, 181).
しかしいくつかの証拠は、腸管透過性の増大こそが中心的な役割を演じているということを示唆している。

Like CD, IBD may be related to an innate immune deficiency, leading to the inappropriate access of non-self antigens to the gut-associated lymphoid tissue (GALT).
セリアック病と同じように、IBDには自然免疫の欠陥が関係しているかもしれない。
それにより、非自己である抗原が腸関連リンパ組織(GALT)へと不適切に接触することにつながるのである。

※gut-associated lymphoid tissue (GALT): 腸管関連リンパ組織。上皮下の粘膜固有層に存在する様々なリンパ球の集合体

In clinically asymptomatic Crohn's disease patients, increased intestinal epithelial permeability precedes clinical relapse by as much as 1 yr, suggesting that a permeability defect is an early event in disease exacerbation (160, 174).
臨床的に無症候性のクローン氏病患者において、再発に先立って1年も前に腸管上皮の透過性の増大が起きるが、このことは透過性の破綻が疾患の悪化の早期に起きていることを示唆する。

※as much as: ~ほども

※by: (期間)~のうちに、~の間。(時間の限界)~までには

※exacerbate: <病気を>悪化させる。acerb「酸っぱい、苦い、渋い」(ラテン語のacerbusから)

The hypothesis that abnormal intestinal barrier function is a genetic trait involved in the pathogenesis of IBD is further supported by the observation that clinically asymptomatic first-degree relatives of Crohn's disease patients may have increased intestinal permeability (174, 181).
腸バリア機能の異常がIBDの病因に関連する遺伝的な形質であるという仮説は、クローン氏病患者の第一度近親者において臨床的に無症候性であっても腸管透過性が増大していることがあるという観察によって、さらに支持される。

※trait: 特性、特質、素質、形質。それぞれの生物個体がもつ表現型の特性

※first-degree relatives: 第一度近親者。遺伝子を1/2ずつ共有している存在。両親、兄弟姉妹、子供。日本の法律用語である「一親等親族」とは異なる

We have recently generated evidence suggesting that zonulin upregulation is detectable in the acute phase of IBD and that its serum levels decrease (but still are higher than normal) once the inflammatory process subsides following specific treatment (J. Bai and A. Fasano, personal communication).
我々が最近得た証拠によると、IBDの急性期においてはゾヌリンの発現は上昇するが、適切な治療によりいったん炎症の過程が治まればその血清レベルは減少する(ただし通常よりは高いままである)ことが示唆された(J.ベイとA.ファサーノ、未発表データ)。

※specific: 的確な、特有の、<薬が>特効性の、<抗体が>特異性の

While a primary defect of the intestinal barrier function (possibly secondary to activation of the zonulin pathway) may be involved in the early steps of the pathogenesis of IBD, the production of cytokines, including IFN-γ and TNF-α, secondary to the inflammatory process serve to perpetuate the increased intestinal permeability by reorganizing TJ proteins ZO-1, junctional adhesion molecule 1, occludin, claudin-1, and claudin-4 (3, 170, 171).
初期に起きる腸バリア機能の欠損(おそらくゾヌリン経路の活性化の二次的なものである)は、IBDの病因の早期段階に関与しているのかもしれない。
一方、その後の炎症の過程に続くIFN-γとTNF-αなどのサイトカインの産生は、タイトジャンクション関連タンパク質であるZO-1、接合部接着分子(JAM)-1、オクルディン、クローディン-1、クローディン-4を再編成する。
そうして腸管透過性の増大は永久に続くのである。

In this manner, a vicious cycle is created in which barrier dysfunction allows further leakage of luminal contents, thereby triggering an immune response that in turn promotes further leakiness.
このようにして、バリアの機能不全により管腔の内容物がさらに漏れるという悪循環ができる。
それにより免疫応答の引き金は引かれ、次々に腸からの漏れは促進されていく。

※vicious circle: 悪循環
[PR]

by travelair4000ext | 2012-11-21 06:33 | 翻訳  

<< ゾヌリン系23 ゾヌリン系21 >>