グルテン関連疾患02

http://www.biomedcentral.com/1741-7015/10/13

Abstract
要旨




A decade ago celiac disease was considered extremely rare outside Europe and, therefore, was almost completely ignored by health care professionals.
10年前、セリアック病はヨーロッパ以外では極めて珍しい病気と考えられていた。
ゆえに、医療従事者にはほとんど完全に無視された。

In only 10 years, key milestones have moved celiac disease from obscurity into the popular spotlight worldwide.
それからわずか10年、鍵となる道標によりセリアック病は日陰の存在から世界中の注目の的になった。

Now we are observing another interesting phenomenon that is generating great confusion among health care professionals.
そして現在我々は興味深い現象に直面しており、それが医療従事者の間で大きな混乱を引き起こしている。

The number of individuals embracing a gluten-free diet (GFD) appears much higher than the projected number of celiac disease patients, fueling a global market of gluten-free products approaching $2.5 billion (US) in global sales in 2010.
グルテン除去食(GFD)を取り入れる人の数は、予想されるセリアック病患者の数よりかなり多いようだ。
グルテン除去製品の世界市場は活性化しており、2010年の全売り上げはアメリカだけで25億ドルに達する勢いである。

This trend is supported by the notion that, along with celiac disease, other conditions related to the ingestion of gluten have emerged as health care concerns.
この傾向はセリアック病だけによらず、グルテンの摂取が引き起こす異常が健康上の関心事として持ち上がってきたことに支えられている。

This review will summarize our current knowledge about the three main forms of gluten reactions: allergic (wheat allergy), autoimmune (celiac disease, dermatitis herpetiformis and gluten ataxia) and possibly immune-mediated (gluten sensitivity), and also outline pathogenic, clinical and epidemiological differences and propose new nomenclature and classifications.
このレビューでは、グルテンに対する応答の三つの主な形について、我々の現在の知識を要約するつもりである。
三つの形とはつまり、アレルギー性の応答(小麦アレルギー)、自己免疫的な応答(セリアック病、疱疹状皮膚炎、グルテン運動失調)、そしておそらく免疫が介在する応答(グルテン感受性)である。
次に病因的、臨床的、疫学的な違いについての概要も述べ、最後に新しい用語と分類を提案する。

※review: 評価、検討、概観

※herpetiform: 疱疹状の、ヘルペス状の。-(i)form「~状の、~形の」。-isで後置のラテン語形容詞

※gluten ataxia: グルテン運動失調。グルテンへの反応により小脳、脊髄後索、末梢神経が免疫学的機序で破壊される
[PR]

by travelair4000ext | 2012-12-03 21:45 | 翻訳  

<< グルテン関連疾患03 グルテン関連疾患01 >>