グルテン関連疾患06

http://www.biomedcentral.com/1741-7015/10/13#sec2

Autoimmune reactions (onset: weeks to years after gluten exposure)
自己免疫応答 (発症: グルテン曝露から数週~数年後)

Celiac disease
セリアック病




CD is an immune-mediated enteropathy triggered by the ingestion of gluten in susceptible individuals.
セリアック病は免疫が関わる腸の疾患であり、感受性のある個人がグルテンを摂取することが引き金になる。

The onset of symptoms is usually gradual and characterized by a time lag of months or years after gluten introduction.
症状の始まりはたいていゆるやかであり、グルテンを摂取してから数ヶ月ないし数年遅れて起きることが特徴である。

Nevertheless, in patients on long-term treatment with a GFD, the ingestion of gluten may occasionally cause immediate symptoms, such as vomiting and abdominal pain.
ゆるやかであるといっても、グルテン除去食による長期間の治療を続けている患者ではグルテンを摂取して即座に、吐き気や腹痛のような症状が時々起きることがある。


Epidemiology
疫学

CD is one of the most common disorders in countries predominantly populated by people of European origin (for example, Europe, North and South America and Australia) affecting approximately 1% of the general population.
セリアック病は主にヨーロッパ出身の人々が住民の主流である国々(例えばヨーロッパ、南北アメリカ、オーストラリア)で最も広く見られる病気であり、一般の人々の約1%が罹患する。

※general population: ordinary people

Interestingly, recent studies indicate a trend toward a rising prevalence of CD during the last several decades for reasons that are currently unclear [15,16].
興味深いことに、最近の研究によればここ数十年セリアック病の発症率は上昇傾向を示している。
その理由は現在のところ明らかではない。

Epidemiological studies have provided evidence that this disorder is also common in other parts of the world, including North Africa, the Middle East and part of the Asian continent.
この病気は北アフリカや中東、そしてアジア大陸の一部など、世界の他の地域でも広く見られることが疫学的研究により証明されてきている。

CD frequency is likely to increase in many developing countries, due to the progressing 'Westernization' of the diet.
セリアック病の頻度は多くの発展途上国で増加しており、それは食生活の「西洋化」が原因のようである。

For instance, in many Asian countries, a sharp decrease of consumption of rice per capita and a parallel increased consumption of wheat-based products is taking place.
例えば、多くのアジア諸国では一人当たりの米の消費量は急激に減少し、平行して小麦を原料とした食品の消費が増加する事態が起きている。

※per capita: 一人当たり。caputの複数形。ラテン語で「頭」

Rising income and urbanization are driving forces in the increase in wheat consumption.
収入の増加と都市化の進展が、小麦の消費が増える原動力である。

Whereas wheat is considered an ordinary food in Western societies, in traditional rice-eating Asian countries, wheat is becoming a preferred staple [15].
西洋文化において小麦は普通の食品であると考えられている一方、伝統的に米食文化であったアジア諸国でも小麦が主食として選ばれるようになってきている。

Because of these alimentary trends, an increasing incidence of CD in Asian countries can be anticipated in the near future.
このような食事の傾向のため、近い将来アジアでセリアック病の増加が予想される。


Pathogenesis
病因

Genetic predisposition plays a key role in CD, and considerable progress has been made recently in identifying genes that are involved [17-19].
遺伝的な素質がセリアック病では重要な役割を果たしており、発病に関与する遺伝子の発見が最近かなり進んでいる。

It is well known that CD is strongly associated with specific human leukocyte antigen (HLA) class II genes, known as HLA-DQ2 and HLA-DQ8, located on chromosome 6p21.
セリアック病が特定のヒト白血球抗原(HLA)クラスII遺伝子と強く関連していることはよく知られている。
その遺伝子は6番染色体短腕21領域(6p21)に位置するHLA-DQ2とHLA-DQ8として知られる。

Most CD patients (approximately 95%) express genes encoding the major histocompatibility complex (MHC) class II protein HLA-DQ2.
ほとんどのセリアック病患者(約95%)は、主要組織適合遺伝子複合体(MHC)クラスIIタンパク質であるHLA-DQ2をコード(暗号化)した遺伝子を発現している。

The remaining patients are usually HLA-DQ8-positive.
残り5%の患者は普通HLA-DQ8が陽性である。

The HLA-DQ2 haplotype is common and is carried by approximately 30% of Caucasian individuals, implying that the presence of HLA-DQ2 and/or HLA-DQ8 is necessary for disease development but not sufficient on its own as its estimated risk effect is only 36% to 53%.
HLA-DQ2ハプロタイプは一般的で、約30%の白人が所有している。
これが意味するのは、HLA-DQ2とHLA-DQ8の両方もしくはどちらかがセリアック病の発症に必要ではあるが、それ自体では不十分であるということだ。
推定されるリスクの影響は36%~53%でしかないからである。

※haplotype: haploid (haplo=simple, oid=eidos) genotypeからの造語。同一染色体上で位置が近いため連鎖する対立遺伝子の組み合わせ。各個人には父方由来のハプロイド、母方由来のハプロイドが存在する

On the other hand, non-HLA genes collectively contribute more than HLA to the CD genetic background.
他方、HLA以外の遺伝子が総合的にHLA以上にセリアック病の遺伝的背景に寄与している。

However, this predisposition depends on a multitude of genes, each of them adding only a modest contribution to disease development [20].
しかし、この素因は多数の遺伝子に依存しており、それぞれの遺伝子は疾患の発症にとって限られた一助となるだけである。

Gliadin-specific T-cell responses have been found to be enhanced by the action of intestinal tTG.
グリアジン特異的なT細胞の応答は、腸管の組織トランスグルタミナーゼ(tTG)の作用により促進されることが発見されている。

Although there are at least 50 T-cell-stimulatory epitopes in gluten proteins, a unique 33-mer gliadin fragment (Figure 2, yellow motif) is the most immunogenic peptide [21].
グルテンタンパク質には少なくとも50のT細胞を刺激するエピトープがあるにもかかわらず、33分子グリアジン断片(Figure2の黄色モチーフ)が他と比べようもなく最も抗原性のあるペプチドである。

Moreover, it is resistant to enzymatic degradation by gastric, pancreatic and brush border peptidases.
さらに、そのペプチドは胃や膵臓などの消化酵素、刷子縁膜アミノペプチダーゼでは分解されにくい。

Altered processing by intraluminal enzymes, changes in intestinal permeability and activation of innate immunity seem to precede the activation of the adaptive immune response.
まず腸管腔の酵素による消化能力に変化が起き、(生じた33分子によって)腸の透過性が上がり、そして自然免疫の活性化が起きる。
そうして適応免疫の応答が活性化するのである。


http://www.biomedcentral.com/1741-7015/10/13/figure/F2
Figure 2.
Mapping of α-gliadin motifs.
α-グリアジン内のモチーフの位置付け


Those exerting cytotoxic activity are shown in red, immunomodulatory activity in yellow, zonulin release and gut permeating activity in blue, and CXCR3-dependent IL-8 release in celiac disease patients in dark green.

細胞毒性の作用を発揮するモチーフは赤で示す。
免疫調節作用は黄色で、ゾヌリン放出と腸透過作用は青で、セリアック病患者でCXCR3依存的にIL-8を放出させるモチーフは濃い緑で示す。

Partially modified from [60].
60の引用先から部分的に変更してある。




Clinical presentations and diagnosis
臨床像と診断

The clinical spectrum of CD is wide (Figure 1) and includes symptomatic cases with either classical intestinal (for example, chronic diarrhea, weight loss) or non-classical extraintestinal (for example, anemia, osteoporosis, neurological disturbances) features and silent forms that are occasionally discovered because of serological screening.
セリアック病の臨床の幅は広く(Figure1)、症状を示す患者は以下のどちらかの特徴を示す。
古典的な腸に関連して表れる特徴(例えば慢性的な下痢、体重減少)、または非古典的で腸以外に表れる特徴(例えば貧血、骨粗鬆症、神経障害)である。
無症候性の形態もあり、血清学的スクリーニングにより時々発見される。

※screening: スクリーニング。一次検診。迅速に実施できる検査を用いて病気の可能性がありそうな人を選び分けること

Additionally, potential forms of the disease, in which the auto-antibodies are detected while the autoimmune insult of the intestinal mucosa is not present, have been described (Figure 1).
加えて、潜在的な形態もある。
その場合、自己抗体は発見されるが、腸の粘膜が自己免疫的に傷害されることはない、という特徴がある(Figure1)。

CD prevalence is increased in at-risk conditions, such as a family history of CD, autoimmune diseases, IgA deficiency, some genetic syndromes (Down, Turner and Williams syndromes) and especially type 1 diabetes and thyroiditis.
セリアック病の罹患率は、次のような「リスクの高い」疾患において上昇する。
例えば、セリアック病の家族歴、自己免疫疾患、IgA欠損症、何らかの遺伝的疾患(ダウン症候群、ターナー症候群、ウイリアムズ症候群)、そして特に1型糖尿病と甲状腺炎の患者で危険度が上昇する。

※Down syndrome: 21番染色体に異常がある症候群
※Turner syndrome: 性染色体に異常がある症候群
※Williams syndrome: 7番染色体に異常がある症候群

Due to atypical features, many CD cases currently escape diagnosis and are exposed to the risk of long-term complications, for example, infertility and lymphoma, even if it is now appreciated that the prevalence of these complications is lower than previously reported.
特徴が非定型的であるせいで現在多くのセリアック病患者は診断を免れており、長期間にわたる合併症のリスクに曝されている。
それは例えば、不妊症やリンパ腫である。
たとえ今ではこれら合併症の罹患率が以前からの報告より低いと分かっているとしても、リスクがあることに違いはない。


Specific and sensitive serological tests are available as an initial test for CD.
セリアック病の初期試験として、特異度と感度の高い血清学的テストが利用できる。

※specific: 特異度が高い。病気ではない人を陰性と判定できる

※sensitive: 感度の良い。病気である人を陽性と判定できる

Measurement of IgA antibodies to tTG (anti-tTG) is recommended for initial testing for CD, while IgA anti-EMA is considered as a confirmatory test.
抗組織トランスグルタミナーゼIgA抗体(抗tTG-IgA抗体)の計測が、セリアック病の初期スクリーニング試験として推奨される。
一方、抗筋内膜IgA抗体(抗EM-IgA抗体)は、確認用の試験と考えられている。

※EM (endomysial): 筋内膜

More recently, deamidated gliadin peptides (DGP) antibodies (especially of the IgG class) have been introduced with sensitivity and specificity comparable to anti-tTG and anti-EMA, but with possibly a better performance in IgA-deficient subjects and in children younger than three years [22,23].
より最近になって脱アミド化されたグリアジンペプチド(DGP)抗体(特にIgGクラスの)が、抗tTGや抗EMAと比較して感度と特異度があるとして導入されてきている。
しかしおそらく、IgA欠損患者や3歳未満の子供において、より高い成果が得られるだろう。

※deamidate, deamidation: 脱アミド化。アミド基(RCONH2等)を加水分解すること

A high level of anti-tTG (and possibly anti-DGP) and anti-EMA antibodies (10 × or higher) is almost invariably associated with a typical celiac enteropathy found through biopsy of the small intestine [24].
抗tTG抗体(そしておそらく抗DGP抗体)、抗EM抗体が高水準(10倍かそれ以上)で見つかると、小腸の生検を通して見つかるような典型的なセリアック腸疾患とほとんど必ず関連している。

Individuals with CD who are IgA deficient will not have abnormally elevated levels of IgA anti-tTG or IgA anti-EMA and need to be screened with IgG-based tests.
IgA抗体が欠損しているセリアック病の人たちは、IgA抗体が異常に上昇することはないだろう。
IgG抗体をベースにしたテストでスクリーニングする必要がある。

A small intestinal biopsy is an important diagnostic investigation that should be undertaken in many patients with suspected CD.
小腸の生検は重要な診断上の検査であり、セリアック病が疑われる多くの患者に試みられる。

※undertake: 引き受ける、始める、企てる

The characteristic histological changes include an increased number of intraepithelial lymphocytes (IELs) (> 25 lymphocytes per 100 enterocytes), elongation of the crypts, partial to total villous atrophy and a decreased villous:crypt ratio [25].
特徴的な組織構造の変化には、次のようなものがある。

・上皮細胞間リンパ球(IELs)の増加(粘膜上皮細胞100個あたり25個以上)
・陰窩の延長
・全ての絨毛が萎縮する傾向
・絨毛:陰窩の比率の減少(絨毛:陰窩の正常な比は約4:1)

Polymerase chain reaction sequence-specific oligonucleotide typing methods are now available for the determination of alleles encoding HLA-DQ2 and HLA-DQ8.
ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)後の配列特異的オリゴヌクレオチド(SSO)による型判定の方法が、HLA-DQ2とHLA-DQ8をコードするアレル(対立遺伝子)を決定する際に利用可能である

Since the HLA predisposing genotype is a necessary factor for disease development, the negative predictive value of HLA typing is very high, that is, the vast majority of subjects who are HLA-DQ2- and HLA-DQ8-negative will never develop CD.
HLAの遺伝型は発症に必要な要素であるので、HLAの遺伝型判定で陰性が出た場合の「予測値」は非常に高い。
つまり、HLA-DQ2とHLA-DQ8が陰性の人たちの大多数は、決してセリアック病を発症しないだろう。

The wide variability of CD-related findings suggests that it is difficult to conceptualize the diagnostic process into rigid algorithms that can cover the clinical complexity of this disease.
セリアック病に関する発見は広大で多様であり、診断の過程を厳密に系統的な手順に、かつこの病気の臨床上の複雑さを全てカバーできるようにまとめるのは難しいことが示唆される。

For this reason, a quantitative approach that can be defined as the 'four out of five rule' was proposed recently[26].
このような理由で、「5の中から4を取るルール」として定義される量的アプローチが最近提案された。

Using this method, the diagnosis of CD is confirmed if at least four of the following five criteria are fulfilled:
この方法を使うと、もし少なくとも次の5つの判定基準から4つが満たされれば、セリアック病の診断は確かめられる。

1. Typical symptoms of CD
セリアック病の典型的な症状

2. Positivity of serum CD IgA class autoantibodies at high titer
血清にセリアック病のIgAクラスの自己抗体が高力価で陽性

3. HLA-DQ2 and/or HLA-DQ8 genotypes
遺伝型HLA-DQ2とHLA-DQ8の両方もしくはどちらか

4. Celiac enteropathy found on small bowel biopsy
腹腔の腸疾患が小腸生検で見つかる

5. Response to a GFD
グルテン除去食への応答
[PR]

by travelair4000ext | 2012-12-19 09:15 | 翻訳  

<< グルテン関連疾患07 グルテン関連疾患05 >>