グルテン関連疾患10

http://www.biomedcentral.com/1741-7015/10/13#sec2

Algorithm to differentiate the different forms of gluten-related disorders
グルテン関連疾患の異なる形態を区別するアルゴリズム




Based on a combination of clinical, biological, genetic and histological data, it is possible to differentiate the three conditions (WA, CD and GS), following the algorithm shown in Figure 4.
臨床学、生物学、遺伝学、組織学、これらのデータを組み合わせて作成されたFigure 4のアルゴリズムを追うことで、小麦アレルギー、セリアック病、グルテン感受性という三つの病態を区別することが可能である。

In most cases, information coming from clinical presentation will be sufficient to distinguish between WA and the remaining two forms of gluten-related disorders (CD and GS).
ほとんどの場合、臨床的な徴候から得られる情報は、小麦アレルギーとグルテン関連疾患の残り二つの形態(セリアック病とグルテン感受性)とを区別するには十分だろう。

Determination of specific biomarkers for WA and CD is the proper first step in the diagnostic process including gluten challenge (WA) or intestinal biopsy (CD).
小麦アレルギーとセリアック病に特有のバイオマーカーの決定は、診断の過程における第一歩として適切である。
それは例えばグルテン負荷テスト(小麦アレルギー)もしくは腸の生検(セリアック病)などである。

If these forms have been excluded and other possible causes of the symptoms experienced by patients have been ruled out, then GS should be considered.
もしこれら二つが除外され、患者が経験する症状の原因として他の可能性が除外された場合は、グルテン感受性を検討すべきである。

A double-placebo gluten challenge will be the final step to either confirm or rule out GS.
二重盲検プラセボ・グルテン負荷試験は、グルテン感受性を確認するか除外するための最後の手段である。



Figure 4.

Proposed algorithm for the differential diagnosis of gluten-related disorders, including celiac disease, gluten sensitivity and wheat allergy.
セリアック病、グルテン感受性、小麦アレルギーなどのグルテン関連疾患を鑑別診断するために提案されているアルゴリズム

※differential diagnosis: 鑑別診断

History and Physical Exam - Initial Evaluation -
病歴と身体検査 - 初期評価 -

Consider Differential Diagnosis
鑑別診断の検討

Wheat Allergy (WA)
小麦アレルギー

・Specific skin prick tests
抗原特異的な肌プリックテスト

・Wheat specific serum IgE
小麦特異的な血清IgE

・Gluten challenge
グルテン負荷試験

Tests+
テストで陽性

Challenge+
負荷試験で陽性

WA diagnosis confirmed
小麦アレルギーの診断を確定

WA ruled out
小麦アレルギーは除外

Celliac Disease (CD)
セリアック病

Gluten Sensitivity (GS)
グルテン感受性

・tTG IgA+/- EMA+ total IgA
抗組織トランスグルタミナーゼIgA抗体が陽性か陰性
抗筋内膜IgA抗体が陽性
二つの総IgA

・Deamidated AGA IgA
抗脱アミド化グリアジンIgA抗体

・AGA
抗グリアジン抗体

tTG and/or dAGA+
抗組織トランスグルタミナーゼ抗体と抗脱アミド化グリアジン抗体の両方もしくはどちらかが陽性

EGD(EsophagoGastroDuodenoscopy) with biopsies
食道胃十二指腸鏡検査(EGD)と生検

Biopsy positive
生検陽性

CD diagnosis confirmed
セリアック病の診断を確定

Potential CD
潜在的セリアック病(自己抗体は発見されるが腸の粘膜は傷害されていない状態)

Suspected GS
グルテン感受性の疑い

Gluten challenge+
グルテン負荷試験で陽性

GS diagnosis confirmed
グルテン感受性の診断が確定

GS ruled out Consider other diagnosis
グルテン感受性は除外、他の診断を検討

(Figure 4.ここまで)




Treatment with the GFD
グルテン除去食による治療

In general, treatment of gluten-related disorders is based on excluding gluten-containing cereals from the diet.
一般に、グルテン関連疾患の治療はグルテンを含む穀類を食事から除去することが基本である。

Wheat, barley and rye proteins are completely excluded in a GFD.
小麦、大麦、ライ麦のタンパク質は、グルテン除去食からは完全に除かれている。

A wide range of attractive and palatable gluten-free wheat substitutes that guarantee the absence of gluten are specifically manufactured for patients with CD and other gluten-related disorders.
セリアック病や他のグルテン関連疾患の患者のために、グルテンが含まれていないことが保証された魅力的で味の良い様々な小麦代用品が特別に生産されている。

These products are labeled by an internationally recognized mark, the crossed ear of wheat.
これらの製品には、国際的に承認された「麦の穂先が交差したマーク」が貼られている。

Patients with CD not only need to be treated for life, but also require a very accurate treatment, as gluten traces may still be able to induce damage to their small intestinal mucosa.
セリアック病の患者は一生治療する必要があるだけでなく、その治療が非常に正確である必要がある。
なぜなら、グルテンのわずかな痕跡でもまだ患者の小腸の粘膜に損傷を引き起こすことが可能かもしれないからだ。

On the other hand, the natural history of other gluten-related disorders, particularly GS, is still unclear.
一方、他のグルテン関連疾患の自然経過、特にグルテン感受性については、まだ明らかではない。

※natural history: 自然史、自然経過。疾患を治療しない場合の自然な進展

Further studies are urgently required to clarify whether the spectrum of toxic cereals, the gluten threshold and the disease duration are the same in gluten allergy and/or sensitivity as in CD.
グルテンアレルギーとグルテン感受性についても、セリアック病と同じようにさらなる研究が今すぐに必要とされている。
どのような穀類が有毒なのか、グルテンの閾値はどの程度か、疾患の持続時間はどれくらいか。
それらがグルテンアレルギーとグルテン感受性の両方で同じなのか、もしくはどちらか片方にしか当てはまらないのかどうか。



Through the years, a GFD has been experimentally applied to schizophrenia, multiple sclerosis, ASD and dementia, to name only a few instances.
何年か通して、グルテン除去食が実験的に適用されてきた。
ほんのいくつか例を挙げると、統合失調症、多発性硬化症、自閉症スペクトラム障害(ASD)、認知症などである。

The evidence that the diet is effective in any of these areas is still controversial, as a placebo effect of the dietary treatment is often difficult to eliminate.
これらの領域のどれにおいても、食事療法が効果的であるというエビデンスはいまだ議論の余地がある。
なぜなら、食事療法のプラセボ効果はしばしば取り除くことが難しいからである。

'Allergy' is currently all the rage, and it is well possible that many individuals are on a GFD for no sound medical reasons.
アレルギーが現在、猛威を振るっている。
そしておそらく多くの人々が、しっかりした医学上の理由が全くないままグルテン除去食を食べている。

※be all the rage: 大流行している

※sound: しっかりした

In these cases, the diagnostic algorithm described in this paper will help to select patients who really need treatment with a GFD.
このような場合、この論文に記述された診断アルゴリズムは、グルテン除去食による治療を本当に必要としている患者を選ぶことを助けるのである。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-12-29 21:58 | 翻訳  

<< グルテン関連疾患11 グルテン関連疾患09 >>