グルテン関連疾患11

http://www.biomedcentral.com/1741-7015/10/13#sec3

Conclusions
結論




It is now becoming apparent that reactions to gluten are not limited to CD, rather we now appreciate the existence of a spectrum of gluten-related disorders.
現在、グルテンへの反応はセリアック病に限らないことが明らかになりつつある。
それどころか、我々は今や様々なグルテン関連疾患があることを認識している。

The high frequency and wide range of adverse reactions to gluten raise the question as to why this dietary protein is toxic for so many individuals in the world.
高頻度で広範囲なグルテンへの拒否反応は、なぜこの食物のタンパク質はそんなにも世界中の多くの人々にとって有毒なのかという疑問を生む。

One possible explanation is that the selection of wheat varieties with higher gluten content has been a continuous process during the last 10,000 years, with changes dictated more by technological rather than nutritional reasons.
一つの可能性のある説明としては、この1万年間、より高いグルテン含有量の小麦品種を選択することが継続的に行われてきたということである。
その変化は栄養上の必要性というより、むしろ技術的な理由により推し進められてきた。

Wheat varieties grown for thousands of years and mostly used for human nutrition up to the Middle Ages, such as Triticum monococcum and T.dicoccum, contain less quantities of the highly toxic 33-mer gluten peptide [65].
数千年間育てられてきた小麦の品種は、中世まではほとんどヒトの栄養として使われた。
例えばヒトツブコムギ(T.monococcum)とエンマーコムギ(T.dicoccum)のように、昔の小麦は毒性の高い33分子グルテンペプチドの含有量が少ない。

Apparently the human organism is still largely vulnerable to the toxic effects of this protein complex, particularly due to a lack of adequate adaptation of the gastrointestinal and immunological responses.
どうやら、まだ大部分のヒトたちの体は特に消化管の反応と免疫の応答が十分に適応していないため、このタンパク質の複合体(グルテン)の有毒な影響を受けやすいようだ。

Additionally, gluten is one of the most abundant and diffusely spread dietary components for most populations, particularly those of European origin.
加えて、グルテンはほとんどの集団、特にヨーロッパが起源の人たちにとって最も広く大量に使われている食事の成分の一つである。

In Europe, the mean consumption of gluten is 10 g to 20 g per day, with segments of the general population consuming as much as 50 g of daily gluten or more [66,67].
ヨーロッパでのグルテン平均消費量は1日当たり10グラムから20グラムであり、そこには毎日グルテンを50グラム以上は消費する一般の人々の区分が含まれている。

※the mean consumption of gluten: 日本人の場合、小麦の消費量は小麦粉ベースで1人あたり31.8kg/年(87g/日)である(2009年、農林水産省調べ)。グルテンの含有量を10%として計算すると8.7g/日が日本人のグルテンの平均消費量になる

All individuals, even those with a low degree of risk, are therefore susceptible to some form of gluten reaction during their life span.
ゆえに全ての人たちは、一生の間にグルテンに反応する何らかの疾患にかかりやすい。
それはリスクの程度が低い人たちでさえ同様である。

Therefore, it is not surprising that during the past 50 years we have witnessed an 'epidemic' of CD [68,69] and the surging of new gluten-related disorders, including the most recently described GS [44,62].
そんなわけで、過去50年間セリアック病の「流行」を我々が目撃してきたことは驚くことではないし、つい最近になって詳しく知られるようになったグルテン感受性などの新たなグルテン関連疾患が押し寄せつつあることもまた当然だろう。

This review provides some rationale to explain these epidemiological phenomena and expands our current knowledge to gain more insights into gluten-related disorders.
このレビューは、これらの疫学的現象を説明するためのいくつかの理論的根拠を提供する。
そして、グルテン関連疾患へのより多くの洞察を得られるように、我々の現状の認識を拡げることだろう。
[PR]

by travelair4000ext | 2012-12-30 21:35 | 翻訳  

<< 食事と花粉症 グルテン関連疾患10 >>