食事と花粉症

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1398-9995.2003.00296.x/full

The influence of the dietary intake of fatty acids and antioxidants on hay fever in adults
食事による脂肪酸と抗酸化物質の摂取が成人の花粉症に与える影響

G. Nagel, A. Nieters, N. Becker, J. Linseisen

Allergy
アレルギー

Volume 58, Issue 12, pages 1277-1284, December 2003
58巻12号1277-1284ページ、2003年12月

Abstract
要旨




Keywords:
キーワード

antioxidants;
抗酸化物質

diet;
食事

EPIC (European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition);
がんと栄養に関する欧州10カ国前向きコホート研究

fatty acids;
脂肪酸

hay fever
花粉症



Background:
背景

The objective of the investigation was to explore in a prospective study the associations between dietary intake of fatty acids, antioxidants and hay fever manifestation in adulthood.
調査の目的は、脂肪酸と抗酸化物質の食事摂取量と成人の花粉症の症状との関連を、前向き研究において調べることである。



Methods:
方法

Three hundred and thirty-four hay fever cases with adult onset of clinical symptoms from the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition (EPIC)-Heidelberg cohort were identified during follow-up and matched with 1336 controls.
がんと栄養に関する欧州前向き研究(EPIC)ハイデルベルクコホートの追跡調査中に、臨床症状が成人で発症した334人の花粉症患者が確認され、1336人の健康な対照群と比較した。

Dietary intake data were obtained by means of validated food frequency questionnaires.
食事摂取量のデータは、食物摂取頻度調査表(FFQ)を検証して得た。

The influence of dietary fatty acid and vitamin intake on hay fever risk was estimated by means of unconditional logistic regression.
非条件(マッチングを考慮しない)ロジスティック回帰分析を使用し、食事の脂肪酸とビタミン摂取量が花粉症の発症リスクに与える影響が評価された。



Results:
結果

High intake of oleic acid was positively associated with hay fever [odds ratio (OR): 2.86, 95% confidence intervals (95% CI): 1.22-6.70], whereas high intake of eicosapentaenoic acid was inversely related to hay fever (OR: 0.45, 95% CI: 0.22-0.93).
オレイン酸の高い摂取量と花粉症に正の相関が見られた(オッズ比(OR)2.86、95%信頼区間(95% CI)1.22-6.70)。
しかし、エイコサペンタエン酸の高い摂取量と花粉症には逆の相関が見られた(オッズ比0.45、95%信頼区間0.22-0.93)。

Furthermore, high β-carotene intake increased the risk of hay fever (OR: 1.69, 95% CI: 1.09-2.63) while increasing intake of vitamin E was a protective factor (OR: 0.38, 95% CI: 0.17-0.85).
さらに、β-カロテンの高い摂取量は花粉症のリスクを増大させた(オッズ比1.69、95%信頼区間1.09-2.63)。
一方、ビタミンEの摂取量の増加は保護因子であった(オッズ比0.38、95%信頼区間0.17-0.85)。

In grouped analyses, the effects of β-carotene and vitamin E were mainly observed among women and ex-/current-smokers; in these subgroups, linoleic acid increased the risk of hay fever.
グループ化された解析では、β-カロテンとビタミンEの効果は、主に女性と、以前喫煙していた者または現在喫煙している者で観察された。
これらのサブグループでは、リノール酸が花粉症のリスクを増加させた。



Conclusions:
結論

In conclusion, the present results provide further evidence that dietary factors might affect the risk of clinical manifestation of hay fever.
結論として、現在の結果は食事の因子が花粉症の臨床症状のリスクに影響するかもしれないというさらなる証拠を提供する。

However, the effects in smokers and women may suggest different biological mechanisms for the investigated nutrients, which need further research.
しかし、喫煙者と女性においての効果は調査した栄養素の別の生物学的メカニズムの存在を示唆しており、さらなる調査が必要である。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-02 05:49 | 翻訳  

<< ビタミンEとアレルギー01 グルテン関連疾患11 >>