ビタミンEとアレルギー01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19662825

Cent Eur J Public Health. 2009 Jun;17(2):79-85.

http://www.szu.cz/svi/cejph/archiv/2009-2-05-full.pdf

VITAMIN E INTAKE IN RELATION TO ALLERGIC SENSITIZATION AND IgE SERUM CONCENTRATION
ビタミンEの摂取と、アレルギー感作および血清IgE濃度との関連




Stefanie Sausenthaler(1, Tobias Loebel(1,2, Jakob Linseisen(2,3, Gabriele Nagel(3,4, Helgo Magnussen(5, Joachim Heinrich(1
ステファニ・ザウゼンターラー(1, トビアス・ローベル(1,2, ヤコブ・リンズアイゼン(2,3, ガブリエル・ナーゲル(3,4, ヘルゴ・マグヌセン(5, ヨアヒム・ハインリッヒ(1

1
Helmholtz Zentrum München, German Research Center for Environmental Health, Institute of Epidemiology, Neuherberg, Germany
ヘルムホルツ・ツェントルム・ミュンヘン、環境衛生ドイツ研究センター、疫学研究所、ノイヘルベルク、ドイツ

2
Unit of Human Nutrition and Cancer Prevention, Technical University of Munich, Munich, Germany
人間栄養・ガン予防科、ミュンヘン工科大学、ミュンヘン、ドイツ

3
Division of Clinical Epidemiology, German Cancer Research Center, Heidelberg, Germany
臨床疫学部、ドイツ癌研究センター、ハイデルベルク、ドイツ

4
Institute of Epidemiology, Ulm University, Ulm, Germany
疫学研究所、ウルム大学、ウルム、ドイツ

5
Pulmonary Research Institute at Grosshansdorf Hospital, Center for Pneumology and Thoracic Surgery, Grosshansdorf, Germany
グロスハンスドルフ病院・肺研究所、呼吸器学・外科学センター、グロスハンスドルフ、ドイツ



SUMMARY
要約

Background:
背景

A protective role of dietary vitamin E intake on disorders related to the immune system, such as allergic diseases, has been suggested.
アレルギー疾患のような免疫系に関する障害に対して、食事によるビタミンE摂取が保護的な役割を果たすことが示唆されている。

However, results from epidemiological studies are conflicting.
しかし、疫学的な研究の結果は矛盾している。



Objectives:
目的

The aim of present study was to analyze whether dietary vitamin E intake is related to the prevalence of allergic sensitization and total serum IgE concentrations in adult subjects.
この研究の目的は、食事によるビタミンE摂取が大人のアレルギー感作の有病率や血清総IgE濃度と関連しているかどうかを分析することである。



Methods:
方法

The present study population consisted of 366 adults aged 29 to 54 years participating in the German centers of the European Community Respiratory Health Survey (ECRHS) II, Erfurt and Hamburg.
この研究の集団は、欧州共同体呼吸器健康調査(ECRHS)フェーズIIのドイツ地域(エアフルトとハンブルク)に参加している29歳から54歳までの大人366人で構成された。

A validated food frequency questionnaire was used to gather information on dietary vitamin E intake.
食事によるビタミンE摂取量の情報は、妥当性が確認された食物摂取頻度調査表(FFQ)を使用して集められた。

Total serum IgE concentrations and specific IgE to common allergens were analyzed by using the Pharmacia CAP System.
血清総IgE濃度と一般的なアレルゲンへの特異的IgEは、ファルマシアCAP(capsulated hydrophilic carrier polymer)システムにより分析した。

Allergic sensitization was defined as specific serum IgE concentration ≥0.35 kU/l.
アレルギー感作は、血清の特異的IgE濃度が1リットルあたり0.35キロユニット以上として定義する。



Results:
結果

The risk for allergic sensitization was substantially decreased in the middle quartiles (aOR: 0.42; 95% CI: 0.22–0.81) and the highest quartile (aOR: 0.22; 95% CI: 0.08–0.60) of total dietary vitamin E intake, after adjustment for potential confounders.
アレルギー感作のリスクは、可能性のある交絡因子を調整後、食事による総ビタミンE摂取量が中間四分位(調整オッズ比: 0.42; 95%信頼区間: 0.22–0.81)、最高四分位(調整オッズ比: 0.22; 95%信頼区間: 0.08–0.60)、それぞれにおいてリスクが概ね減少した。

Total serum IgE concentration was not statistically significantly associated with dietary vitamin E intake.
血清の総IgE濃度は、食事によるビタミンE摂取量と統計的に著しい関連はなかった。



Conclusions:
結論

The findings of this study suggest that dietary vitamin E intake might play a protective role in the development of allergic sensitization.
この研究の発見が示唆するのは、食事によるビタミンE摂取がアレルギー感作の進展において保護的役割を果たすということである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-02 11:46 | 翻訳  

<< ビタミンEとアレルギー02 食事と花粉症 >>