ビタミンEとアレルギー02

http://www.szu.cz/svi/cejph/archiv/2009-2-05-full.pdf

INTRODUCTION
序説




Recent research on the etiology of the increasing prevalence rates of asthma and allergy also considers dietary factors that are typical for a western lifestyle.
喘息とアレルギーの有病率が増加しているという最近の疫学研究では、西洋の生活様式に典型的な食事的要因が考察されている。

Among the changing composition of the diet during the past decades, a decreased intake of fresh fruit and vegetables were discussed to play a role in the development of allergic sensitization and allergic diseases (1–3).
過去数十年間に変化してきた食事の構成の中でも、特に新鮮な果物や野菜の摂取の減少が、アレルギー感作とアレルギー疾患の進展において役割を果たすことが検討された。

Vitamin and antioxidant deficiency has mainly been thought to underlie these observations.
ビタミンと抗酸化物質の欠乏がこれらの観察の根底にあると主に考えられてきた。

One focus was put on the intake of vitamin E as epidemiological studies were demonstrating beneficial associations between dietary vitamin E intake and hay fever (4), wheeze (5–7) and asthma (8–10).
食事によるビタミンE摂取が、花粉症や喘鳴、喘息に与える有益な影響が疫学的研究により明らかになりつつあったので、研究の焦点がビタミンEの摂取量に集まった。

However, supplementation with different forms of vitamin E was often not effective in clinical trials (11, 12).
しかし、臨床試験でビタミンEを(食事とは)異なる形で補充しても、多くの場合は効果がなかった。

Therefore, the interest on the potential role of dietary vitamin E on allergy manifestation has diminished rapidly.
ゆえに、アレルギーの発症に関して食事によるビタミンE摂取が果たす潜在的な役割への関心は、急速に減少していった。

Given that the presence of elevated serum levels of immunoglobulin E (IgE) are known to be fundamental to type I allergic reactions and can be synthesised even before clinical symptoms occur, it might be worthwhile to pay more attention to early markers of allergy such as IgE.
ところで、免疫グロブリンE(IgE)の血清レベルの上昇がタイプIアレルギー反応の基礎であることは周知であり、臨床症状が現れる前でさえIgEが作られていることを考慮すると、IgEのようにアレルギーの早期から現れるマーカーに対してもっと注意を払う価値はあるだろう。

※given that: ~を考慮すれば、もし~とすると

While great attention has been paid to the antioxidative capacity of vitamin E in the past (13, 14), based on the findings from experimental studies in animals and humans, the potential biological mechanisms of vitamin E on IgE production are mainly those exerted on T helper cell differentiation and on regulatory functions in eicosanoid production.
過去にはビタミンEの抗酸化能力には多大な注意が払われ、それは動物や人間での実験的研究の結果に基礎を置いていた。
しかし一方、ビタミンEのIgE産生に対する潜在的な生物学的メカニズムは、ヘルパーT細胞の分化や、エイコサノイド産生における制御的な機能に対して主に発揮されるものであった。

※findings: 発見、研究の結果、知見

※eicosanoid: 炭素数20のポリ不飽和脂肪酸から生成されるプロスタグランジンなどの化合物の総称。eicos-「20」、-oid 「eidos (form)」

In vitro, vitamin E increases T helper 1 (Th1) cytokine secretion and inhibits T helper 2 (Th2) cytokine secretions (15, 16).
試験管レベルでは、ビタミンEは1型ヘルパーT細胞(Th1)サイトカイン分泌を増加させ、2型ヘルパーT細胞(Th2)サイトカイン分泌を阻害する。

Vitamin E also reduces interleukin-4 (IL-4) secretion in human peripheral blood T-cells in a dose dependent manner (17).
ビタミンEは、ヒト末梢血T細胞においてIL-4分泌も用量依存的に減少させる。

As IL-4 promotes the production of IgE antibodies by B–cells, it is one of the key cytokines in the development of allergic inflammation.
IL-4はB細胞によるIgE抗体の産生を促進するため、アレルギー性の炎症の進行において鍵となるサイトカインの一つである。

Furthermore, an inhibitory effect of vitamin E on the activity of cyclooxygenase, a major enzyme for eicosanoid synthesis, particularly arachidonic acid-derived prostaglandin E2(PGE2), has been reported (18).
さらに、シクロオキシゲナーゼ(COX)はエイコサノイドを合成する主要な酵素であるが、ビタミンEのその活性に対する阻害効果は、特にアラキドン酸由来のプロスタグランジンE2(PGE2)に対して働くことが報告されている。

In turn, PGE2 has been implicated in shifting the balance of Th1/Th2 cells and their cytokines towards a Th2 profile (19).
PGE2は一旦産生されると、Th1/Th2のバランスとT細胞のサイトカイン分泌を全体的にTh2へと傾けることに関与する。

Overall, evidence from experiments suggests that vitamin E might be protective against the development of allergic sensitization.
総じて、実験からの証拠が示唆するのは、ビタミンEはアレルギー感作の進展に対して防御的に働くということである。

Accordingly, Fogarty et al.(20) reported that higher concentrations of vitamin E intake were associated with lower serum IgE concentrations and a lower frequency of allergic sensitization.
それゆえ、高濃度のビタミンE摂取が、血清IgE濃度の低さとアレルギー性感作の頻度の低下に関連するとフォガーティらは報告した。

In contrast, other studies measuring dietary vitamin E intake (21) or plasma concentrations of vitamin E (22, 23) did not find any effect on sensitization.
対照的に、食事によるビタミンE摂取やビタミンEの血漿濃度を計測した他の研究では、感作に対する影響を何ら発見できなかった。

Although there is some indication that vitamin E might reduce IgE concentrations, findings are conflicting and consequently the potential benefit of vitamin E intake still needs to be clarified.
ビタミンEがIgE濃度を減少させるかもしれないといういくつかの兆候があるにも関わらず、研究の結果は矛盾している。
結果として必然的に、ビタミンEの摂取による潜在的な利益はまだ解明される必要がある。

Therefore, the aim of present study was to analyze the association of dietary vitamin E intake with allergic sensitization and total serum IgE concentration in a population-based sample of adult subjects.
ゆえに、この研究の目的は、成人の集団を基にした標本抽出において、食事によるビタミンE摂取とアレルギー感作および血清総IgE濃度の関連を分析することである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-02 17:16 | 翻訳  

<< ビタミンEとアレルギー03 ビタミンEとアレルギー01 >>