ビタミンEとアレルギー04

http://www.szu.cz/svi/cejph/archiv/2009-2-05-full.pdf

RESULTS
結果





Basic characteristics of the study population are presented in Table 1.
研究で扱う集団の基本的な特性をTable 1に示す。

About half of the subjects lived in Erfurt, while the other half lived in the study area of Hamburg.
被験者の約半数がエアフルト、残り半数がハンブルクの研究区域に住んでいた。

The mean age of men and women was 43.0 and 42.7 years, respectively.
平均年齢は男性が43.0歳、女性が42.7歳であった。

Participants of both sexes were mainly employed, but less women than men were self-employed.
参加者は男女ともに被雇用者が中心だったが、男性は女性よりも自営業者が多かった。

Men were also more likely smokers or former smokers compared to women.
男性は女性と比較して喫煙者か元喫煙者がより多いようでもあった。

High physical activity defined as being active for at least 4 hours per week seemed to be more prevalent in men compared to women.
高い身体活動性(少なくとも週あたり4時間は活動的であるとして定義)は、女性と比較して男性により広く見られた。

The geometric mean (GM) of total vitamin E intake was 9.3 mg/d in men and 8.1 mg/d in women, but energy-adjustment showed that vitamin E density was slightly higher in females than in males (Table 2).
総ビタミンE摂取量の幾何平均(GM)は、男性で1日あたり9.3ミリグラム、女性で1日あたり8.1ミリグラムであった。
しかし、エネルギー摂取量で調整すると、カロリー当たりのビタミンE濃度は男性より女性でわずかに高かった(Table 2)。

※geometric mean (GM): 幾何平均。平均値の一種で、n個の積のn乗根。比率などの平均を求めるのに適している

※geometric standard deviation (GSD): 幾何標準偏差。対数正規分布の標準偏差

Total vitamin C intake did not differ substantially between male and female subjects.
総ビタミンC摂取量は、男性と女性で実質的に変わらなかった。

Total energy intake was higher in men compared to women, but the percentage of energy derived from fat intake was similar in both sexes with about 36%.
総エネルギー摂取量は女性よりも男性で高かったが、脂質の摂取に由来するエネルギーの割合は男女ともにほぼ同じで約36%であった。

The prevalence of allergic sensitization according to sex-specific quartiles of vitamin E intake is shown in Table 3.
性別ごとにビタミンE摂取量の四分位数に従って、アレルギー感作の割合をTable3に示した。

The risk for allergic sensitization continuously decreased with increasing total vitamin E intake in both men and women.
アレルギー感作のリスクは、男性と女性どちらにおいても、総ビタミンE摂取量が増加するに従って連続的に減少した。

For energy-adjusted vitamin E intake, the association was less clear.
カロリー当たりのビタミンE摂取量に関しては、関連は不明である。

The geometric mean of total serum IgE concentration was 44.9 kU/l and 32.2 kU/l in men and women (data not shown), respectively.
血清中総IgE濃度の幾何平均は1リットルあたり男性44.9キロユニット、女性32.2キロユニットであった(詳細データは省略)。

In women, the lowest vitamin E or energy-adjusted vitamin E intakes were associated with the highest total IgE concentration (Table 4).
女性では、もっとも低いビタミンE摂取量もしくはカロリー当たりのビタミンE摂取量は、もっとも高いIgE濃度と関連していた(Table 4)。

This relationship was not observed in men.
このような関連は男性では観察されなかった。

Results of the logistic regression models are shown in Table 5 and Table 6.
ロジスティック回帰モデルの結果をTable 5とTable 6に示す。

Total vitamin E intake in the highest quartile was inversely associated with allergic sensitization in the crude model.
調整前のモデルでは、総ビタミンE摂取量の最高四分位が有意にアレルギー感作と逆相関していた。

After adjustment for study center, sex, age group, occupation, smoking status and physical activity, the magnitude of the association was not substantially altered.
研究の中心地、性別、年齢、職業、喫煙状況、身体活動での調整後も、関連の大きさは実質的に変わらなかった。

However, when vitamin C intake was additionally included in the model, risk estimates strongly decreased.
しかし、ビタミンCの摂取量をモデルに加えると、リスクの推定値は大きく減少した。

Further adjustment for fat energy intake did not substantially alter the effect estimates.
脂質エネルギーの摂取量に関してさらに調整したが、影響の推定値は実質的に変わらなかった

The results for energy-adjusted vitamin E intake were similar but not as strong as for total vitamin E intake before and after controlling for potential confounders.
カロリー当たりのビタミンE摂取量に関する結果も同様であったが、潜在的な交絡因子に関するコントロールを加える前後で、上記のような総ビタミンE摂取量に関する結果ほど強く相関しなかった。

There were no consistent significant associations found between vitamin E intake and total serum IgE concentration (Table 6).
ビタミンE摂取量と血清総IgE濃度の間には一貫した有意な関連は無かった(Table 6)。

Although the odds of serum IgE concentration greater than 100 kU/l seemed to decrease from the lowest to the highest quartile of vitamin E intake, it did, however, not reach statistical significance.
1リットルあたり100キロユニットより大きい血清IgE濃度のオッズはビタミンE摂取量の最低四分位から最高四分位まで減少したように思われるが、しかし、統計的な有意には届かなかった。

Similar results were obtained when the cut-off point was set at 180 kU/l (data not shown).
カットオフ値を1リットルあたり180キロユニットに設定しても、同様の結果が得られた(詳細データは省略)。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-06 02:40 | 翻訳  

<< ビタミンEとアレルギー05 ビタミンEとアレルギー03 >>