ビタミンEとアレルギー05

http://www.szu.cz/svi/cejph/archiv/2009-2-05-full.pdf

DISCUSSION AND CONCLUSIONS
検討と結論




The findings of this study suggest dietary intake of vitamin E is inversely associated with allergic sensitization in adults.
今回の研究成果が示唆するのは、食事によるビタミンEの摂取は大人におけるアレルギー感作と逆相関するということである。

However, there was no statistically significant association between vitamin E intake and total IgE serum concentration.
しかし、ビタミンE摂取と血清総IgE濃度の間には、統計的に有意な関連は見られなかった。

These observations are similar to those reported by Fogarty et al.(20), who investigated the relationship between dietary vitamin E intake and serum IgE concentration and atopy, measured by skin prick test (SPT), in a random sample of 2,633 adults aged 18–70 years.
これらの観察結果はフォガーティらによる報告と類似している。
彼らは18歳から70歳までのランダムに選び出した2633人の成人に対して、食事によるビタミンE摂取と血清IgE濃度、アトピーの間の関係を、肌プリックテスト(SPT)により調査した。

※atopy: アトピー。環境中の物質をアレルゲンとした過敏症。またはIgEを産生しやすかったり家系的にアレルギー患者が多いなど過敏症を引き起こしやすい遺伝的な素因のこと

Higher concentrations of vitamin E intake were associated with lower serum IgE concentrations and a lower frequency of allergic sensitization in this study.
その研究では、高濃度のビタミンE摂取は血清IgE濃度の低さと関連しており、アレルギー感作の頻度はより低かった。

Another cross-sectional study did not detect any association between dietary vitamin E intake and atopy assessed by SPT (21).
別の横断研究では、食事によるビタミンE摂取と肌プリックテストによるアトピー評価との間には何ら関連が検出されなかった。

※cross-sectional study: 横断研究、断面調査、有病率研究(prevalence study)。ある一時点において、仮定された要因と疾病の頻度の測定を同時に行い、その関連を調べる研究

Considering that allergic diseases are frequently characterized by raised serum IgE concentrations and sensitization to common allergens, our results are indirectly supported by previous epidemiological studies reporting beneficial associations of dietary vitamin E intake with clinical manifestations of allergy, asthma and asthma-related phenotypes (4–10).
アレルギー疾患はしばしば、一般的なアレルゲンに対する血清IgE濃度の上昇と感作によって特徴づけられる。
そのことを考慮すれば、食事によるビタミンE摂取がアレルギー(喘息や喘息に関連した表現型)の臨床症状を改善することを報告した以前の疫学的研究によって、我々の成果は間接的に支持される。

Some of these studies have investigated the effect of prenatal exposure to vitamin E on eczema (6, 7), wheezing (6–8) and asthma (8) in childhood.
例えば以下の研究のいくつかでは、出生前のビタミンEへの曝露が子供時代の湿疹や喘鳴、喘息に与える効果が調査されていた。

Recently, Martindale et al.(7) reported that maternal vitamin E intake during pregnancy is negatively associated with wheezing in the absence of a cold and eczema in the offspring during the first two years of life.
最近マーティンデイルらは、妊娠中の母親のビタミンE摂取が、生後2年間感冒や湿疹がない状態での喘鳴と逆相関することを報告した。

Further follow-up of the cohort showed that low maternal vitamin E intake during pregnancy was also associated with persistent wheezing and persistent asthma up to 5 years of age (8).
さらにその後の追跡調査で、妊娠中の母親のビタミンE摂取量が低いことは、5歳まで持続する喘鳴と喘息に関連することも示された。

More evidence is provided by Litonjua et al.(6), who demonstrated an inverse association between maternal intake of vitamin E during pregnancy and wheezing but not eczema in 2-year-old children.
リトニュアらはさらにエビデンスを提供している。
彼らは妊娠中の母親のビタミンE摂取と2歳児の喘鳴は逆相関するが、湿疹はそうではなかったことを明らかにした。

More evidence is provided by cross-sectional studies.
横断研究によりさらに多くのエビデンスが提供されている。

Within the framework of the Nurses' Health Study, it has been reported that the incidence of asthma was negatively associated with dietary vitamin E intake (10).
アメリカ看護師健康調査の枠組み内での報告によれば、喘息の発症率は食事によるビタミンE摂取と逆相関していた。

※Nurses' Health Study (I, II): アメリカ看護師健康調査。1970年代から20年以上にわたってアメリカで実施された、女性看護師の約16万人を対象とする前向き疫学研究

Women in the highest quintile of vitamin E intake from diet had a 47% lower risk for asthma than had women in the lowest quintile.
食事からのビタミンE摂取量が最高五分位の女性は、最低五分位の女性よりも喘息のリスクが47%低下した。

However, vitamin E intake from supplements seemed to be related to an increased asthma risk in this study.
しかし、この研究では、サプリメント(栄養補助食品)からのビタミンE摂取は、喘息リスクの増加に関連しているように思われた。

The authors suggested that this association is probably due to asthmatic women who started to take vitamin supplements after the onset of symptoms.
論文の著者たちは、この関連はおそらく喘息の女性が発症後にビタミンのサプリメントを摂り始めたためであろうと示唆している。

Furthermore, they demonstrated that exclusion of dietary vitamin E intake from nuts and peanut butter attenuated this association.
さらに、ナッツとピーナッツバターから摂取したビタミンEを排除したところ、この関連は弱まることが明らかになった。

The authors considered a possible bias due to asthmatic subjects avoiding food allergens.
著者たちは、喘息患者が食物アレルゲンを避けたことにより偏りが生じた可能性があると考察した。

Dietary vitamin E intake in relation to hay fever risk has been investigated in the EPIC-Heidelberg cohort using data from 334 cases and 1,336 controls (4).
がんと栄養に関する欧州前向き研究(EPIC)ハイデルベルクコホートにおいて、患者334名と対照群1336名のデータを使用して、食事によるビタミンE摂取と花粉症とのつながりが調査された。

A decreased risk of hay fever with increasing vitamin E intake has been described, by using the identical FFQ as in present study.
今回の研究と同一の食物摂取頻度調査票(FFQ)を使った研究で、ビタミンE摂取の増加に従って花粉症リスクの低下が見られた。

Further cross-sectional studies have demonstrated negative associations between dietary vitamin E intake and adult-onset wheeze (5) and childhood asthma (9) and one did not detect any association with asthma or atopy (21).
さらなる横断研究により、食事によるビタミンE摂取と、成人での喘鳴の発症および子供の喘息が逆相関することが明らかになった。
青少年(young adult)の喘息もしくはアトピーとの関連は何ら見出されなかった。

Some authors studied tocopherol plasma concentrations as a marker of vitamin E bioavailability in relation to atopy.
何人かの研究者は、血漿中のトコフェロール濃度をビタミンEの生物学的利用率のマーカーとして、アトピーに関して研究した。

※bioavailability: 生物学的利用率、生物学的利用能。投与した薬物が血中に到達する量と速度

In this way, increasing blood concentrations of vitamin E were associated with a slightly reduced risk of allergic sensitization assessed by SPT in a large US study population (23).
同じように、アメリカの大型研究の集団において、血液中のビタミンE濃度の上昇とアレルギー感作のリスク減少(肌プリックテストにより評価)との関連はわずかであった。

※large US study: 1988-1994年の米国第3次国民栄養調査(Third National Health and Nutrition Examination Survey)

However, in a German cross-sectional study, allergic sensitization assessed by specific IgE measurement was negatively associated with plasma γ-tocopherol, but not with plasma α-tocopherol (28).
しかし、ドイツの横断研究では、特異的IgEの計測により評価されたアレルギー感作は血漿中のγ-トコフェロールとは逆相関していたが、血漿中のα-トコフェロールとは関連しなかった。

Several possible limitations of the study need to be considered.
研究の限界がいくつか考えられ、それを考慮する必要がある。

One weakness of the study is due to the cross sectional design as dietary intake and serum IgE concentrations were measured at the same point in time.
その研究の弱点の一つは、食事による摂取と血清IgE濃度を一時点同時に計測する、横断研究という設計のためである。

Allergic sensitization is thought to be primed in early childhood and is potentially followed by clinical manifestations of allergic diseases later in life.
アレルギー感作は幼児期に抗原刺激を与えられることで起きると考えられており、その後、潜在的に進行して人生のより後にアレルギー疾患の臨床症状が現れるとされる。

However, longitudinal analyses have demonstrated changes in specific IgE antibody concentrations over time (29).
しかし、縦断研究により、特異的IgE抗体の濃度は時が経つにつれて変化することが明らかになった。

※over time: 時が経つにつれて。そのうち(自然に)。over 「~の間中ずっと、~にわたって、~が終わるまで」。またovertimeで「時間外に、時間外の」

※longitudinal study: 縦断研究。ある一時点での分析しか行わないcross-sectional study (横断研究)とは異なり、二つ以上の時点もしくは長期間にわたって連続的に調査を行う。過去に遡る調査を「後向き(retrospective)」、未来に向かって追跡(follow-up)する調査を「前向き(prospective)」として区別する

Therefore, we speculate that vitamin E intake during the last 12 months prior to the blood measurement may contribute to differences in serum IgE concentrations and allergic sensitization observed between study participants.
ゆえに、血液測定に先立って12ヶ月間ビタミンEを摂取することは、研究の参加者の間に観察される血清IgE濃度とアレルギー感作における違いの原因となることがある(may)と、我々は推測する。

Unfortunately, the number of subjects in our study was too small to study asthma and hay fever.
不幸なことに、今回の研究では被験者の数が少なすぎて喘息と花粉症の研究ができなかった。

To verify the cause-effect relationship of our findings, longitudinal studies should be conducted.
今回の研究成果の因果関係を確かめるため、縦断研究を行うべきである。

We also cannot completely rule out that the assessment of dietary vitamin E intake is afflicted with some measurement error due to lacking information on vitamin supplementation.
我々はまたビタミンのサプリメントについての情報を欠いてもいるため、いくらかの計測の誤りが生じ、ビタミンE摂取量の評価には苦労する。
そのような事態を我々は完全には除去できない。

As random misclassification of intake would tend to attenuate associations, it is unlikely that misclassification bias has lead to spurious associations.
摂取量がランダムに誤分類されていれば関連を弱める傾向があるだろうから、(実際にはそうではないので)誤分類バイアスが擬似相関につながっていることはなさそうだ。

※misclassification: 誤分類。本来区分されるべきカテゴリとは異なるところへ区分されること。例えば、病気があると知っていれば原因への曝露を念入りに調べようとする偏りが起き(曝露疑いバイアス)、曝露があったことを知っていれば病気があるかどうかを念入りに調査する傾向が生まれる(診断疑いバイアス)

※random misclassification (non-differential misclassification):無差別的誤分類。上記のような疑いバイアスとは関係なく、exposure(曝露)、outcome(結果)とは独立した誤分類のこと。曝露の真の影響を過小評価する(リスク推定値を1に近づける)偏りを生む

※spurious association: 擬似相関。見ることのできない真の要因Cによって、AとBに因果関係があるように推測されること。この場合、誤分類がC、ビタミンEの摂取がA、アレルギー感作の低下がB

Reverse causation is a further potential source of bias.
逆因果関係が、潜在的なバイアスをさらに生じさせる。

Reverse causation might be only a problem in symptomatic subjects.
逆因果関係は、症状の出ている被験者においてのみ問題であるかもしれない。

※causation, causality: 因果関係。逆の因果関係とは、「ビタミンEの摂取は喘息を抑制する」「喘息の発症がビタミンEの摂取を増加させる」という因果関係を、「ビタミンEの摂取が喘息の発症を増加させる」のように逆に認識してしまうこと

※symptomatic: 症候性の、徴候の

However, when excluding subjects with hay fever or asthma from the analysis, the protective effect of high intake of vitamin E remained.
花粉症や喘息の患者を分析から除外したとき、ビタミンE高摂取の保護的な効果は残った。

※remained: 症状が出ている被験者には逆因果関係が見られる

In addition, the food frequency questionnaire used in present study has already been validated by comparison with 24-hour dietary recall in a pilot study in the German part of the EPIC cohort (25).
加えて、この研究で使用した食物摂取頻度調査票(FFQ)は、がんと栄養に関する欧州前向き研究(EPIC)コホートドイツ部門での試験研究において、24時間思い出し法による比較によって既に妥当性が検証されている。

※validate: 妥当性を検証する。validation 「妥当性検証」

※validity: 妥当性。ある測定方法で対象をどこまで正しく測定できるかの度合い

※reliability: 信頼性。同一の条件下で同じ値をどれだけ出せるかの安定性の度合い

※24-hour dietary recall: 24時間思い出し法

The adjusted correlation coefficient of dietary vitamin E intake between both instruments was 0.45 and thus in an acceptable range compared to other nutrients.
(FFQと24時間思い出し法という)両方の手段の間での食事性ビタミンE摂取量の相関係数は調整後で0.45であり、従って他の栄養素と比較して許容範囲内であった。

※correlation coefficient: 相関係数。1に近いほど相関が強く、-1ならば負の相関が強い。0のときは相関がない

Thus, estimates of vitamin E intake derived from FFQ seem to reflect habitual intake over a large period satisfactorily.
ゆえに、FFQによるビタミンE摂取量の評価は、長い期間にわたる個人の習慣的な摂取量を十分に反映するようである。

※satisfactorily: 満足の行くように、十分に。

In attempt to reduce the effect of confounding bias, associations were adjusted for the covariates study center, sex, age group, occupation, smoking status, physical activity, vitamin C intake and fat energy intake.
研究センター、性別、年齢層、職業、喫煙歴、身体活動量、ビタミンC摂取量、脂肪摂取量など共変動量の関連を調整し、交絡バイアスの影響の減少を試みた。

※confounding: 交絡。あるモデルで原因と結果を想定したとき、その外部に存在して原因と結果に影響を与え得る因子のこと。交絡因子が存在する場合の原因と結果の関係を擬似相関(spurious association)という

※covariate, covariation: 共変動。共に変わって動くこと。相関係数によってその度合が数値化される

The odds ratios were substantially lowered when vitamin C intake was included in the model, which indicates confounding by vitamin C intake.
ビタミンCの摂取量をモデルに組み入れるとオッズ比は実質的により低下したが、それはビタミンC摂取による交絡を示している。

Although testing for interaction between vitamin E and vitamin C was not statistically significant, a possible synergistic effect of vitamin E with other nutrients, which has been demonstrated in vivo(30) and in vitro(31), should not be ignored.
ビタミンEとビタミンCの間の相互作用を確かめるための試験は統計的に有意ではないが、ビタミンEと他の栄養素の相乗効果の可能性(それは生体内でも生体外でも明らかになっている)は無視するべきではない。

vitamin E with other nutrients: Intake of polyunsaturated fatty acids and vitamin E reduces the risk of developing amyotrophic lateral sclerosis.(30)
多価不飽和脂肪酸とビタミンEの摂取は筋萎縮性側索硬化症(ALD)のリスクを半減させる

However, effect estimates for the crude association between vitamin C intake and allergic sensitization and total IgE concentration were not statistically significant.
しかし、ビタミンC摂取、アレルギー感作、総IgE濃度の間の、調整前の関連についての効果推定は、統計的に有意ではなかった。

※crude: 生の、加工していない

In conclusion, present study provides further evidence for a beneficial effect of dietary vitamin E intake on allergic sensitization.
結論として、今回の研究が提供するのは、食事によるビタミンE摂取がアレルギー感作を低下させる効果があることを示すというさらなるエビデンスである。

However, prospective studies should be performed to verify the cause-effect relation.
しかし、因果関係を確かめるために前向き研究を実行するべきである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-09 17:21 | 翻訳  

<< アルコールとアレルギー ビタミンEとアレルギー04 >>