アルコールとアレルギー

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12580912

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1365-2222.2003.01582.x/abstract

Clin Exp Allergy. 2003 Feb;33(2):199-205.

Association of alcohol consumption with total serum immunoglobulin E levels and allergic sensitization in an adult population-based survey.
成人の集団に基づく調査におけるアルコール消費量と、血清総IgEレベル、アレルギー感作の関連

Abstract
要旨




Gonzalez-Quintela A, Gude F, Boquete O, Rey J, Meijide LM, Suarez F, Fernandez-Merino MC, Perez LF, Vidal C.
ゴンザレス-キンテラA、グーデF、ボケテO、レイJ、メイフィデLM、スアレスF、フェルナンデス-メリノMC、ペレスLF、ヴィダルC

Department of Internal Medicine, Complejo Hospitalario Universitario de Santiago, Santiago de Compostela, Spain.
サンティアゴ大学病院内科、ガリシア州ア・コルーニャ県サンティアゴ・デ・コンポステーラ、スペイン



BACKGROUND:
背景

Chronic alcoholism is associated with increased total serum IgE levels.
慢性的なアルコール中毒は血清総IgE濃度の上昇と関連する。

※level: 物質の体液中の濃度



OBJECTIVE:
目的

The study aimed to investigate the relationship between alcohol intake and both total serum IgE levels and allergic sensitization in a general adult population.
研究の目的は、一般的な成人集団において、アルコール摂取量と、血清総IgE濃度とアレルギー感作両方の関係を調査することである。



MATERIALS AND METHODS:
題材と方法

A total of 720 subjects was randomly selected (stratified by age) from the population older than 18 years of A-Estrada (Spain) and invited to participate in the study.
ガリシア州ポンテベドラ県ア・エストラーダ(スペイン)の18歳以上の住民から、(年齢で階層化された)合計720名をランダムに選び、研究への参加を求めた。

From 697 eligible subjects, 469 (67%, median age 54 years, range 18 to 92 years, 44% males, 75% of cases from a rural environment) agreed to participate.
697名の適格者から、469名(67%、平均年齢54歳、18-92歳、男性44%、75%が田舎の環境)が参加に同意した。

A battery of 13 skin prick tests to common aeroallergens was performed in all subjects.
一般的な空中アレルゲンに対する13の皮膚プリックテストの組み合わせが、全ての被験者に実施された。

Cases with at least one positive test (n = 121, 26%) were considered to have allergic sensitization.
少なくとも1つの陽性反応を示した対象者(121名、26%)をアレルギー感作があると見なした。

The most frequent sensitisers were mites and pollens (24% and 10% of subjects, respectively).
最もよくみられた感作物質は、ダニ(24%)と花粉(10%)であった。

Total serum IgE was measured in 465 subjects (99%).
血清総IgEは465名(99%)で計測した。

Alcohol consumption was registered as the number of standard (approximately 10 g) drinking units habitually consumed per week.
アルコール消費量は、標準的な飲酒単位(1ユニットは約10グラム)を1週間あたり習慣的に何ユニット消費するかとして登録した。

A total of 244 subjects (52%) were alcohol consumers (median intake, 14 units/week, range 1 to 147 units/week).
合計244名(52%)が飲酒者であった(平均消費量は週あたり14ユニット、範囲は週あたり1-147ユニット)

Abstainers (n = 225, 48%) constituted the reference category.
禁酒者(225名、48%)が対照群を構成した。



RESULTS:
結果

Alcohol consumption of more than 14 units/week was associated with an increase in serum IgE levels after adjusting for age, gender, allergic sensitization and smoking (P = 0.02).
年齢、性別、アレルギー感作、喫煙による調整後で、週あたり14ユニット以上のアルコール消費が血清IgE濃度の上昇と関連した(P = 0.02)。

Alcohol consumption was not significantly associated with either overall allergic sensitization or mite sensitization after adjusting for age, gender and smoking.
年齢、性別、喫煙による調整後、アルコール消費量とアレルギー感作全般もしくはダニ感作には、意味のある関連は見られなかった。

However, alcohol consumption of more than 14 units/week was associated with an increased prevalence of pollen sensitization (adjusted OR 3.15, 95% CI 1.19 to 8.34, P = 0.02).
しかし、週あたり14ユニット以上のアルコール消費は、花粉への感作の増加と関連した(調整オッズ比 3.15、95%信頼区間1.19-8.34、P = 0.02)。



CONCLUSION:
結論

Alcohol consumption above a certain threshold is associated with an increase in total serum IgE levels.
一定のしきい値以上のアルコール消費量は、血清総IgE濃度の上昇に関連する。

Alcohol consumption may also be associated with an increased prevalence of pollen sensitization.
アルコール消費量はまた、花粉への感作率の上昇にも関連するのかもしれない。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-10 11:09 | 翻訳  

<< アルコールと免疫グロブリン ビタミンEとアレルギー05 >>