アルコールと免疫グロブリン

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23058015

Int J Immunopathol Pharmacol. 2012 Jul-Sep;25(3):645-55.

Influence of experimental alcohol administration on serum immunoglobulin levels:
実験によるアルコール投与が血清中の免疫グロブリン濃度に与える影響

contrasting effects on IgE and other immunoglobulin classes.
IgEクラスと他の免疫グロブリンクラスへの影響の比較

Abstract
要旨




Alonso M, Gomez-Rial J, Gude F, Vidal C, Gonzalez-Quintela A.
アロンソM、ゴメス-リアルJ、グーデF、ヴィダルC、ゴンザレス-キンテラA

Departments of Internal Medicine, Complejo Hospitalario Universitario, Santiago de Compostela, Spain.
大学病院内科、ガリシア州ア・コルーニャ県サンティアゴ・デ・コンポステーラ、スペイン



In humans, alcoholic liver disease is associated with hypergammaglobulinemia, particularly with high serum concentrations of IgA.
ヒトのアルコールによる肝臓疾患は、高ガンマグロブリン血症と関連している。
特に、血清中のIgA濃度が高い。

Furthermore, alcohol consumption is associated with high concentrations of IgE and low concentrations of IgG.
さらに、アルコール消費量はIgE濃度と相関し、IgG濃度と逆相関する。

However, there is little experimental evidence to corroborate these observational findings.
しかし、これらの観察結果を裏づける実験的なエビデンスはほとんどない。

The objective of the present study was to investigate the potential short-term effects of alcohol administration on serum immunoglobulin concentrations in mice, and the potential influence of sex and strain on these effects.
この研究の目的は、アルコールの投与が血清中の免疫グロブリン濃度に与える短期間の効果や、それらの効果に性別や系統が潜在的にどう影響するかを、マウスで調べることである。

Eight mouse groups were defined by strain (Swiss vs C57BL/6), sex (male vs female), and experimental procedure (alcohol administration vs control diet).
8つのマウスのグループを系統(Swiss 対 C57BL/6)、性別(オス対メス)、実験の手順(アルコール投与 対 コントロール食)により分けた。

※Swiss: 一般研究用によく使われる系統。ICR、NIHなど

※C57BL/6: C57という雌マウスの黒色の体毛(BL)の子孫から出た6番目の亜系統。アルコール嗜好性が見られる唯一の系統

Alcohol was administered in a semi-liquid diet (6.5%v/v); control animals received an isocaloric semi-liquid diet.
アルコールが半流動食で投与された(濃度6.5%)。
コントロール群には同カロリーの半流動食が与えられた。

※v/v% (volume/volume%) :濃度の単位。100ml中、何ml含まれているかを表す

Immunoglobulin concentrations (IgE, IgA, IgM, IgG1, IgG2a, IgG2b, and IgG3) were measured at baseline and weekly thereafter for 4 weeks.
免疫グロブリン濃度(IgE, IgA, IgM, IgG1, IgG2a, IgG2b, IgG3)を、ベースライン(開始時点)と、4週間後まで毎週計測した。

Serum Th1 (interferon-gamma) and Th2 (IL-4 and IL-13) cytokines were measured at week 4.
血清中のTh1サイトカイン(インターフェロン-ガンマ)とTh2サイトカイン(IL-4とIL-13)は4週目に計測した。

We found significant variations in baseline immunoglobulin concentrations depending upon mouse sex and strain.
ベースライン時の免疫グロブリン濃度は、マウスの性別と系統に依存して明らかに異なっていることが判明した。

Alcohol administration was quickly followed by an increase in serum IgE concentrations in all experimental groups.
アルコールの投与後、血清中のIgE濃度は全ての実験グループにおいて急速に上昇した。

IgE increase was correlated with serum IL-13 increase.
IgEの増加は、血清IL-13の上昇と相関していた。

In contrast, alcohol administration was not associated with significant changes in serum IgA and IgM concentration, and appeared to decrease IgG subclass concentrations.
対照的に、アルコールの投与は、血清中のIgAとIgM濃度の明らかな変化とは関連しなかった。
IgGサブクラスの濃度は減少するように思われた。

Alcohol effects on immunoglobulin concentrations were independent of mouse strain and sex.
アルコールの免疫グロブリン濃度への影響は、マウスの系統や性別からは独立していた。

In conclusion, alcohol administration in mice had contrasting effects on IgE and other immunoglobulin classes.
結論として、アルコールのマウスへの投与は、IgEと他の免疫グロブリンクラスとに対照的な効果を与える。

This experimental evidence confirms observational results in humans.
この実験による証拠は、ヒトでの観察結果を確認するものであった。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-13 22:25 | 翻訳  

<< アルコールと樹状細胞01 アルコールとアレルギー >>