アルコールと樹状細胞01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21562114

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3147329/

Ethanol Inhibits Antigen Presentation by Dendritic Cells
エタノールは樹状細胞による抗原提示を阻害する

Abstract
要約




Ahmet Eken (1
アフメット・エケン

Vivian Ortiz (2,(3
ヴィヴィアン・オルティス

Jack R. Wands (2,(3,*
ジャック・R・ワンド

1) Department of Molecular Biology, Cell Biology, and Biochemistry, Brown University
分子生物学科、細胞生物学、生化学、ブラウン大学

2) Liver Research Center, Rhode Island Hospital
肝臓研究センター、ロードアイランド病院

3) Department of Medicine, Warren Alpert Medical School of Brown University, Providence, Rhode Island
ブラウン大学ウォーレン・アルパート・メディカルスクール医学部、プロビデンス、ロードアイランド

*Corresponding author.
責任著者

Received March 15, 2011; Revisions requested April 8, 2011; Accepted April 29, 2011.
受取 2011年3月15日、修正 4月8日、受理 4月29日

Copyright (c) 2011, American Society for Microbiology



Previous studies suggest that altered virus-specific T-cell responses observed during chronic ethanol exposure may be due to abnormal functioning of dendritic cells (DCs).
以前の研究から、慢性的なアルコール曝露の間に観察されるウイルス特異的なT細胞応答の変化は、樹状細胞(DCs)の機能異常によるものかもしれないと示唆されていた。

Here we explored the effects of ethanol on exogenous antigen presentation by DCs.
そこで我々は、樹状細胞による外因性の抗原提示に与えるエタノールの影響を探求した。

BALB/c, C57BL/6, and CBA/caj mice were fed ethanol or an isocaloric control diet for 8 weeks.
BALB/c、C57BL/6、CBA/caj系統のマウスに、8週間、エタノールもしくは同カロリーのコントロール食を与えた。

The splenic DC population was expanded using an Flt3L expression plasmid via tail vein injection.
Flt3リガンド発現プラスミドを使用し、尾の静脈注射により脾臓の樹状細胞の集団を増殖させた。

※Flt3L (Fms like tyrosine kinase 3 Ligand): 骨髄の間質細胞に発現する成長因子。造血系細胞のチロシンキナーゼ型受容体に作用し、単球や樹状細胞などの増殖を刺激する

DCs were purified and assessed for antigen presentation and processing and for peptide-major histocompatibility complex class I and II (MHCI and MHCII) formation on the cell surface.
樹状細胞を精製し、抗原提示、プロセシング、そして細胞表面上の主要組織適合遺伝子複合体(MHC)クラスI・クラスIIとペプチドの複合体形成について検討した。

Interleukin-2 (IL-2) was measured as an indicator of antigen-specific T-cell activation by DCs in coculture.
樹状細胞とT細胞を共培養し、その抗原特異的なT細胞の活性化の指標としてインターロイキン-2(IL-2)を計測した。

Antigen processing and peptide-MHCII complexes were evaluated by flow cytometry.
抗原のプロセシングと、ペプチド-MHCクラスII複合体は、フローサイトメトリーにより評価した。

※flow cytometry: フローサイトメトリー。蛍光標識した細胞を含む液流にレーザー光を照射することで色素分子を励起させ、特定の分子を発現している細胞数を計測する研究法。流動細胞光度測定法

We observed that ethanol not only suppressed allogeneic peptide presentation to T cells by DCs but also altered presentation of exogenous ovalbumin (OVA) peptide 323-339 to an OVA-specific DO11 T-cell line as well as to OVA-sensitized primary T cells.
エタノールは、樹状細胞がT細胞に対して同種異系ペプチドを提示することを抑制するだけでなく、オボアルブミン323-339残基に特異的なDO11-T細胞系に対する外因性の卵白アルブミン(OVA)ペプチド323-339残基の抗原提示を変化させた。
(OVAに初回感作させたT細胞に対しても、それと同様の結果であった)

※allogenic: (同じ種内で系統の異なる)同種異系の。syngenic 「(一卵性双生児のような)同種同系の」。xenogenic 「(ブタからヒトのような)異種の」。長期間の近親交配によって(inbred)樹立維持される系統も同系(syngenic)と呼ぶ

※DO11 T-cell line: 卵白アルブミンの323-339番目残基のみを特異的に認識するTCRαβ鎖を発現したT細胞の系列

Smaller amounts of peptide-MHCII complexes were found on the DCs isolated from the spleens of ethanol-fed mice.
エタノールを投与したマウスの脾臓から分離した樹状細胞上では、ペプチド-MHCクラスII複合体の総数が減少していた。

In contrast to MHCII presentation, cross-presentation of exogenous OVA peptide via MHCI by DCs remained intact.
MHCクラスIIの抗原提示とは対照的に、MHCクラスIを経由した外因性OVAペプチドの交差抗原提示(クロスプレゼンテーション)は完全なままであった。

More importantly, ethanol-exposed DCs had reduced B7-DC and enhanced ICOS-L (inhibitory) costimulatory molecule expression.
さらに重要なことに、エタノールに曝露した樹状細胞では、(抑制系の)共刺激分子であるB7-DCの発現が減少し、ICOS-Lの発現が上昇していた。

※B7-DC: 活性化T細胞とB細胞にはPD-1が発現する。リガンドはB7ファミリーのPD-L1(B7-H1)、PD-L2(B7-DC)

※ICOS-L: 活性化T細胞とB細胞にはICOSが発現し、そのリガンドであるICOS-LはTh2系の液性免疫を誘導する

Ethanol inhibits exogenous and allogeneic antigen presentation and affects the formation of peptide-MHCII complexes, as well as altering costimulatory molecule expression on the cell surface.
エタノールは、外因性および同種異系の抗原提示を阻害し、ペプチド-MHCクラスII複合体の形成に影響、さらに細胞表面への共刺激分子の発現を変化させる。

Therefore, DC presentation of peptides in a favorable costimulatory protein environment is required to subsequently activate T cells and appears to be a critical target for the immunosuppressive effects of ethanol.
ゆえに、好ましい共刺激分子を発現した状態での樹状細胞のペプチド提示はその後のT細胞を活性化するために必要であり、エタノールの免疫抑制的な影響にとっては重要な標的のようである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-01-16 14:52 | 翻訳  

<< アルコールと樹状細胞02 アルコールと免疫グロブリン >>