ストレスとタイトジャンクション02

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12949725

http://www.gastrojournal.org/article/S0016-5085(03)01057-6/abstract

INTRODUCTION
序論




Chronic exposure to stressful events activates compensatory mechanisms that attenuate or enhance the effects of acute stress.
ストレスの多い出来事への慢性的な曝露は代償的なメカニズムを活性化し、それは急性ストレス反応の効果を改善するか、または高める。

The major stress effectors involved in this adaptive process are the autonomic nervous system and the hypothalamo-pituitary-adrenal axis.
この適応プロセスに関与する主なストレス反応の効果器は、自律神経系と、視床下部-下垂体-副腎系である。

※hypothalamo-pituitary-adrenal axis (HPA): 視床下部の傍室核(PVN)からはコルチコトロピン分泌刺激ホルモン(CRH)とバソプレッシン、下垂体前葉からはACTH、副腎皮質ではコルチゾールを分泌してストレスに対応するシステム

Although the exact nature of the mechanisms involved still is unclear, a number of experimental studies have shown that corticotropin-releasing hormone (CRH) acts as a central mediator, initiating behavioral and physiologic responses.(1
関与するメカニズムの正確な性質はいまだ明らかではないが、多くの実験的研究が示してきたのはコルチコトロピン分泌刺激ホルモン(CRH)が中心的なメディエーター(伝達物質)としてはたらき、行動的・生理的な応答を開始するというものである。

Indeed, the main biologic responses to stress are an enhanced sympathetic activity and the hypothalamo-pituitary-adrenal axis activation that respectively leads to a systemic secretion of catecholamines and glucocorticoids.
実際、ストレスへの主な生物学的な応答は、交感神経の活動の活性化と視床下部-下垂体-副腎系の活性化であり、それぞれがカテコールアミンとグルココルチコイドの全身への分泌につながる。

This in turn strongly influences various physiologic and pathologic processes as immune and inflammatory reactions.(2
これは次々に様々な生理的および病理的な過程に強く影響する。




Central stress hormones, such as CRH, can affect cytokine production and enhance humoral rather than cellular immunity by driving preferentially a Th2 response.(3
CRHのような中枢神経系のストレスホルモンは、サイトカインの産生に影響し、Th2で優先的に応答することにより細胞性免疫よりもむしろ液性免疫を高める。

Direct effects of stress on the immune response have been studied mainly with experimental models of acute stress and little is known about the effects of chronic stress, or at least repeated exposure to stressful situations.
ストレス反応が免疫応答へ直接与える影響は、主に急性ストレスの実験的モデルで研究されてきている。
しかし、慢性ストレスの影響についてはほとんど知られていない。
少なくとも、繰り返しストレスに曝露する状況については知られていない。

※at least: (他のことは)ともかく、いずれにせよ、せめて、(しばしばorのあとで前言を訂正して)そうではなく、もっと正確には

Nevertheless, a study by Millan et al.(4 has shown that long-lasting stress has immunosuppressive effects, whereas a stress of short duration stimulates the immune function.
とは言え、ミリアンらによる研究では、長く続くストレス反応は免疫抑制的な影響がある一方、短い期間のストレス反応は免疫機能を刺激すると示されてはいる。




The gastrointestinal tract is a well-known target of physiologic modifications that occur during stressful life events.
ストレスとなる人生の出来事の間、消化管は生理的な調節の標的となることは有名である。

In digestive effects stress is known to increase intestinal permeability, leading to an excessive uptake of luminal antigens and bacterial products that may initiate or modulate an inflammatory response.(5
消化への影響について、ストレスは腸の透過性を増加することが知られている。
それは管腔の抗原と細菌の産物を過剰に取りこむことにつながり、炎症的な応答を開始したり調節するのかもしれない。

Paracellular permeability across epithelial cells is regulated mainly by intercellular tight junctions (TJs).
上皮細胞間の透過性は、主に細胞間のタイトジャンクション(TJ)によって制御される。

They are dynamic molecular structures, subjected to structural rearrangement under the influence of both physiologic and pathologic stimuli.
それらは動的な分子構造であり、生理的および病理的な刺激の影響下で構造的な再編成を受ける。

TJs also are related closely with the actin cytoskeleton, notably through the perijunctional actin ring.
TJはアクチン細胞骨格と強く関係し、それは特にタイトジャンクション周囲のアクチンリングによる。

Myosin light chain (MLC) phosphorylation through MLC kinase (MLCK) is one of the regulators of TJ permeability.(6
ミオシン軽鎖(MLC)のMLCキナーゼ(MLCK)によるリン酸化は、TJ透過性の調節因子の一つである。

Stress-related factors such as CRH and glucocorticoids have been shown to increase intestinal permeability, but the underlying mechanisms remain unclear.(7,8
ストレス反応に関連する因子、CRHとグルココルチコイドのような因子は腸の透過性を増加することが示されているが、根底にあるメカニズムは不明のままである。

Interestingly, a study performed on mast cell-deficient rats pointed out that mast cells are required for stress-induced alteration of colonic permeability.(9
興味深いことに、マスト細胞を欠損するマウスで実施された研究では、ストレスにより誘発される結腸透過性の変化にはマスト細胞が必須であることが指摘された。

Moreover, stress is suspected to be an important environmental factor in exacerbating inflammatory bowel disease.
さらに、ストレス反応は、炎症性腸疾患を悪化させる重要な環境因子であると疑われている。

Indeed, an impaired intestinal barrier function has been evidenced in ulcerative colitis (UC).(10
実際、潰瘍性大腸炎(UC)では、腸のバリア機能が障害されているというエビデンスがある。

In Crohn’s disease, an increased TJ permeability in response to a luminal stimulus has been observed in the noninflamed part of the ileum.(11
クローン病では、回腸の炎症が起きていない部分でも、管腔の刺激に応答してTJ透過性が増加することが観察されている。

Furthermore, a recent study performed in human tissue recovered from both Crohn’s disease and UC patients showed a significant down-regulation of TJ-associated proteins.(12
さらに、最近実施されたクローン病および潰瘍性大腸炎の患者から回収されたヒト組織で実施された研究では、TJ関連タンパク質の発現は明らかに減少していることが示された。

Accordingly, animal studies have revealed that stress could both enhance and facilitate the reactivation of hapten-induced colitis.(13,14
したがって、動物実験では、ストレス反応はハプテン誘発結腸炎の再活性化を高めるし促進もすることが明らかにされている。

Some studies also pointed out that alcohol-related liver damage in humans was related to the so-called leaky gut (i.e., increased intestinal permeability).(15
いくつかの研究では、アルコールに関連するヒト肝臓での障害はいわゆる腸漏れ(つまり腸の透過性の上昇)に関連すると指摘もされている。




Several in vitro studies indicated that cytokines are powerful modulators of paracellular permeability.
生体内での研究のいくつかは、サイトカインが強力な傍細胞透過性の調節因子であると示している。

Interleukin (IL)-4 and IL-13 cause increased epithelial permeability.(16
IL-4とIL-13は上皮細胞の透過性の上昇を引き起こす。

Similarly, interferon-γ (IFN-γ) increases paracellular permeability on cultured cell monolayers by reducing the messenger RNA (mRNA) levels of ZO-1 and occludin, 2 proteins of the TJ complex.(17,18
同様に、IFN-γは単層の培養細胞上で傍細胞の透過性を上昇させるが、それはZO-1とオクルディンというTJ複合体の2つのタンパク質のmRNA濃度の減少による。

Nonetheless, in cell line models increased permeability occurs days after IFN-γ exposure and, thus, probably requires protein synthesis and remodeling of the cytoskeleton.(19
それにもかかわらず、細胞系列モデルではIFN-γ曝露の数日後に透過性が上昇する。
ゆえに、おそらくタンパク質の合成と細胞骨格の再構成が必要である。

The aims of the present study were
この研究の目的

(1) to investigate the relationship between increased permeability related to stress exposure and the cytokine profile in colonic and hepatic tissues compared with the spleen;
一つ目は、ストレス曝露に関連した透過性の上昇と、脾臓と比較した結腸と肝臓の組織でのサイトカインのプロファイルの変化、それらの間の関係を調査することである。

(2) to elucidate the role of IFN-γ on stress-induced changes in TJ permeability;
ニつ目は、ストレスが誘発するTJ透過性の変化に対してIFN-γが果たす役割を明らかにすることである。

and (3) to evaluate the effects of a MLCK inhibitor on the liver injury observed under stressful conditions.
三つ目は、ストレス過多な状況下での肝臓障害に対するMLCK阻害剤の効果を評価することである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-02-14 10:39 | 翻訳  

<< 喫煙とタイトジャンクション01 ストレスとタイトジャンクション01 >>