喫煙とタイトジャンクション01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22611310

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3351767/

Side-stream smoking reduces intestinal inflammation and increases expression of tight junction proteins.
タバコの副流煙は腸の炎症を減少させ、タイトジャンクションのタンパク質発現を増加させる

Abstract
要約




Hui Wang, Jun-Xing Zhao, Nan Hu, Jun Ren, Min Du, and Mei-Jun Zhu
ホイ ワン、チュン-シン ツァオ、ナン フゥ、チュン レン、ミン トゥ、メイ-ジュン チュウ

Author information
著者情報

Hui Wang, Jun-Xing Zhao, Min Du, Mei-Jun Zhu
ホイ ワン、チュン-シン ツァオ、ミン トゥ、メイ-ジュン チュウ
Department of Animal Science, University of Wyoming, Laramie, WY 82071, United States
ワイオミング大学 動物科学科
アメリカ合衆国ワイオミング州82071 ララミー

Nan Hu, Jun Ren
ナン フゥ、チュン レン
School of Pharmacy, University of Wyoming, Laramie, WY 82071, United States
ワイオミング大学 薬学科
アメリカ合衆国ワイオミング州82071 ララミー

Author contributions: Wang H, Zhao J and Hu N performed the majority of experiments; Ren J, Du M and Zhu MJ designed the study and wrote the manuscript.
貢献内容
ホイ ワン、チュン-シン ツァオ、ナン フゥ
実験の大部分を実施
チュン レン、ミン トゥ、メイ-ジュン チュウ
研究のデザインと原稿の執筆

Correspondence to: Dr. Mei-Jun Zhu, Department of Animal Science, University of Wyoming, Laramie, WY 82071, United States. meijun@uwyo.edu
連絡先(責任者)
メイ-ジュン チュウ
ワイオミング大学 動物科学科
アメリカ合衆国ワイオミング州82071 ララミー



AIM:
目的

To investigate the effect of side-stream smoking on gut microflora composition, intestinal inflammation and expression of tight junction proteins.
腸の微生物フローラ構成、腸の炎症、タイトジャンクションタンパク質の発現について、副流煙の影響を調査した。



METHODS:
方法

C57BL/6 mice were exposed to side-stream cigarette smoking for one hour daily over eight weeks.
C57BL/6マウスをタバコの副流煙に1日1時間、8週間にわたって曝露させた。


Cecal contents were collected for microbial composition analysis.
微生物の構成を分析するために盲腸の内容物を集めた。

Large intestine was collected for immunoblotting and quantitative reverse transcriptase polymerase chain reaction analyses of the inflammatory pathway and tight junction proteins.
免疫ブロットと定量逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を使用して炎症経路とタイトジャンクションタンパク質の分析をするために大腸を集めた。



RESULTS:
結果

Side-stream smoking induced significant changes in the gut microbiota with increased mouse intestinal bacteria, Clostridium but decreased Firmicutes (Lactoccoci and Ruminococcus), Enterobacteriaceae family and Segmented filamentous baceteria compared to the control mice.
副流煙は腸の微生物相において明らかな変化を誘発した。
マウスの腸の細菌であるクロストリジウム属は増加したが、ファーミキューテス門(ラクトコッカス属とルミノコッカス属)、腸内細菌科、セグメント細菌はコントロール群と比較して減少した。

Meanwhile, side-stream smoking inhibited the nuclear factor-κB pathway with reduced phosphorylation of p65 and IκBα, accompanied with unchanged mRNA expression of tumor necrosis factor-α or interleukin-6.
一方で副流煙は、p65とIκBαのリン酸化を減少させて核因子κB(NF-κB)経路を阻害した。
それと同時に、TNF-αもしくはインターロイキン-6のmRNA発現は変化しなかった。

The contents of tight junction proteins, claudin3 and ZO-2 were up-regulated in the large intestine of mice exposed side-stream smoking.
タイトジャンクションタンパク質を構成するクローディン3とZO-2は、副流煙に曝露したマウスの大腸で発現が上昇した。

In addition, side-stream smoking increased c-Jun N-terminal kinase and p38 MAPK kinase signaling, while inhibiting AMP-activated protein kinase in the large intestine.
さらに、副流煙はc-JunのN末端キナーゼとp38MAPKキナーゼのシグナルを増加させたが、大腸のAMP活性化タンパク質キナーゼ(AMPK)は阻害した。



CONCLUSION:
結論

Side-stream smoking altered gut microflora composition and reduced the inflammatory response, which was associated with increased expression of tight junction proteins.
副流煙は腸の微生物フローラ構成を変え、炎症応答を減少させた。
それはタイトジャンクションタンパク質の発現上昇と関連していた。



Keywords: Inflammation, Microbiota, Tight junction protein, Side-stream smoking, Intestine
キーワード: 炎症、微生物相、タイトジャンクションタンパク質、副流煙、腸
[PR]

by travelair4000ext | 2013-02-18 23:38 | 翻訳  

<< 喫煙とタイトジャンクション02 ストレスとタイトジャンクション02 >>