喫煙とタイトジャンクション05

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3351767/#__sec15title

DISCUSSION
考察




Epidemiology studies have shown that smoking, including passive smoke inhalation, reduces the incidence of ulcerative colitis, which may be due to the reduction of epithelial permeability[44].
喫煙は潰瘍性大腸炎の発生を減少させることが疫学研究で示されており、受動喫煙も同様である。
それはおそらく、上皮の透過性が減少するためだろう。

Intestinal permeability was reduced in healthy smokers compared to the non-smokers[45,46].
非喫煙者と比べて、健康な喫煙者では腸の透過性が減少していた。



Mechanisms by which side-stream smoking improves intestinal tight junctions are not well understood.
副流煙が腸のタイトジャンクションを回復する仕組みは十分には理解されていない。

Previous studies suggest that activation of NF-κB signaling increases intestinal permeability[47].
以前の研究では、NF-κBシグナルの活性化が腸の透過性を増加させることが示唆されている。

In this study, we observed that the NF-κB signaling was down-regulated in mice exposed to side-stream smoking.
我々の研究では、副流煙に曝露したマウスでNF-κBシグナルは弱められたように見えた。

This indicates that side-stream smoking negatively regulates NF-κB signaling which might be a contributing factor to the reduction of intestinal permeability.
このことが示すのは、副流煙はNF-κBシグナルを弱める方へ調節し、腸の透過性減少に貢献する要因になるかもしれないということである。

We also observed that side-stream smoking increased Claudin3 and ZO-2 content without affecting Occludin and ZO-1.
我々はさらに、副流煙がオクルディンとZO-1には影響せず、クローディン3とZO-2の量を増加させたことを観察した。

In summary, our data revealed that side-stream smoking up-regulated the expression of tight junction proteins and inhibited NF-κB signaling, which may be responsible for the preventive effect of smoking on ulcerative colitis.
データから明らかになったことを要約すると、副流煙はタイトジャンクションのタンパク質発現を上昇させ、NF-κBシグナルを阻害した。
喫煙に潰瘍性大腸炎を阻止する効果があるのは、そのおかげなのかもしれない。



Smoking generates reactive oxygen species and nitrogen species in blood, resulting in oxidative stress[48-50].
喫煙は血中に活性酸素種と活性窒素種を産生する。
その結果として酸化ストレスに至る。

In this study, we also observed that oxidative stress related enzymes such as xanthine oxidase and superoxide dismutase 1 were altered in the large intestine due to side-stream smoking.
今回の研究で我々はマウスの大腸において、キサンチンオキシダーゼやスーパーオキシドディスムターゼ1のような酵素に関連した酸化ストレスが、副流煙が原因となって変化したことも観察した。

Consistent with altered oxidative stress, two pivotal stress signaling mediators, the activation of JNK and p38 signaling were enhanced in the large intestine of mice exposed to side stream smoking.
このような酸化ストレスの変化は、JNKとp38の活性化が副流煙に曝露したマウスの大腸で高まったことと一致する。
二つは極めて重要な、ストレス反応シグナルのメディエーターである。

Previously, it was reported that oxidative stress related signaling promotes tight junction protein claudin1 expression in hepatocytes and Sertoli cells[51,52].
以前、酸化ストレスに関連するシグナル(p38)が、肝細胞とセルトリ細胞でタイトジャンクションタンパク質であるクローディン1の発現を促進することが報告された。

※Sertoli cell: セルトリ細胞。精子を形成する曲精細管の基底部に存在し、精子細胞の支持や保護、栄養などに関与する



A recent published study in gut epithelial cells shows that AMPK is related to the impairment of tight junction and barrier properties of gut induced by inflammation[53].
最近公表された腸上皮細胞の研究では、炎症により誘発されるタイトジャンクションと腸バリア能力の障害にはAMPKが関与することが示されている。

Our data showed that AMPK activity was dramatically inhibited in the gut tissue of side-stream smoking mice, which may provide an additional mechanism for the association between passive smoking and gut epithelial barrier function.
我々のデータは副流煙マウスの腸組織でAMPK活性の著しい阻害を示したが、それは受動喫煙と腸上皮バリア機能の関連性に新たなメカニズムを提供するかもしれない。



Furthermore, we found that microflora were altered due to the side-stream smoking.
さらに、我々は副流煙により微生物フローラが変化したことを発見した。

The “microflora hypothesis” suggests that gut microflora composition plays an important role in the immunological response of the gut[29].
「微生物フローラ仮説」によれば、腸の微生物フローラ構成は腸の免疫応答において重要な役割を演じると提案されている。

Up to now, there have been no published studies assessing changes in gut microflora due to smoking.
これまで、喫煙により腸の微生物フローラが変化するかを調査した研究はなかった。

Our data showed that exposure to side-stream smoking altered the composition of cecal microflora, reducing Firmicutes and Enterobacteriaceae.
我々のデータでは、副流煙への曝露は盲腸の微生物フローラの構成を変化させ、特にファーミキューテス門と腸内細菌科を減少させることが示された。

Both Firmicutes and Enterobacteriaceae belong to a group of bacteria contributing to fermentation and nutrient intake.
ファーミキューテス門と腸内細菌科はどちらも、発酵と栄養摂取に貢献する細菌のグループに所属する。

※Firmicutes: ファーミキューテス門。グラム陽性、低GCが特徴。クロストリジウム綱(クロストリジウム属、ルミノコッカス属)、バシラス綱(ラクトコッカス属)など

※Enterobacteriaceae: 腸内細菌科。グラム陰性桿菌、好気性または通性嫌気性、非胞子形成。硝酸塩を亜硝酸塩に還元、グルコースを発酵して酸または酸とガスを生成する。大腸菌が属するエシェキリア属、サルモネラ属など

Lactoccoci and other lactic acid bacteria are known to have anti-inflammatory effects[30-34].
ラクトコッカス属と他の乳酸菌には抗炎症作用があることが知られている。

The dramatic reduction of Lactoccoci in side-stream smoking mice indicates that Lactoccoci might not be responsible for the reduced inflammation in the gut of side-stream smoking mice.
副流煙マウスでのラクトコッカス属の著しい減少は、ラクトコッカス属は副流煙マウスの腸での炎症低下の原因ではないかもしれないことを示している。

The reason for the reduction of Lactoccoci in cecal microflora due to smoking is unclear, but might be related to oxidative stress.
喫煙により盲腸の微生物フローラにおいてラクトコッカス属が減少した理由は不明だが、おそらく酸化ストレスが関連しているかもしれない。

Many Lactoccoci lack catalase and are sensitive to oxidative stress[54], which may render them less competitive in the oxidative environment induced by smoking.
多くのラクトコッカス属はカタラーゼを欠いており、酸化ストレスに敏感である。
それがおそらく喫煙により引き起こされる酸化的環境において、彼らの競争力を低下させているのだろう。

※catalase: カタラーゼ。過酸化水素の分解を触媒する酵素。2 H2O2=O2 + 2 H2O

We also observed that MIB was increased while SFB was decreased in smoking mice.
また、喫煙マウスにおいてマウス腸細菌(MIB)が増加した一方で、セグメント細菌(SFB)の減少も観察された。

Because SFB is known to have important roles in maturation of the gut immune system, its reduction in smoking mice could be associated with the adverse effect of smoking on Crohn’s disease[55].
SFBは腸の免疫システムの成熟に重要な役割を果たすことが知られている。
喫煙はクローン病に有害な影響を与えるが、SFBが喫煙マウスで減少することはそれと関連している可能性がある。

MIB refers to a group of bacteria called Cytophaga-Flavobacter-Bacteroides phylum[56], and their abundance in the gut is known to be altered by environmental factors[57].
MIBはサイトファーガ・フラボバクテリウム・バクテロイデス門と呼ばれる細菌のグループに属している。
それらの腸での量は、環境因子により変化することが知られている。

※Cytophaga-Flavobacter-Bacteroides phylum (CFB): バクテロイデス門(Bacteroidetes)とも。グラム陰性菌の一群で、腸内細菌の大半を占める

The biological effect of MIB alteration due to smoking is unclear.
喫煙によるMIBの変化が与える生物学的な影響は不明である。



In conclusion, data from our present study demonstrated that exposure to side-stream smoking inhibited mucosal inflammation and enhanced the expression of tight junction proteins in the large intestine.
結論として、副流煙は粘膜の炎症を抑制し、大腸のタイトジャンクションタンパク質の発現を促進したことが我々の研究データから明らかになった。

Further, side-stream smoking increased oxidative stress and altered gut microflora composition.
さらに、副流煙は酸化ストレスを増加させ、腸の微生物フローラ構成を変化させた。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-02-25 17:14 | 翻訳  

<< 喫煙とタイトジャンクション06 喫煙とタイトジャンクション04 >>