代謝性エンドトキシン血症01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17456850

http://diabetes.diabetesjournals.org/content/56/7/1761.long

Metabolic endotoxemia initiates obesity and insulin resistance.
代謝性エンドトキシン血症は、肥満とインスリン抵抗性を引き起こす

Abstract
要旨




Patrice D. Cani(1(2,
パトリス D カニ

Jacques Amar(3,
ジャック アマール

Miguel Angel Iglesias(1,
ミゲル アンヘル イグレシアス

Marjorie Poggi(4,
マージョリー ポッジ

Claude Knauf(1,
クロード クナウフ

Delphine Bastelica(4,
デルフィーヌ バステリカ

Audrey M. Neyrinck(2,
オードリー M. ネハンキ

Francesca Fava(5,
フランチェスカ ファヴァ

Kieran M. Tuohy(5,
キーラン M. テューイ

Chantal Chabo(1,
シャンタル シャボ

Aurelie Waget(1,
ウィリ ウィジェ

Evelyne Delmee(2,
イブリン デルミ

Beatrice Cousin(6,
ベアトリス クザン

Thierry Sulpice(7,
ティエリー シュルピス

Bernard Chamontin(3,
ベルナルト シャムンタン

Jean Ferrieres(3,
ジャン フェリエール

Jean-Fransois Tanti(8,
ジャン フランソワ タンチ

Glenn R. Gibson(5,
グレン R. ギブソン

Louis Casteilla(6,
ルイ カステヤ

Nathalie M. Delzenne(2,
ナタリー M. デルゼン

Marie Christine Alessi(4
マリー クリスティーヌ アレッシ

and Remy Burcelin(1.
レミ ブセリン



Author Affiliations
著者所属

1.Institute of Molecular Medicine, I2MR Toulouse, France
分子医学研究所、I2MR トゥールーズ、フランス

2.Unite Pharmacokinetics, Metabolism, Nutrition, and Toxicology-73/69, Universite catholique de Louvain, Brussels, Belgium
薬物動態、代謝、栄養、毒物学ユニット-73/69、ルーヴァンカトリック大学、ブリュッセル、ベルギー

3.Institut National de la Sante et de la Recherche Medicale (INSERM) 558, Toulouse, France
国立保健医学研究所(INSERM) 558、トゥールーズ、フランス

4.INSERM U 626, Marseille, France
国立保健医学研究所 U 626、マルセイユ、フランス

5.Food Microbial Sciences Unit, Department of Food Biosciences, University of Reading, Reading, U.K
食品微生物学ユニット、食品バイオサイエンス学部、レディング大学、レディング、イギリス

6.Unite Mixte de Recherche 5241, Centre National de la Recherche Scientifique, Universite Paul Sabatier, Toulouse, France
総合研究部 5241、科学研究ナショナルセンター、ポールサバティエ大学、トゥールーズ、フランス

7.Physiogenex S.A.S., Labege Innopole, France
フィジオジェネクスS.A.S研究所、ラベージュ イノポール、フランス

8.INSERM U 568, Nice, France
国立保健医学研究所 U 568、ニース、フランス



Diabetes and obesity are two metabolic diseases characterized by insulin resistance and a low-grade inflammation.
糖尿病と肥満は、インスリン抵抗性と軽度の炎症を特徴とする代謝性疾患である。


Seeking an inflammatory factor causative of the onset of insulin resistance, obesity, and diabetes, we have identified bacterial lipopolysaccharide (LPS) as a triggering factor.
我々はインスリン抵抗性と肥満、そして糖尿病を発症を引き起こす炎症面での原因を追求し、その要因として細菌のリポ多糖(LPS)を同定した。

We found that normal endotoxemia increased or decreased during the fed or fasted state, respectively, on a nutritional basis and that a 4-week high-fat diet chronically increased plasma LPS concentration two to three times, a threshold that we have defined as metabolic endotoxemia.
通常のエンドトキシン血症では、血清中のLPS濃度は摂食すると増加し、絶食すると減少するが、4週間の高脂肪食では血漿中のLPS濃度が2倍から3倍まで慢性的に増加することが判明した。
我々はこのような慢性的なLPS増加を「代謝性エンドトキシン血症」と定義した。

※endotoxemia: エンドトキシン血症。血中にエンドトキシン(内毒素)が検出される状態

Importantly, a high-fat diet increased the proportion of an LPS-containing microbiota in the gut.
重要なことは、高脂肪食が腸においてLPSを持つ微生物の割合を増加させるということである。

When metabolic endotoxemia was induced for 4 weeks in mice through continuous subcutaneous infusion of LPS, fasted glycemia and insulinemia and whole-body, liver, and adipose tissue weight gain were increased to a similar extent as in high-fat-fed mice.
マウスに継続的に4週間、皮下へLPSを投与することで代謝性エンドトキシン血症を誘導すると、空腹時高血糖とインスリン血症、加えて全身、肝臓、脂肪組織の重量増が、高脂肪食のマウスと同程度に増加した。

In addition, adipose tissue F4/80-positive cells and markers of inflammation, and liver triglyceride content, were increased.
加えて、脂肪組織のF4/80陽性細胞と炎症マーカー、そして肝臓の中性脂肪量も増加した。

Furthermore, liver, but not whole-body, insulin resistance was detected in LPS-infused mice.
さらに、LPSを注入したマウスでは、全身ではなく肝臓でインスリン抵抗性が検出された。

CD14 mutant mice resisted most of the LPS and high-fat diet-induced features of metabolic diseases.
CD14が変異したマウスは、LPS投与と高脂肪食により誘導される代謝性疾患の特徴のほとんどに抵抗した。

This new finding demonstrates that metabolic endotoxemia dysregulates the inflammatory tone and triggers body weight gain and diabetes.
この新しい発見により、代謝性エンドトキシン血症は炎症の制御を破綻させ、体重の増加と糖尿病を引き起こすことが明らかになった。

※tone: 調子、音色、口調、雰囲気、基調、傾向。身体や組織の正常な状態。刺激に対する正常な感受性

We conclude that the LPS/CD14 system sets the tone of insulin sensitivity and the onset of diabetes and obesity.
LPS/CD14系はインスリン感受性の状態と、糖尿病と肥満の発症を調節する、というのが我々の結論である。

Lowering plasma LPS concentration could be a potent strategy for the control of metabolic diseases.
血漿中のLPS濃度を低下させることは、代謝性疾患の制御にとって強力な戦略となるだろう。



IKK, inhibitor of κB kinase
転写因子NFκBのインヒビターを活性化するキナーゼ

IL, interleukin
インターロイキン

LPS, lipopolysaccharide
リポ多糖

PAI, plasminogen activator inhibitor
プラスミノーゲン活性化抑制因子

TLR4, toll-like receptor 4
toll様受容体4

TNF, tumor necrosis factor
腫瘍壊死因子
[PR]

by travelair4000ext | 2013-03-06 06:07 | 翻訳  

<< 代謝性エンドトキシン血症02 喫煙とタイトジャンクション06 >>