代謝性エンドトキシン血症10

代謝性エンドトキシン血症について、日本語の文献もあるので紹介します。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim/24/3/24_3_193/_article/-char/ja/
腸内細菌学雑誌 24: 193–201,2010
「メタボリックシンドロームと腸内細菌叢 (園山慶,北海道大学大学院農学研究院)」

http://syodokukai.exblog.jp/13733410
一人抄読会 2011-06-07
「腸内細菌叢と肥満、メタボリックシンドローム」



それと糖尿病とは関係ありませんが、LPSのようなTLRリガンドはマスト細胞を活性化するという報告があります。
花粉症の方は、脂質を全エネルギーの2割程度に抑えた方がいいかもしれません。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22581748
Lipopolysaccharide enhances FcεRI-mediated mast cell degranulation by increasing Ca2+ entry through store-operated Ca2+ channels: implications for lipopolysaccharide exacerbating allergic asthma.
「LPSはストア作動型Ca2+チャネルによるCa2+エントリーを増加させ、FcεRIを介するマスト細胞の脱顆粒を促進する: アレルギー性喘息の悪化にLPSが関与」

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22916277
FcεR1-mediated mast cell reactivity is amplified through prolonged Toll-like receptor-ligand treatment.
「FcεRIを介するマスト細胞の反応性は、持続的なTLRリガンド処理により増幅される」
[PR]

by travelair4000ext | 2013-03-27 15:30 | 翻訳  

<< 乳製品と糖尿病01 代謝性エンドトキシン血症09 >>