乳製品と糖尿病01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22442749

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3310004/

Leucine signaling in the pathogenesis of type 2 diabetes and obesity
2型糖尿病と肥満の病理発生におけるロイシンシグナル

Abstract
要旨




Bodo C Melnik
ボード C メルニック

Department of Dermatology, Environmental Medicine and Health Theory, University of Osnabruck, D-49090 Osnabruck, Germany
皮膚科、環境による医学と健康の理論、オスナブリュック大学、ドイツ郵便番号(D-)49090 オスナブリュック、ドイツ



Epidemiological evidence points to increased dairy and meat consumption, staples of the Western diet, as major risk factors for the development of type 2 diabetes (T2D).
疫学的なエビデンスは、乳製品と肉の消費の増加が2型糖尿病 (T2D) の発症にとって重要なリスク要因であることを示している。
それらは西洋的な食事の中心である。

This paper presents a new concept and comprehensive review of leucine-mediated cell signaling explaining the pathogenesis of T2D and obesity by leucine-induced over-stimulation of mammalian target of rapamycin complex 1 (mTORC1).
この論文は、ロイシンが介在する細胞シグナル伝達についての新しい概念と包括的レビューを示す。
ロイシンは哺乳類ラパマイシン標的タンパク質複合体1 (mTORC1) を過剰に刺激することにより、2型糖尿病と肥満を引き起こすことを説明する。

mTORC1, a pivotal nutrient-sensitive kinase, promotes growth and cell proliferation in response to glucose, energy, growth factors and amino acids.
mTORC1はきわめて重要な栄養センサー・キナーゼであり、グルコースやエネルギー、成長因子、アミノ酸に反応して成長と細胞の増殖を促進する。

Dairy proteins and meat stimulate insulin/insulin-like growth factor 1 signaling and provide high amounts of leucine, a primary and independent stimulator for mTORC1 activation.
乳製品のタンパク質と肉はインスリンおよびインスリン様成長因子1のシグナルを刺激し、そして大量のロイシンを供給する。
ロイシンはmTORC1を活性化する、最も重要で独立した刺激因子である。

The downstream target of mTORC1, the kinase S6K1, induces insulin resistance by phosphorylation of insulin receptor substrate-1, thereby increasing the metabolic burden of β-cells.
mTORC1の下流となる標的にはキナーゼのS6K1があり、インスリン受容体基質-1のリン酸化によりインスリン抵抗性を引き起こす。
そのため、β細胞の代謝的負荷を増加させる。

Moreover, leucine-mediated mTORC1-S6K1-signaling plays an important role in adipogenesis, thus increasing the risk of obesity-mediated insulin resistance.
さらに、ロイシンが介するmTORC1-S6K1シグナルは脂質の生成において主要な役割を演じる。
ゆえに、肥満によるインスリン抵抗性のリスクも増す。

High consumption of leucine-rich proteins explains exaggerated mTORC1-dependent insulin secretion, increased β-cell growth and β-cell proliferation promoting an early onset of replicative β-cell senescence with subsequent β-cell apoptosis.
ロイシンが豊富なタンパク質の消費量の多さは、mTORC1依存的なインスリン分泌の異常な増加と、β細胞の成長と増殖の上昇を説明する。
複製によりβ細胞は早く老化していき、アポトーシスが促進される。

※senescence: 老化。ラテン語のsenexより。senior 「年上の、先輩の、格上の。高齢者の」

Disturbances of β-cell mass regulation with increased β-cell proliferation and apoptosis as well as insulin resistance are hallmarks of T2D, which are all associated with hyperactivation of mTORC1.
β細胞の増殖とアポトーシスが増加し、β細胞の重さの調節が障害されていることは、インスリン抵抗性と同じく2型糖尿病の特徴である。
それらは全てmTORC1の過剰な活性化と関連している。



In contrast, the anti-diabetic drug metformin antagonizes leucine-mediated mTORC1 signaling.
それに反して、糖尿病治療薬のメトホルミンはロイシンが引き起こすmTORC1シグナルと拮抗する。

Plant-derived polyphenols and flavonoids are identified as natural inhibitors of mTORC1 and exert anti-diabetic and anti-obesity effects.
植物由来のポリフェノールとフラボノイドがmTORC1の自然の拮抗剤として同定され、糖尿病と肥満に対抗する力を発揮する。

Furthermore, bariatric surgery in obesity reduces increased plasma levels of leucine and other branched-chain amino acids.
さらに、肥満ではロイシンと他の分岐鎖アミノ酸の血漿濃度が増加しているが、肥満学的な外科手術によりそれらは減少する。

Attenuation of leucine-mediated mTORC1 signaling by defining appropriate upper limits of the daily intake of leucine-rich animal and dairy proteins may offer a great chance for the prevention of T2D and obesity, as well as other epidemic diseases of civilization with increased mTORC1 signaling, especially cancer and neurodegenerative diseases, which are frequently associated with T2D.
ロイシンが豊富な動物の肉と乳製品のタンパク質は、その毎日の適切な上限量を決めることでロイシン-mTORC1シグナルが減少する。
そうすることで、2型糖尿病と肥満を防ぐ大きなチャンスが約束されるだろう。
そして、他の疫学的に文明病とされているmTORC1シグナルの増加を伴う疾患、特に癌と神経変性疾患もである。
それらはしばしば2型糖尿病と関連している。

※neurodegenerative diseases, which are frequently associated with T2D: 糖尿病と神経変性を特徴とする遺伝子疾患も存在する (ウォルフラム症候群)
[PR]

by travelair4000ext | 2013-04-03 11:26 | 翻訳  

<< 乳製品と糖尿病02 代謝性エンドトキシン血症10 >>