乳製品と糖尿病12

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3310004/#__sec21title

CONCLUSION
結論




Accumulating evidence supports the role of increased leucine-driven mTORC1 signaling in the pathogenesis of T2D.
ロイシン摂取の増加により駆り立てられるmTORC1シグナルが、2型糖尿病の発症原因に一定の役割を果たす。
それを支持する証拠が蓄積しつつある。

Amino acids, especially leucine, significantly stimulate mTORC1 activity.
アミノ酸、特にロイシンは、mTORC1活性を著しく刺激する。

Besides high fat and high glucose, critical attention has to be paid to the daily intake of animal proteins, especially leucine-rich meat and dairy proteins.
高脂肪と高糖質に加えて、動物性タンパク質、特にロイシンの豊富な肉と乳製品のタンパク質を毎日摂取することが非常に注目されるようになってきている。

The anti-diabetic and cancer protective effects of metformin may be related to metformin’s antagonistic effect on leucine-mediated mTORC1 activation.
メトホルミンの抗糖尿病および癌予防効果は、ロイシンによるmTORC1活性化に対してメトホルミンが拮抗する作用に関連している可能性がある。

※antagonistic: 拮抗性の。agonist 「アゴニスト、作用薬、作動薬」

Diabetes-preventive effects of plant-derived polyphenols and flavonoids may depend on their ability to attenuate mTORC1 signaling.
植物由来のポリフェノールとフラボノイドによる糖尿病を予防する作用は、そのmTORC1シグナルを弱める能力に依存しているのかもしれない。

Moreover, the therapeutic effects of bariatric surgery in obesity and T2D may be causally related to reduction of BCAA levels and mitigated leucine-driven mTORC1 activation.
さらに、肥満と2型糖尿病における肥満学的外科手術の治療効果は、BCAA濃度の減少に原因的に関与し、ロイシンが駆り立てるmTORC1活性化を緩和するだろう。

The excessive consumption of cheese, a protein preparation conserving the potent endocrine signaling system of Bos taurus, increased sixfold in Germany and other countries consuming a Western diet.
チーズはウシの強力な内分泌シグナルシステムを保存したままタンパク質を調理したものだが、その過剰な消費はドイツや他の西洋食を消費する国々において6倍に増加している。

※Bos taurus: Bos 「ウシ属」。B.taurus で家畜用のウシを指す

Predominantly high meat and dairy intakes have additive effects on the net increase of leucine uptake per capita, which is still rising.
肉と乳製品を大量に摂取することが広く行き渡り、一人一人が取り込む正味のロイシンの量を増加させる。
そしてそれは今もなお増え続けている。

※intake (摂取), uptake (生体による取込み)

Excessive leucine signaling towards mTORC1 may thus be the overlooked environmental risk factor promoting increased β-cell proliferation and insulin secretion, leading to accelerated early β-cell senescence and apoptosis, which finally results in secretory deficiency of β-cells.
ロイシンからmTORC1への過剰なシグナル伝達は、したがって、周囲にありながら見落とされてきたリスク要因なのかもしれない。
このシグナルはβ細胞の増殖とインスリンの分泌の増加を促進するため、β細胞は早くから老化し、アポトーシス (プログラム細胞死) へとつながる。
最終的にβ細胞からの分泌は不足するという結果になる。

Unfortunately, in Westernized countries, exaggerated leucine-mediated stimulation of β-cell mTORC1 starts during pregnancy by high leucine-intake of the pregnant woman and continues at the beginning of postnatal life when infants are fed cow milk-based infant formula, providing excessive amounts of leucine compared to human breast milk.
不幸なことに、西洋化された国々ではロイシンによるβ細胞のmTORC1刺激は激しさを増し、その刺激は妊婦の高ロイシン食によって妊娠の間に始まる。
牛乳ベースの人工乳を与えられる乳児では生まれてすぐにそれが続き、母乳と比較してロイシンを過剰に供給する。






The presented leucine/mTORC1-concept of T2D is in accordance with recent epidemiological and biochemical data and needs to be validated by leucine-restricted placebo-controlled intervention studies.
ここで提案する2型糖尿病のロイシン/mTORC1コンセプトは最近の疫学的データおよび生化学的データと一致しているが、ロイシンを制限したプラセボ対照介入試験によって実証される必要がある。

Future dietary strategies have to consider an adequate balance of average daily leucine uptake to meet signaling requirements for optimized conditions of pancreatic β-cell homeostasis.
将来の食事戦略は、毎日の平均的なロイシン取込み量の適切なバランスを考慮する必要がある。
それは膵臓β細胞の恒常性を最適な状態に維持するために必要なシグナル量を満たすものだ。

Infant formula should not exceed the physiological daily amounts of leucine provided by human breast milk.
乳児用ミルクは、ヒトの母乳によって与えられる1日あたりの生理的なロイシンの量を超えるべきではない。

In general, lower leucine levels are only reached by restriction of animal proteins.
一般的に、より低いロイシンの濃度は動物性タンパク質を制限することによってしか達成されない。

Current recommendations to further increase the daily protein intake “to provide some benefit in managing chronic diseases” such as obesity and T2D have to be challenged with respect to their potential long-term adverse effects of exaggerated mTORC1 signaling.
現在 「肥満や2型糖尿病のような慢性疾患の管理において何らかの利益がある」 として、毎日さらにタンパク質をたくさん摂取するように推奨されているが、それは疑わなければならない。
mTORC1シグナルの肥大化は、潜在的に、長期間にわたって、副作用を及ぼすからだ。

※challenge: <人に>挑戦する。<物事の>事実や正当性などを疑う

The functional role of leucine in regulating mTORC1 activity clearly favors a reduction of total protein intake to levels between 8% and 12%, as suggested by T. Colin Campbell (Cornell University) in the ongoing protein debate.
mTORC1活性の調節におけるロイシンの機能的な役割は、タンパク質の総摂取量を8パーセントから12パーセントの間に減らすことを明らかに推奨している。
このことは、タンパク質に関して進行中の議論においてニューヨーク・コーネル大学のT・コリン・キャンベルによって提案されている。

However, the question “How much protein is needed?” will not satisfactorily characterize the effects of protein-mediated signaling.
しかし、「タンパク質はどれくらい必要なのか?」という質問は、タンパク質によるシグナル伝達の影響を十分には言い表さないだろう。

More importantly, we have to consider “How much leucine intake is appropriate to maintain long-term mTORC1-regulated β-cell homeostasis?”
さらに重要なこととして、我々はこのように考えるべきである。
「mTORC1によって調節されるβ細胞の恒常性を長期にわたって維持するためには、どれくらいのロイシン摂取量が適切なのか?」

An adequate regulation of leucine uptake by limiting the amount of animal protein/leucine intake and the implementation of more plant and fruit consumption, as accomplished by traditional Chinese diet, will provide a rational and most powerful tool for the prevention of T2D, obesity and other mTORC1-driven diseases of civilization like cancer and neurodegenerative diseases.
動物性タンパク質/ロイシン摂取の総量を制限し、より多くの野菜と果物の摂取を実行してロイシン取込みを適切に調節することは、伝統的な中国食により達成される。
そのようなロイシンの調節は、2型糖尿病と肥満、そして癌や神経変性疾患のようなmTORC1が関与する「文明病」を予防するための、合理的で、そして最も強力な手段を提供するだろう。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-05-08 18:06 | 翻訳  

<< 乳製品と糖尿病13 乳製品と糖尿病11 >>