にきびが必ず治る薬03

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3219165/

FoxO-Transcription Factors
FoxO転写因子




Forkhead box O (FoxO) transcription factors FoxO1, FoxO3a, FoxO4 and FoxO6 are important regulatory proteins that modulate the expression of genes involved in cell cycle control, DNA damage repair, apoptosis, oxidative stress, cell differentiation, glucose metabolism, inflammation, immune functions and regulation of stem cell homeostasis.14-19
フォークヘッド転写因子クラスO (FoxO) のFoxO1、FoxO3a、FoxO4、そしてFoxO6は、遺伝子の発現を調整する重要な調節タンパク質である。
その遺伝子発現への関与は、細胞周期の制御、DNAダメージの修復、アポトーシス、酸化ストレス、細胞分化、グルコース代謝、炎症、免疫機能、そして幹細胞の恒常性の調節にまで及ぶ。

FoxO1 represents the predominant FoxO isoform.
FoxO1は、FoxOアイソフォームの中でも大勢を占める代表的存在である。

※isoform: アイソフォーム。アミノ酸配列は一部異なるが、同じ生理活性を示す

FoxO1 and FoxO3a are proteins with a length of about 650 amino acids.
FocO1とFoxO3aは長さが約650のアミノ酸から構成されるタンパク質である。

FoxOs contain a conserved DNA binding domain and either activate or inhibit the transcription of target genes containing a consensus DNA binding sequence TTG TTT AC.14,19
FoxOはよく保存されたDNA結合ドメインを持ち、コンセンサス配列として「TTG TTT AC」を持つような標的遺伝子のDNAに結合して、転写を活性化するか阻害する。


Furthermore, FoxO proteins can interact with several other transcription factors like androgen receptor (AR) or β-catenin, therby modifying gene regulation.
さらに、FoxOタンパク質はアンドロゲン受容体 (AR) やβ-カテニンのようないくつかの他の転写因子と相互作用することができ、それにより遺伝子調節を調整する。

Central to the regulation of FoxO transcription factors is a shuttling system, which confines FoxO factors to either the nucleus or the cytosol (Fig. 1).14,15
FoxO転写因子による調節の中心は「往復システム」である。
それによりFoxO因子は、核内、または細胞質のどちらかへと閉じ込められる (Fig. 1)。


Among other involved and less important kinases, shuttling of FoxOs requires protein phosphorylation of nuclear FoxOs by phosphoinositol-3-kinase (PI3K)-mediated activation of the serine/threonine kinase Akt (also known as protein kinase B, PKB).11-14
FoxOの往復には、核内にあるFoxOのタンパク質リン酸化を必要とする。
それに関与するキナーゼの中でも特に、ホスホイノシトール-3-キナーゼ (PI3K) によるセリン/スレオニンキナーゼAkt (プロテインキナーゼB, PKB) の活性化と、それによるリン酸化が重要である。

Activated (phosphorylated) Akt translocates into the nucleus for FoxO phosphorylation.
活性化した (リン酸化した) Aktは核内に移動し、FoxOをリン酸化する。

Phosphorylated FoxOs leave the nucleus, thereby changing gene regulation (Fig. 1).
リン酸化されたFoxOたちは核を離れ、それにより遺伝子の調節を変化させる (Fig. 1)。

Dysregulation of FoxO1 and its nuclear export by insulin, IGF-1, fibroblast growth factors (FGFs) or other growth factors modifying the activation of PI3K/Akt affect the transcriptional activity of key target genes and nuclear receptors involved in acne pathogenesis.
インスリンやIGF-1、線維芽細胞成長因子 (FGF) またはその他の成長因子は、PI3K/Aktの活性化を変化させ、FoxO1は核から輸送されて調節は消失する。
このことは、にきびの病理発生に関与する重要な標的遺伝子の転写活性と核内受容体に影響する。

Increased growth factor signaling is an endocrinological hallmark of puberty as well as insulinotropic western nutrition with increased consumption of milk and other insulinotropic dairy products and carbohydrates with high glycemic index.20-23
成長因子シグナルの増加は思春期の内分泌学的な特徴であるが、もちろんインスリンを過剰に分泌させる西洋的な栄養摂取の特徴でもある。
西洋食では牛乳の消費が増加し、インスリンを過剰に分泌させる他の乳製品と、高いグリセミック指数の炭水化物が多いのである。



Figure 1

(A)
Nuclear exclusion of FoxO proteins into the cytoplasm by growth factor signaling due to Akt kinase-mediated phosphorylation of nuclear FoxO proteins.
成長因子シグナルがAktキナーゼによる核内FoxOタンパク質のリン酸化を引き起こし、FoxOタンパク質は核から細胞質へ排除される。

(B)
Isotretinoin-mediated upregulation of FoxO expression as a secondary response of proapoptotic RAR-signaling.
アポトーシス促進的なRARシグナル伝達の二次応答として、イソトレチノインによるFoxO発現が促進される。

FoxO-regulated genes are switched on.
FoxOによる遺伝子調節のスイッチが入る。



IGF-1, insulin-like growth factor-1;
インスリン様成長因子-1

FGFs, fibroblast growth factors;
線維芽細胞成長因子

PI3K, phosphoinositol-3 kinase;
ホスホイノシトール-3キナーゼ

※phosphoinositol-3 kinase: phosphoinositide-3 kinaseとも。-ideは化合物を表す名詞をつくる (oxideから)

Akt, Akt kinase (protein kinase B);
Aktキナーゼ (プロテインキナーゼB)

FoxO, forkhead box class O transcription factor;
フォークヘッド転写因子クラスO

isomerization
異性化

ATRA, all-trans-retinoic acid;
オールトランスレチノイン酸

CRABP2, cellular retinoic acid binding protein-2;
細胞内レチノイン酸結合タンパク質-2

RAR, retinoic acid receptor.
レチノイン酸受容体

[PR]

by travelair4000ext | 2013-06-06 08:25 | 翻訳  

<< にきびが必ず治る薬04 にきびが必ず治る薬02 >>