にきびが必ず治る薬09

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3219165/#__sec9title

Isotretinoin, FoxO1 and the Regulation of Cell Proliferation and Apoptosis
イソトレチノインとFoxO1、細胞増殖とアポトーシスの調節




Isotretinoin has been found to be superior to other non-aromatic retinoids, such as tretinoin and alitretinoin, in reducing sebocyte proliferation and suppressing sebum production.74
イソトレチノインは、ほかの非-芳香族レチノイド (トレチノインやアリトレチノイン) よりも皮脂細胞増殖および皮脂産生を抑制させる効果が上であることが判明している。

isotretinoin (13-cis-retinoic acid): イソトレチノイン

tretinoin (all-trans-retinoic acid): トレチノイン。オールトランスレチノイン酸 (ATRA)

alitretinoin (9-cis-retinoic acid): アリトレチノイン。ali-「翼」

※aromatic retinoid: 芳香族レチノイド。tamibarotene (タミバロテン) など

This superior effect of isotretinoin has been attributed to the delayed initiation of retinoid inactivation under incubation of sebocytes with isotretinoin, a fact that leads to high intracellular ATRA concentrations.
皮脂細胞をイソトレチノインとともに培養すると、不活性化が始まるのは他の薬剤よりも遅れるため、細胞内のATRA濃度を高めることにつながる。
イソトレチノインの優れた効果は、そのおかげであると考えられている。

In contrast, incubation with ATRA leads to rapid enhancement of cellular retinoic acid binding protein-2 (CRABP-2) expression, which reduces the free intracellular concentration of ATRA through promotion of its metabolism by cytochrome P450 enzymes, and by induction of CYP1A1 expression, a major xenobiotic metabolizing enzyme, in cultured sebocytes.5
それとは対照的に、ATRAとともに培養すると、皮脂細胞内では細胞内レチノイン酸結合タンパク質-2 (CRABP-2) の発現が急速に高まって細胞内の遊離ATRA濃度は減少したが、それにはシトクロムP450酵素による代謝の促進が関与していた。
P450の中でも特に、主要な異物代謝酵素であるCYP1A1の発現が誘導されたことによる。



The antiproliferative activity of retinoids on human sebocytes and rat preputial sebocyte-like cells in vitro was found to be mediated by RAR.5,75
レチノイドがヒト皮脂細胞およびマウス包皮皮脂様細胞の増殖をin vitroで抑制する効果は、RARによって介在されることが判明している。

Isotretinoin exerts a dose- and time-dependent antiproliferative effect on SEB-1 sebocytes and immortalized SZ95 sebocytes.5,55,76,77
イソトレチノインはSEB-1皮脂細胞と不死化したSZ95皮脂細胞に対して、用量依存的かつ時間依存的に増殖を抑制する効果を発揮する。

A portion of this decrease was attributed to cell cycle arrest at the G1/S phase of the cell cycle, as evidenced by decreased DNA synthesis, increased p21 protein and decreased cyclin D1 protein.76
この抑制効果の一部は、細胞周期がG1/S期で停止するためであるとされている。
そのことはDNA合成の低下、p21タンパク質の増加、そしてサイクリンD1タンパク質の減少によって立証されている。



Isotretinoin-induced apoptosis was not apparent within the first 24-hour treatment period.78
イソトレチノインによるアポトーシスは、治療期間の初めの24時間では明らかではない。

Marginal induction of apoptosis in SEB-1 sebocytes by isotretinoin was detected after 48 and 72 hours of treatment which already points to delayed secondary responses of transcriptional regulation.
SEB-1皮脂細胞においてイソトレチノインによるアポトーシスが見られるのは治療から48時間~72時間後からがやっとであったが、それは遅延性の二次的な応答の転写調節によるということを既に指し示している。

※marginal: へりの、端の。重要でない。ぎりぎりの、かろうじて



The ability of isotretinoin to induce sebocyte apoptosis was not recapitulated by alitretinoin (9-cis-retinoic acid) or ATRA.
イソトレチノインの皮脂細胞をアポトーシスさせる能力は、アリトレチノイン (9-シスレチノイン酸) やATRAでは再現されなかった。

The induction of cell cycle arrest and apoptosis by isotretinoin was specific to sebocytes, as the compound failed to induce apoptosis in HaCaT keratinocytes or normal human epidermal keratinocytes.76
イソトレチノインによる細胞周期の停止の誘導とアポトーシスは、皮脂細胞に特異的である。
このことは、イソトレチノイン化合物が、HaCaT角化細胞や正常なヒト角化細胞のアポトーシスの誘導に失敗したことに示されている。

※ketatinocyte: ケラチノサイト。皮膚などの角化重層扁平上皮を構成する細胞で、表層へ移動する過程で扁平化しながらケラチンを産生して角質化する。角化細胞

HaCaT ketatinocyte: 不死化した非腫瘍形成性 (nontumorigenic) の角化細胞



Furthermore, the RAR pan-antagonist AGN 193109 did not inhibit the apoptosis induced by isotretinoin which suggested an RAR-independent apoptotic mechanism.
さらに、RARの汎アンタゴニストである AGN 193109 はイソトレチノインによるアポトーシスを阻害しなかったことから、RARに依存しないアポトーシスのメカニズムが示唆された。

※pan-antagonist: pan 「汎、全、総」 + antagonist 「拮抗剤、阻害剤」

AGN 193109

These observations have been interpreted in a way that, in sebocytes, isotretinoin causes inhibition of cell proliferation after intracellular metabolism to ATRA by an RAR-mediated pathway and cell cycle arrest and apoptosis by an RAR-independent mechanism, which contributes to its sebosuppressive effect.
これらの観察は次のように解釈されている。
皮脂細胞において、イソトレチノインは細胞内でのATRAへの代謝後にRAR依存的な経路で細胞増殖を阻止するが、RAR非依存的なメカニズムによっても細胞周期の停止とアポトーシスを引き起こす。
それらがイソトレチノインによる皮脂抑制的な効果の一因である。

Induction of cell cycle arrest and apoptosis by isotretinoin is likely to contribute to the overall effect on suppression of sebum, but isotretinoin also inhibits sebaceous lipid synthesis by an RAR- and RXR-mediated pathway.2,7,76
イソトレチノインによる細胞周期の停止とアポトーシスの誘導は、皮脂を抑制する効果の全般に寄与していると思われる。
しかしイソトレチノインは、RAR経路およびRXR経路によって皮脂の合成をも阻止するのである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-06-19 12:32 | 翻訳  

<< にきびが必ず治る薬10 にきびが必ず治る薬08 >>