にきびが必ず治る薬12

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3219165/#__sec12title

Does Isotretinoin Induce FoxO-Mediated Sebocyte and Sebocyte Stem Cell Arrest ?
イソトレチノインは、FoxOを介した皮脂細胞・皮脂腺幹細胞の細胞周期停止を引き起こすか?




Fascinating research of the last years has elucidated various signals controlling sebocyte differentiation in vivo and major signaling pathways regulating differentiation of the sebaceous gland, recently reviewed in this journal.93
ここ数年の研究によって、とても興味深い事実が明らかになっている。
in vivoにおいて皮脂細胞の分化を制御する様々なシグナルと、皮脂腺の分化を調節する主要なシグナル経路だ。
この件に関してはこの雑誌でも最近レビューされている。

※recently reviewed in this journal: 93

Activation of c-myc and hedgehog signaling cascades and repression of β-catenin signaling are important for the differentiation and maturation process experienced by sebocytes.
皮脂細胞が経る分化と成熟のプロセスには、c-myc・hedgehogシグナルカスケードの活性化と、β-カテニンの抑制が重要である。

They are essential inductive events responsible for the morphogenesis of the sebaceous gland during embryonal and neonatal development.93
それらは胚発生から新生児の間に起こる皮脂腺の形態形成には必須のイベントであり、それによって分化が誘導される。

※inductive: 誘導的な

There is good evidence that activation of c-myc in mouse skin results in enhanced sebaceous gland morphogenesis,94,95 and induction of sebocyte cell fate even within the interfollicular epidermis.96
マウスの肌におけるc-mycの活性化は結果として皮脂腺の形態形成を促進するという十分なエビデンスがある。
毛包間表皮の中でさえ、皮脂細胞の発生運命を誘導する結果になる。

※fate: 発生運命。細胞の最終的な分化。fate commitment で「運命の決定 (拘束)」

※interfollicular epidermis: 毛包間表皮 (IFE)

The effect of c-myc is somewhat surprising because c-myc is reported to act downstream of β-catenin and is a direct target gene of canonical Wingless (Wnt) signaling.97,98
このようなc-mycの影響は、いくぶん驚かせるものである。
なぜなら、c-mycはβ-カテニンの下流で作用することが報告されており、古典的ウイングレス (Wnt) シグナル伝達の直接的な標的遺伝子であるからだ。

※canonical Wnt signaling: canonical 「正規の」。複数あるWnt経路の一つ、Wnt/β-カテニン経路を指す

In skin, c-myc and β-catenin exert opposing effects on sebocyte differentiation.
肌での皮脂細胞の分化に対して、c-mycとβ-カテニンは正反対の影響を及ぼす。

Analysis of transgenic mice with simultaneous activation of c-myc and β-catenin revealed mutual antagonism: c-myc blocked β-catenin-mediated formation of ectopic hair follicles and β-catenin reduced c-myc-stimulated sebocyte differentiation.99
c-mycとβ-カテニンを同時に活性化したトランスジェニックマウスの分析では「相互拮抗作用」が明らかになった。
つまり、β-カテニンによる異所性毛包の形成をc-mycは阻害し、c-mycの刺激による皮脂細胞の分化をβ-カテニンは減少させた。

※β-catenin-mediated formation... and c-myc-stimulated differentiation... : Wnt/β-カテニンは毛包の形成を仲介し、c-mycは皮脂細胞の分化を刺激する



Pulse-chase experiments in mouse skin suggested the existence of slow-cycling cells in the gland and a small cluster of cells at the base of the sebaceous glands expressed the transcriptional repressor Blimp1.100,101
マウスの肌でパルス-チェイス実験をしたところ、皮脂腺には細胞周期が遅い細胞の存在が示唆された。
皮脂腺の基底部には、転写抑制因子のBlimp1を発現する細胞の小集団が存在しているようだった。

※pulse-chase experiment: パルス-チェイス実験。放射性同位元素で標識した化合物により短時間だけ反応させ (pulse)、その後、標識していない物質でどのように置換されるかを見る (chase) ことで代謝の過程を研究する実験

※Blimp1 (B-lymphocyte-induced maturation protein 1): Bリンパ球-誘導成熟蛋白質1

Blimp1-expressing cells were suggested to be progenitors that give rise to all cells within the sebaceous gland.
Blimp1を発現している細胞は、皮脂腺内のあらゆる細胞を生じさせる前駆体であることが示唆された。

However, the functional signaling relationship between Blimp1 and c-myc is currently contradictory.
しかし、Blimp1とc-mycの間の機能的なシグナル関係は現在論争中である。

On one hand, Blimp1 is not selectively expressed in sebaceous gland progenitor cells, but is also expressed by terminally differentiating cells in the interfollicular epidermis, sebaceous gland and hair follicle.99,102
一方では、Blimp1は皮脂腺の前駆体細胞だけに選択的に発現はせず、最終的に分化した毛包間表皮・皮脂腺・毛包でも発現していることが報告されている。

A recent study implies that Blimp-1 is expressed late in embryonic development and is restricted to the evolving sebaceous gland and Blimp-1 labels only the most mature cellular constituents.102
ある最近の研究では、Blimp-1は胚発生の後期に発現し、そして発達中の皮脂腺に限定され、そしてBlimp-1は最も成熟した皮脂細胞の成分だけを標識していることが示唆されている。

※most mature cellular constituents: 102や別のReviewによれば、ヒトにおいてBlimp-1は皮脂細胞の前駆体マーカーというよりむしろ、分化した皮脂細胞において何らかの役割を果たすとしている (suggesting a role for Blimp-1 in differentiated sebocytes rather than sebocyte progenitors in humans.)


More confusing is the fact that despite Blimp1's known negative regulation of the c-myc promoter,101 no correlation between Blimp1 and c-myc levels has been found in individual human sebaceous cells.99
さらに混乱させるのは次のような事実だ。
転写抑制因子であるBlimp1はc-mycプロモーターを抑制的に調節することが知られているにもかかわらず、実際のヒト皮脂細胞内ではBlimp1とc-myc濃度の間には相関がないことが判明している。

This contradiction suggested that additional factors regulate levels of c-myc protein in sebocytes.99
このような矛盾により、皮脂細胞のc-mycタンパク質の濃度を調節する追加要因の存在が示唆された。

Do FoxO transcription factors represent the missing link to understand these controversies in c-myc regulation?
FoxO転写因子は、c-mycの調節におけるこれらの論争を理解するためのミッシング・リンクの代わりとなるだろうか?
[PR]

by travelair4000ext | 2013-06-26 20:18 | 翻訳  

<< にきびが必ず治る薬13 にきびが必ず治る薬11 >>