にきびが必ず治る薬16

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3219165/#__sec16title

Parallels between Adipocyte and Sebocyte Differentiation
脂肪細胞と皮脂細胞の分化にみられる類似性




There are striking similarities in the regulation of Wnt signaling between sebocyte differentiation and adipogenesis.
皮脂細胞の分化と脂質生成の間には、Wntシグナルの調節において著しい類似点が存在する。

As already outlined, reduced Wnt signaling is required for sebocyte differentiation, whereas increased Wnt signaling inhibits sebocyte differentiation.93
既に概観したように、Wntシグナルの減少は皮脂細胞の分化に必須である一方、Wntシグナルの増大は皮脂細胞の分化を阻害する。

When Wnt signaling is off, adipogenesis is initiated, when it is on, adipogenesis is repressed.129
Wntシグナルが消失すると脂質生成が始まり、Wntシグナルがオンになると脂質生成は抑制される。

Thus, Wnt signaling like FoxO1 functions as a lipogenic switch.
このように、WntシグナルはFoxO1のように、脂質生成のスイッチとして機能する。



Wnt signaling maintains preadipocytes in an undifferentiated state through inhibition of the adipogenic transcription factors CCAAT/enhancer binding protein α (C/EBPα) and PPARγ.129
Wntシグナルは、脂質生成にとって重要な転写因子であるCCAAT/エンハンサー結合タンパク質α (C/EBPα) とPPARγを抑制することにより、前脂肪細胞を未分化の状態に維持する。

C/EBPα: CCAAT/エンハンサー結合タンパク質α。二量体化とCCAATボックスモチーフに結合するための塩基性ロイシンジッパードメイン (bZIP) をC末端にもつ。 [C/EBPα@KEGG]

High expression of C/EBPα, C/EBPβ and PPARγ has been detected in immortalized SZ95 sebocytes which is important for sebocyte differentiation and sebaceous lipogenesis.130
不死化したSZ95皮脂細胞では、C/EBPαとC/EBPβ、そしてPPARγの高い発現が見られ、それは皮脂細胞の分化と皮脂の脂質生成にとって重要である。

※SZ95: 以下に既出。「FoxO1とLXR、SREBP1」 「イソトレチノインとFoxO1、細胞増殖とアポトーシスの調節

Intriguingly, the master transcription factors C/EBPα and PPARγ are under direct or indirect control by members of the FOX family.131-133
興味深いことに、マスター転写因子であるC/EBPαとPPARγは、FOXファミリーのメンバーによる直接的または間接的な制御下にある。

Expression of FoxO1, FoxO3a and FoxO4 is increased during adipogenesis coincident with expression of PPARγ and C/EBPα, but FoxO1 activation is delayed until the end of clonal expansion.133
脂質生成の間はFoxO1、FoxO3a、そしてFoxO4の発現が上昇し、それはPPARγとC/EBPαの発現と同時に起きる。
しかし、FoxO1の活性化はクローン増殖の終わりまで遅れる。

※clonal expansion: 脂肪細胞の分化に必要な過程

Remarkably, expression of constitutively active FoxO1 mutants prevent the differentiation of 3T3-L1 preadipocytes in adipocytes.131,132
注目すべきことに、構成的に活性化したFoxO1変異体の発現は、3T3-L1前脂肪細胞から脂肪細胞への分化を阻害した。

3T3-L1: 線維芽細胞のような形態だが、条件 (インスリンやデキサメタゾンなど) によって脂肪細胞に分化する細胞

Oral isotretinoin treatment is expected to force high expression of FoxO3a and FoxO1, which may inhibit sebocyte C/EBPα and PPARγ activity.
経口イソトレチノインの投与はFoxO3aとFoxO1を強制的に高発現させることが予想され、これは皮脂細胞のC/EBPαとPPARγ活性を阻害する可能性がある。

Thus, evidence from translational research clearly demonstrates that FoxOs are involved in the regulation of AR, c-myc, C/EBPα, PPARγ; LXRα and SREBP-1c, all important regulatory transcription factors involved in differentiation of actively lipid synthesizing cells like sebocytes.
このように、トランスレーショナル研究からのエビデンスにより、FoxOは、AR、c-myc、C/EBPα、PPARγの調節に関与することが明らかになっている。
これらと、そしてLXRαとSREBP-1cは全て、活発に脂質を合成する皮脂細胞のような細胞の分化に関与する重要な調節転写因子である。



There is another regulatory metabolic relationship between Wnt signaling and ATRA.
WntシグナルとATRA (オールトランスレチノイン酸) の間には、もう一つ別の調節的な代謝の関係がある。

Wnt suppresses CYP26, an enzyme that is responsible for degrading ATRA into inactive metabolites.134
Wntは、CYP26という酵素を抑制する。
CYP26はATRAを不活性な代謝産物に分解することができる。

Low Wnt signaling would result in less CYP26 suppression with low levels of ATRA, whereas high Wnt signaling would have a stronger inhibitory effect on CYP26 resulting in high ATRA levels.
Wntシグナルが弱いときは、その結果としてCYP26は抑制されず、ATRAの濃度は低い。
一方Wntシグナルが強いと、CYP26をより強く抑制し、ATRA濃度は高くなる。

In isotretinoin-treated sebocytes, high intracellular ATRA levels due to isotretinoin isomerization resemble a constellation of high Wnt signaling, thus suppressing sebocyte differentiation.
イソトレチノインを投与した皮脂細胞では、イソトレチノインが異性体化するために細胞内のATRA濃度は高い。
これは強いWntシグナルの集中に似ており、したがって、皮脂細胞の分化は抑制される。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-07-17 11:40 | 翻訳  

<< にきびが必ず治る薬17 にきびが必ず治る薬15 >>