にきびが必ず治る薬17

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3219165/#__sec17title

FoxO Proteins Interact with β-Catenin
FoxOタンパク質はβ-カテニンと相互作用する




Recent evidence corroborated the important role of Wnt signaling for sebocyte differentiation and sebaceous gland morphogenesis.93,99
最近のエビデンスは、皮脂細胞の分化と皮脂腺の形態形成にはWntシグナルが重要な役割を果たしていることを裏づけた。

In 2005, Essers et al. reported an evolutionarily conserved interaction between β-catenin and FoxO proteins.135
2005年にEssersらは、進化の中で保存されたβ-カテニンとFoxOタンパク質の間の相互作用を報告した。

In mammalian cells, β-catenin interacts with FoxO1 and FoxO3a.
ほ乳類の細胞では、β-カテニンはFoxO1およびFoxO3aと相互作用する。

This interaction requires armadillo repeats 1 to 8 of β-catenin and the C-terminal half of FoxO proteins.135
この相互作用には、β-カテニンに存在するアルマジロリピートの1番目から8番目と、FoxOタンパク質のC末端の半分を必要とする。

armadillo repeats: アルマジロリピート。3つのαへリックスを含む約42個のアミノ酸配列が何度も繰り返されるタンデム配列。ショウジョウバエのアルマジロ (Armadillo) というタンパク質から見つかり、その脊椎動物ホモログであるβ-カテニンのほか、APCやp120、Plakoglobin (γ-カテニン)、α-インポーティンなど複数のタンパク質に存在する。β-カテニンではこの配列が12回繰り返されている。

135にはこうある。「β-カテニンはFoxO1およびFoxO3aと相互作用するが、それにはβ-カテニンのアルマジロリピートの1から8、およびFoxOのC末端の半分 (DNA結合ドメインで開始) が必要である。FoxOのアルマジロリピートへの結合はβ-カテニン特異的であるように思われ、それはAPC1やAPC2のアルマジロリピートには結合しない」



Binding of β-catenin to FoxO enhances the transcriptional activity of FoxO.135
β-カテニンがFoxOへ結合すると、FoxOの転写活性は促進される。

Interestingly, high Wnt signaling with elevated levels of β-catenin are known to inhibit sebaceous gland morphogenesis and sebocyte differentiation.
興味深いことに、強いWntシグナルによるβ-カテニン濃度の上昇は、皮脂腺の形態形成および皮脂細胞の分化を阻害することが知られている。

It is conceivable that high nuclear levels of β-catenin bind to FoxO3a and FoxO1 and augment their transcriptional proapoptotic effects.14,15,19
核内で高濃度のβ-カテニンはFoxO3aおよびFoxO1に結合し、FoxOの転写的アポトーシス促進効果を増大すると考えられる。

※β-catenin bind to FoxO: 14参照。

Figure. 3. (H) 酸化ストレスはFoxOタンパク質とβ-カテニンの相互作用を促進し、したがってその活性を促進する。



It is well demonstrated that FoxOs and Tcf factors compete for the limited nuclear pool of β-catenin.136,137
FoxOとTcf因子が核内の限られたβ-カテニンを競合することは、十分に実証されている。

These observations confirm the pivotal role of the evolutionarily conserved FoxO/β-catenin interaction and provide new insights into the complex signaling network of AR, FoxO, Wnt, Sox, β-catenin and c-myc in the development and homeostasis of the sebaceous gland.
これらの観察は進化的に保存されたFoxO/β-カテニンの相互作用の極めて重要な役割を立証するものであり、皮脂腺の発達とホメオスタシスにおいてAR、FoxO、Wnt、Sox、β-カテニン、c-mycの複雑なシグナルネットワークについての新しい知見を提供するものである。






Retinoids modify this regulatory network at multiple sites: ATRA induces upregulation FoxO3a.9,10
レチノイドは、この調節ネットワークを複数の箇所で修飾する。
つまり、ATRAはFoxOの発現促進を誘導する。

Moreover, the Wnt pathway can modulate RAR signaling and vice versa.123
さらに、Wnt経路はRARシグナルを調整するが、それとは正反対にRARもWntを調整する。

ATRA decreases c-myc-dependent target genes.124
ATRAはc-myc依存的な標的遺伝子の発現を弱める。

Isotretinoin reduces IGF-1 serum levels.36
イソトレチノインはIGF-1の血清濃度を減少させる。

The activated PI3K/Akt pathway promotes FoxO shuttling from the nucleus to the cytoplasm, inhibits GSK3β which prevents proteasomal degradation of β-catenin.125
PI3K/Akt経路の活性化はFoxOの核から細胞質への排出を促進し、さらにGSK-3βを阻害してβ-カテニンがプロテオソームにより分解されるのを妨げる。

These data imply that a forced intracellular upregulation of ATRA by isotretinoin administration interferes with the activity of multiple important transcription factors involved in gene regulation orchestrated by FoxO transcription factors.
これらのデータが意味するのは、イソトレチノイン投与による強制的な細胞内のATRA濃度の上昇は、複数の重要な転写因子の活動に干渉するということだ。
それらの転写因子は、FoxO転写因子によって調和的に総合される遺伝子調節に関与しているのである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-07-17 12:01 | 翻訳  

<< にきびが必ず治る薬18 にきびが必ず治る薬16 >>