にきびが必ず治る薬22

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3219165/#__sec22title

Isotretinoin, FoxOs and Innate Immunity
イソトレチノイン、FoxO、自然免疫




※innate immunity: 先天免疫。後天的に獲得される免疫ではない、先天的に持っている免疫機構。自然免疫 (natural immunity) とも。関与する細胞は、単球、マクロファージ、顆粒球 (好中球・好酸球・好塩基球)、マスト細胞、ナチュラルキラー細胞など

There is new evidence that metabolism and growth factor status determine the activity of genes involved in innate immunity which may play a role in P. acnes hypercolonization.
代謝の状態および成長因子の状態は、自然免疫に関与する遺伝子の活性を決定するというエビデンスが新たに見つかっている。
それはP.アクネ菌の過剰増殖において役割を演じている可能性がある。

A recent study underlined the pivotal role of FoxOs in the regulation of innate immunity.88
最近の研究では、自然免疫の調節においてFoxOが果たす中枢的な役割が強調された。

In Drosophila flies FoxO transcription factor control the expression of several antimicrobial peptides (AMPs) in various tissues including skin.88
ショウジョウバエでは、肌を含む様々な組織においてFoxO転写因子がいくつかの抗菌ペプチド (AMP) の発現を制御する。

AMP induction is lost in foxo null mutants but enhanced when FoxO is overexpressed.
FoxOの機能を喪失した変異体では抗菌ペプチドの誘導は失われるが、FoxOを過剰発現させると促進される。

※null mutant: ヌル突然変異。null「無」+ mutant 「突然変異体」。遺伝子が発現しない、もしくは発現しても機能しないような突然変異が起きた個体

In Drosophila, AMP activation can be achieved independently of immunoregulatory pathogen-dependent pathways by FoxO, indicating the existence of cross-regulation of metabolism and innate immunity at the promoter level of FoxO-activated AMP genes.88
ショウジョウバエの抗菌ペプチドは、免疫系を刺激する病原体に依存的な経路からは独立して、FoxOによって活性化され得る。
このことが示唆するのは、FoxOによって活性化される抗菌ペプチド遺伝子は、そのプロモーター段階で代謝および自然免疫が交差的に調節しているということである。

※immunoregulatory pathogen: 文字通りには「免疫調節的な病原体」。ここでは「免疫系を刺激する病原体」のような意味だろう

In contrast, insulin and IGF-1 dependent signaling with Akt-mediated translocation of FoxO from the nucleus into the cytosol reduces the expression of AMPs.
それとは対照的に、インスリンおよびIGF-1に依存的なシグナルは、Aktを介したFoxOの核から細胞質へのトランスロケーションを伴い、抗菌ペプチドの発現を減少させる。

It is thus conceivable that insulinotropic western diet (milk, dairy and hyperglycemic carbohydrates) affects the balance and activity of AMPs.
したがって、インスリンの分泌を促進する西洋的な食事 (牛乳、乳製品、高GI値の炭水化物) は、抗菌ペプチドのバランスと活性に影響すると考えられる。

We have to ask whether insulinotropic western diet impairs innate immunity of the pilosebaceous follicle in such a way that P. acnes hypercolonization is promoted.
我々が問うべきは、インスリン分泌過剰な西洋食は毛包皮脂腺の自然免疫を損なうことでP.アクネ菌の過剰な増殖を促進するかどうかである。

※in such a way that: ~のように

Both isotretinoin-induced upregulation of FoxO1 with reduced sebaceous lipogenesis and isotretinoin-induced stimulation of the AMP response are synergistic mechanisms which could explain isotretinoin's suppressive effects on sebaceous lipogenesis, P. acnes growth and bacterial follicular colonization.
イソトレチノインによるFoxOの発現促進とそれに伴う皮脂の脂質生成の減少、そしてイソトレチノインによって刺激される抗菌ペプチドの応答は、どちらも相乗的に機能する。
皮脂の脂質生成の抑制、P.アクネ菌の成長の抑制、そして細菌の毛包内での過剰増殖を抑制するというイソトレチノインの抑制的な効果は、それで説明することができるだろう。



Taken together, isotretinoin-mediated upregulation of FoxO1 may exert anti-inflammatory effects by downregualtion of T-cell responses and upregulation of innate immunity.16-18
これらを合わせて考えると、イソトレチノインを介したFoxO1の発現促進は、T細胞応答の抑制および自然免疫の促進によって、抗炎症効果を発揮する可能性がある。

In contrast, growth factor (insulin, IGF-1, FGF)-induced nuclear deficiency of FoxOs would activate T-cell proliferation and decreases expression of AMPs.
対照的に、成長因子 (インスリン、IGF-1、FGF) によって引き起こされる核からのFoxOの欠如は、T細胞の増殖を活性化し、抗菌ペプチドの発現を減少させる。

FGF (fibroblast growth factor): 線維芽細胞成長因子。名称に線維芽細胞とついているが、多様な細胞の様々な段階に作用する分子である。その内のいくつかは癌化にも関与する

A decrease of AMPs would increase the number of pathogens (P. acnes) stimulating TLR-induced proinflammatory genes.
抗菌ペプチドの減少は、にきびの病原体 (P.アクネ菌) の数を増加させ、それらはTLRによって炎症性の遺伝子を刺激する。

These pro-inflammatory changes of acquired and innate immunity in acne may be counterbalanced by isotretinoin-mediated upregulation of FoxO1.
にきびにおける炎症促進的な獲得免疫および自然免疫のこのような変化は、イソトレチノインによるFoxO1の発現促進によって釣り合いが取られるのである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-07-30 09:12 | 翻訳  

<< にきびが必ず治る薬23 にきびが必ず治る薬21 >>