精神病が治る薬03

http://www.medecinesciences.org/articles/medsci/full_html/2010/07/medsci2010266-7p647/medsci2010266-7p647.html

Figure 2





Antipsychotiques typiques: 定型抗精神病薬 (typical antipsychotic agent)。ハロペリドールなど。ドーパミン受容体 (D2R) と拮抗し、陰性症状には作用しない。副作用は錐体外路症状、プロラクチン上昇

Antipsychotiques atypiques: 非定型抗精神病薬 (atypical antipsychotic agent)。クロザピン、オランザピン、リスペリドンなど。ドーパミン2型受容体 (D2R)、セロトニン受容体 (5-HT2)と拮抗し、陽性・陰性症状に有効。副作用は無顆粒球症

Antidepresseurs: 抗うつ薬。フルオキセチン (選択的セロトニン再取り込み阻害薬; SSRI) 、イミプラミン (三環系抗うつ剤。セロトニン再取り込みとノルアドレナリン再取り込みを阻害) など




Régulation de la voie de signalisation Akt/GSK3 par des composés pharmacologiques thérapeutiques affectant les systèmes monoaminergiques.
モノアミン作動性のシステムに影響する薬物治療化合物による、Akt/GSK3シグナル経路の調節

La dopamine et la sérotonine engendrent communément et/ou séparément des variations de l’activité de GSK3 via différentes voies de signalisation.
ドーパミンとセロトニンは、一緒にそして別々に / 一緒にまたは別々に、シグナル伝達経路の違いによってGSK3の活性の変化を生み出す。

La stimulation des récepteurs dopaminergiques se traduit par la modulation de la voie de signalisation Akt/GSK3 qui entraîne une inhibition d’Akt et une activation de GSK3.
ドーパミン作動性受容体の刺激はAkt/GSK3シグナル経路の調節によって表現され、それはAktの阻害とGSK3の活性化を引き起こす。

※se: self

L’inactivation d’Akt par la dopamine est régie dans le striatum par la stimulation des récepteurs de type 2 (D2).
ドーパミンによるAktの不活性化は、線条体ではドーパミン2型受容体 (D2) の刺激を通じて管理される。

※dans: in, into, out of

※striatum: 線条体。大脳基底核の一つで、被殻 (putamen) と尾状核 (caudate nucleus) からなる。前頭葉や頭頂葉からグルタミン酸の入力を、黒質緻密部からドーパミンの入力を受け、淡蒼球と黒質網様部へ出力する。線条体ではFoxO1が発現する


L’activation du récepteur permet le recrutement de la β-arrestine 2, de la protéine phosphatase 2A (PP2A) et d’Akt.
受容体の活性化は、β-アレスチン2とタンパク質脱リン酸化酵素2A (PP2A)、そしてAktのリクルートを可能にする。


※protéine phosphatase 2A (PP2A): タンパク質脱リン酸化酵素2A
A、B、Cの三つのサブユニットからなるヘテロ三量体で、セリン/スレオニン残基のリン酸基を加水分解する。PP2AのサブユニットAはHEATリピートの15回繰り返しで構成され、β-カテニンのアルマジロリピートの12回繰り返しと類似する

※HEAT repeats: HEATリピートハンチンチンやPP2Aなど、多くのタンパク質に共通して見られるリピート構造。



Ces trois protéines forment un complexe de signalisation lié au récepteur qui déphosphoryle/inactive Akt.
これら3つのタンパク質は1つのシグナル伝達複合体を構成して、受容体に拘束される。
そしてAktを脱リン酸化して不活性化する。

※au: 前置詞 à + 定冠詞男性単数形 le

La stimulation des récepteurs sérotoninergiques exerce une double action menant soit à une activation, soit à une inhibition de GSK3 via des mécanismes qui sont encore à définir.
セロトニン作動性受容体の刺激は二重の作用を発揮し、まだ定義されていないメカニズムによってGSK3の活性化、あるいはGSK3の阻害につながる。

※des: 前置詞 de + 定冠詞複数形 les

※menant: 他動詞menerの現在分詞。mener à …に通じる

※à: (不定詞をともなって)(必要・目的) …すべき、…するはずの

De nombreux médicaments psychotropes affectent aussi la régulation de cette voie de signalisation en agissant soit sur les récepteurs de la dopamine et/ou de la sérotonine, soit en interférant avec les mécanismes intracellulaires associés à cette voie de signalisation.
多くの向精神性薬剤がこのシグナル経路の調節にも影響する。
それはドーパミン受容体とセロトニン受容体のどちらかまたは両方に対して作用するときか、もしくはこのシグナル経路においてその細胞内メカニズムの構成因子に干渉するときである。

※en: in, to, by, made of, while

※en+現在分詞: ジェロンディフ。when, -ing, if, even if
[PR]

by travelair4000ext | 2013-09-18 22:04 | 翻訳  

<< 精神病が治る薬04 精神病が治る薬02 >>