社会的孤立と精神病01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24027504

Convergence of genetic and environmental factors on parvalbumin-positive interneurons in schizophrenia
統合失調症において遺伝要因と環境要因はパルブアルブミン陽性の介在ニューロンに集合する




※parvalbumin: パルブアルブミン。脳や骨格筋に存在する分子量の小さなカルシウム結合タンパク質群。parv- はラテン語で「小さい」。albumin は可溶性タンパク質の総称で、水に溶け、強い酸によって沈殿し、酸性または中性で熱によって凝固する

※interneuron: 介在ニューロン。中枢神経系で情報伝達を仲介するニューロン。興奮性と抑制性がある



Zhihong Jiang,1,* Rita M. Cowell,2 and Kazu Nakazawa1,*



Unit on Genetics of Cognition and Behavior, National Institute of Mental Health, NIH, Bethesda, MD, USA
国立精神衛生研究所 (NIMH) 認知行動遺伝学ユニット
アメリカ合衆国メリーランド州ベセスダ

Department of Psychiatry and Behavioral Neurobiology, University of Alabama at Birmingham, Birmingham, AL, USA
アラバマ大学バーミングハム校、精神医学行動神経生物学部
アメリカ合衆国アラバマ州バーミングハム

*Correspondence: Zhihong Jiang or Kazu Nakazawa, National Institute of Mental Health, 35 Convent Drive, Building 35, Room 1C915, Bethesda, MD 20892-3710, USA



http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3759852/#__abstractid861286title

Abstract.
要旨

Schizophrenia etiology is thought to involve an interaction between genetic and environmental factors during postnatal brain development.
統合失調症の病因は、生後の脳が発達する間の遺伝要因と環境要因の間の相互作用を含むと考えられている。

However, there is a fundamental gap in our understanding of the molecular mechanisms by which environmental factors interact with genetic susceptibility to trigger symptom onset and disease progression.
しかし、環境要因が遺伝的感受性と相互作用し、症状の発生と疾患の進行を引き起こす分子的メカニズムについて、我々の理解には根本的なギャップが存在する。

In this review, we summarize the most recent findings implicating oxidative stress as one mechanism by which environmental insults, especially early life social stress, impact the development of schizophrenia.
このレビューで我々は、酸化ストレスを統合失調症の発症に影響するメカニズムとして関係づける最も最近の知見を手短に述べる。
酸化ストレスによって、環境的な傷害、特に若い時の社会的ストレスが発症に強い影響を与えるのである。

Based on a review of the literature and the results of our own animal model, we suggest that environmental stressors such as social isolation render parvalbumin-positive interneurons (PVIs) vulnerable to oxidative stress.
文献のレビューならびに我々自身の動物モデルの結果に基き、社会的孤立のような環境的ストレス要因が、パルブアルブミン陽性介在ニューロン (PVI) を酸化ストレスに傷害されやすくすると我々は提案する。

We previously reported that social isolation stress exacerbates many of the schizophrenia-like phenotypes seen in a conditional genetic mouse model in which NMDA receptors (NMDARs) are selectively ablated in half of cortical and hippocampal interneurons during early postnatal development (Belforte et al., 2010).
我々は以前、コンディショナル遺伝子ノックアウトのマウスモデルで見られる統合失調症様の表現型の多くを、社会的孤立ストレスが悪化させることを報告した (Belforte et al., 2010)。
このマウスでは生後早い時期の発達中に、皮質ならびに海馬の介在ニューロンの半分で、NMDA受容体 (NMDAR) が選択的に除去される。

We have since revealed that this social isolation-induced effect is caused by impairments in the antioxidant defense capacity in the PVIs in which NMDARs are ablated.
我々はその後、この社会的孤立による影響は、NMDARが除去されたPVIで酸化ストレスに対する防御能力が障害されることによって引き起こされることを明らかにしている。

We propose that this effect is mediated by the down-regulation of PGC-1α, a master regulator of mitochondrial energy metabolism and anti-oxidant defense, following the deletion of NMDARs (Jiang et al., 2013).
我々はこの影響が、NMDARの消去の後に起こるPGC-1αの発現低下によって仲介されることを提案する。
PGC-1αはミトコンドリアのエネルギー代謝と抗酸化ストレス防御のマスター調節因子である。

Other potential molecular mechanisms underlying redox dysfunction upon gene and environmental interaction will be discussed, with a focus on the unique properties of PVIs.
遺伝子と環境の相互作用に対して酸化還元能力が機能不全に陥るその根底には、他の分子メカニズムが関わっている可能性がある。
それはPVIの他に類のない特性に焦点を当てて議論しよう。



Keywords: animal model, fast-spiking neurons, GABA neuron, NMDA receptors, oxidative stress, PGC-1α, social isolation
キーワード
動物モデル、急速発火 (FS) ニューロン、GABAニューロン、NMDA受容体、酸化ストレス、PGC-1α、社会的孤立
[PR]

by travelair4000ext | 2013-09-25 09:54 | 翻訳  

<< 社会的孤立と精神病02 精神病が治る薬04 >>