社会的孤立と精神病02

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3759852/

Introduction.
序説




Schizophrenia is a chronic and complex neuropsychiatric disorder that affects approximately 1% of the population worldwide (Insel, 2010).
統合失調症は慢性的かつ複雑な神経精神病学的疾患であり、世界人口の約1パーセントが罹患する (Insel, 2010)。

The characteristic features of schizophrenia have been categorized into three major symptom domains (DSM-IV, American Psychiatric Association, 1994).
統合失調症の特徴的なものは、3つの主な症状の領域に分類されている (DSM-IV, American Psychiatric Association, 1994)。

Positive symptoms are psychotic behaviors not seen in healthy people, such as hallucinations, delusions, disorganized thinking, and movement disorders which, in part, can be relieved through the use of current antipsychotic medications.
陽性症状は、幻覚や妄想、支離滅裂な思考、運動障害のように健康な人々には見られない精神病的な振る舞いであり、それは部分的には現在流通している抗精神病薬物療法によって軽減され得る。

※positive symptom: 陽性症状。急性期の統合失調症に特異的な症状。慢性期の症状を陰性症状とする

※disorganized thinking: 支離滅裂な思考

※disorganized schizophrenia: 解体型分裂病。神経衰弱様の症状を前駆症状として発症し、陰性症状が目立ち、幻覚・妄想は断片的で、慢性的に進行し孤立した自閉的生活を送る。破瓜型分裂病 (hebephrenic schizophrenia) とも

※hebephrenic schizophrenia: 破瓜型分裂病。破瓜 (はか) は瓜という字を二つに分けること、つまり八八 (16)。15歳から25歳に発症することから。Hebeは青春の女神

Negative symptoms are associated with disruption of normal emotions and behaviors, such as motivational impairment (avolition or amotivation), affective dysregulation (depression, mania), and social withdrawal.
陰性症状は、感情と行動の障害と関連し、たとえば動機付けの障害 (意欲の低下もしくは動機の低下)、感情の調節不全 (うつ病、躁病)、そして社会的引きこもりである。

Cognitive symptoms include poor executive functioning, trouble focusing or paying attention, and problems with working memory.
認知症状には、実行能力の乏しさ、集中の困難、不注意、そして作業記憶の問題が含まれる。

※working memory: 作業記憶。情報の一時的な保持に加えて、課題遂行のための処理も兼ね備えた記憶システム。課題についての情報は絶えず更新され、課題遂行後はリセットされて新しい課題に備える

The onset of symptoms usually occurs during late adolescence and early adulthood.
症状の始まりはたいてい、青春期の後半から成人期の初め頃の間に起きる。

※adolescence: 青年期。思春期 (puberty) から成人期 (adulthood) までの間。主に十代の大部分を指す






Based on classical family, twin and adoption studies, genetic theories of schizophrenia etiology have been prominent since 1960s (Gottesman and Shields, 1976; Cardno and Gottesman, 2000; Carter et al., 2002; Sullivan et al., 2003; Tienari et al., 2004; Lichtenstein et al., 2009).
古典的な家族、双子、養子研究に基づき、統合失調症の病因が遺伝によるという理論が1960年代から目立っている。

Early linkage studies produced the first list of gene candidates, and a large body of gene association work identified some of these candidate genes as true susceptibility factors (Owen et al., 2005; Ross et al., 2006; Straub and Weinberger, 2006).
早期の遺伝連鎖解析により候補となる遺伝子の最初のリストが作られ、多くの遺伝子関連解析によってこれらの候補遺伝子のいくつかが真の感受性要因として同定された。

Recently, analysis of data generated using genome-wide mass-marker technology (such as genome-wide association studies (GWAS) and next generation sequencing) has raised the possibility that thousands of common polymorphisms (Purcell et al., 2009) and multiple rare copy-number variations (CNVs) in several different genomic areas contribute to schizophrenia risk (Stefansson et al., 2008; Stone et al., 2008; Walsh et al., 2008; Xu et al., 2008; McCarthy et al., 2009; Ingason et al., 2011).
最近のゲノムワイド/マスマーカー技術 (例えばゲノムワイド関連解析 (GWAS) や次世代DNA配列決定) を使用して生成されるデータの分析は、いくつかの異なる遺伝子領域における数千の共通する多型ならびに多様でまれなコピー数バリエーション (CNV) が、統合失調症のリスクに寄与する可能性を示唆している。

※genome-wide mass-marker technology: いくつかの候補遺伝子による狭い領域の研究ではなく、遺伝子全体を広く、大量のマーカーを使って調べる技術。GWASでは遺伝子全体に存在する数十万個の一塩基多型 (SNP) をマーカーとして使う

Although GWAS from the psychiatric genomics consortium (PGC), a collaboration across more than 300 scientists in 80 institutions and 20 countries, have been carried out to investigate a large number of polymorphisms from thousands of patients (61,220 subjects, Smoller et al., 2013), no single gene or allele has independently been identified as a key risk factor in a large number of people.
しかし、精神医学ゲノミクスコンソーシアム (PGC; 20ヶ国80団体、300人以上の研究者からなる共同研究) によってGWASが実施され、数万人の患者 (61220人) から大量の一塩基多型が調査されているにもかかわらず、多くの人々における重要なリスク要因としてただの一つも遺伝子や対立遺伝子が独立して同定されていない。

※genomics: ゲノム研究。-ics「…学、…術、…研究、…論 (系統立てた学問、診療、治療を意味する接尾語)」

※consortium: 協会、共同体、合弁企業、企業連合 (コンソーシアム)

※allele: 対立遺伝子

One plausible explanation for the weak association of schizophrenia with an individual gene is that genetic risk is critically dependent on environmental context.
個々人の遺伝子と統合失調症の関連の弱さに関して、合理的な説明として一つ挙げられるのは、遺伝的リスクが環境的な背景に決定的に依存しているということである。

A considerable body of evidence suggests that an interaction between genetic vulnerability and environmental factors (GxE) leads to the manifestation of schizophrenia.
多くのエビデンスは、遺伝的な脆弱性と環境的な要因の間の相互作用 (GxE) が統合失調症の徴候につながることを示唆する。

Even monozygotic twins who share identical genes have a concordance rate of 41-65% (Cardno and Gottesman, 2000).
全く同じ遺伝子を共有する一卵性双生児でさえ、両方とも発症する割合は41から65パーセントである。

※concordance: 一致。特定の病気や特質が双生児の両方に現れていること。discordance 「不一致」

Epidemiologic studies suggest that a diversity of factors, including prenatal infection/immune activation, paternal age, malnutrition, hypoxia-related obstetric complications, and childhood/adolescence social stress and cannabis abuse, are associated with an increased risk for the development of this disorder (see reviews, Barkus and Murray, 2010; van Os et al., 2010; Brown, 2011; Meyer, 2013).
疫学研究では、出生前の感染/免疫の活性化、父親の年齢、栄養不良、低酸素に関連する分娩時の合併症、そして小児期/青年期の社会的ストレスと大麻の乱用を含む様々な要因が、この疾患のリスク増大と関連することが示唆される。






Various theories have been proposed to explain how genes and the environment interact to give rise to complex neuropsychiatric disorders.
遺伝子と環境がどのように相互作用して複雑な神経精神病学的な疾患を生じるか、それを説明するための様々な理論が提案されている。

The “Diathesis-stress” model of schizophrenia, introduced by Rosenthal D. and Bleuler M. in 1963 (Ingram and Luxton, 2005) and recently revisited by Fowles (1992), posits that development of schizophrenia requires both biological vulnerability (diathesis) and stressful life.
統合失調症の「脆弱性ストレスモデル」は、統合失調症の発症には生物学的な脆弱性 (素因) とストレスの多い人生の両方が必要であると仮定するもので、Rosenthal D.とBleuler M.によって1963年によって提唱され、最近Fowlesによって再び取り上げられた (1992年)。

※diathesis: 素質、体質、素因。先天的にある種の病気にかかりやすい素質

Weinberger (1987) went on to propose a similar model in the context of brain development and maturation, suggesting that an environmental stressor during early life brain maturation is necessary to trigger the onset of full-blown psychotic behavior.
続けてワインバーガーは、脳が発達し成熟する環境における同様のモデルを提唱し (1987年)、本格的な精神病的行動の発症を引き起こすには、人生の早期、脳が成熟する間の環境的なストレス要因が必要であるとしている。

In the framework of the neurodevelopmental theory, a “two-hit” model was proposed and two critical time windows associated with brain early development and maturation during adolescence were identified as sensitive periods for exposure to environmental insults that could account for the emergence of symptoms of schizophrenia (Bayer et al., 1999; Keshavan, 1999).
神経発達理論の枠組みでは「二重衝撃」モデルが提唱され、青年期の脳の早期の発達と成熟に関連する二つの重要な時期 (time window) が突き止められた。
それは環境的傷害への曝露に対して感受性の高い期間であり、統合失調症の症状が出現する原因になり得るとした。

※window: 空間における間隙、またはある出来事が必ず起こるか絶対に起こり得ないような特に重要な時間間隔
[PR]

by travelair4000ext | 2013-09-25 16:08 | 翻訳  

<< 社会的孤立と精神病03 社会的孤立と精神病01 >>