社会的孤立と精神病20

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3759852/

Summary.
結論




The interaction between genes and environment (GxE) has been postulated to be critical to trigger the onset of schizophrenia.
遺伝と環境の相互作用 (GxE) は、統合失調症の発症を引き起こすために重要であるとされてきた。



Epidemiological observations and neuropathological studies all support that schizophrenia is a consequence of abnormal brain development.
疫学的な観察と神経病理学的な研究はすべて、統合失調症が脳の異常な発達の結果であることを支持する。

As an essential player in the generation of gamma oscillations, corticolimbic PVIs have a key role in higher cognitive processing.
皮質辺縁系のパルブアルブミン陽性介在ニューロン (PVI) はガンマ波の生成に必須であり、高次認知処理において重要な役割を演じる。

Considering the evidence for PVI dysfunction in patients with schizophrenia and in various neurodevelopmental animal models, the vulnerability of PVIs during early life development and the mechanisms by which these neurons respond to environmental stimuli are particularly relevant for our understanding of schizophrenia pathophysiology.
統合失調症の患者ならびに様々な神経発達の動物モデルにおいてPVIが機能不全を起こしているエビデンスを考慮すると、幼い間の発達中のPVIの脆弱性と、これらのニューロンが環境的な刺激に応答するメカニズムは、統合失調症の病態生理学の理解と特に関連している。

Here, we presented evidence for a convergence of genetic and environmental factors on oxidative stress in PVIs and suggest that PGC-1α is a critical regulator of PV transcription and antioxidant capacity in these neurons.
ここに我々は、遺伝と環境的な要因がPVIの酸化ストレスに集合するというエビデンスを提示した。
そしてこれらのニューロンでは、PGC-1αが、パルブアルブミン (PV) の転写と抗酸化能力を調節する重要な要素であると提案する。

The delayed maturation during postnatal period and high energy demanding of FS PVIs make them susceptible to environmental insults, particularly redox imbalance, during early life experience.
高速発火 (FS) PVIの生後の成熟の遅れと高いエネルギー需要は、それらを若い間の環境的な傷害、特に酸化還元バランスの崩れに対して脆弱にする。

Oxidative stress could be one of the important mechanisms integrates GxE on PVIs disturbance.
酸化ストレスは、遺伝と環境の相互作用をPVIの障害に統合する重要なメカニズムの一つである可能性がある。

PGC-1α, as a master regulator of mitochondrial metabolism, which is highly and selectively expressed in PVIs, could be one of the key factors responsible for the antioxidant capacity of PVIs.
ミトコンドリア代謝の主要な調節因子であるPGC-1αはPVIに選択的に高く発現しており、PVIの抗酸化能力を左右する重要な要素の一つになり得る。

Our study using NMDAR hypofunction animal model revealed that redox dysregulation due to a decrease in PGC-1α abundance in cortical parvalbumin interneurons exacerbated schizophrenia-like phenotypes following social isolation stress.
NMDA受容体の機能が低下する動物モデルを使った研究では、皮質のパルブアルブミン陽性介在ニューロンでPGC-1αの発現量が減少することによる酸化還元の調節の失敗が、社会的孤立ストレス後に統合失調症様の表現型を悪化させたことを我々は明らかにした。

This implicates PGC-1α as a potential converging factor for GxE.
このことは、PGC-1αが遺伝と環境の相互作用を集中させる要因であるかもしれないことを意味する。

Further studies on the impact of GxE on PGC-1α transcription and function would not only help identify neuropathophysiological mechanism underlying GxE in schizophrenia, but importantly, aid in the development of targeted interventions for this illness.
遺伝と環境の相互作用がPGC-1αの転写と機能に与える影響についてさらに研究を進めることは、統合失調症におけるそれらの相互作用の根本にある神経病態生理学的メカニズムを確かめるのを助けるだけではない。
より重要なことは、この疾患に対する対象を絞った介入の発展を援助するということである。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-24 04:21 | 翻訳  

<< 社会的孤立と精神病21 社会的孤立と精神病19 >>