自己免疫疾患の原因01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21885342

Epigenetic mechanisms in systemic lupus erythematosus and other autoimmune diseases
全身性エリテマトーデスとそれ以外の自己免疫疾患におけるエピジェネティックなメカニズム





Christian M. Hedrich and George C. Tsokos

Author information
著者情報

Division of Rheumatology, Department of Medicine, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA
ハーバードメディカルスクール、ベス・イスラエル・ディーコネスメディカルセンター、リウマチ・膠原病内科学
アメリカマサチューセッツ州ボストン

※beth: ベース。ヘブライ語アルファベットの第2字 (ב)。字義は「家」。Bethel「神の家」

※deaconess: ディーコネス。奉仕者、仕える者






http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3225699/
Abstract.
抄録

The pathogenic origin of autoimmune diseases can be traced to both genetic susceptibility and epigenetic modifications arising from exposure to the environment.
自己免疫疾患を発病させる原因は、遺伝的な罹患のしやすさと、環境への曝露から生じるエピジェネティックな修飾、その両方から突き止めることが可能だ。

※epigenetic: エピジェネティック。後成の、後成的な

Epigenetic modifications influence gene-expression and alter cellular functions without modifying the genomic sequence.
エピジェネティックな修飾は遺伝子の発現に影響し、遺伝子の配列を変更することなく細胞の機能を変える。

CpG-DNA methylation, histone-tail modifications, and micro-RNAs (miRNAs) are the main epigenetic mechanisms of gene regulation.
CpGのDNAメチル化とヒストン尾部の修飾、そしてマイクロRNA (miRNA) は、遺伝子を調節するエピジェネティックなメカニズムの中心である。

Understanding the molecular mechanisms that are involved in the pathophysiology of autoimmune diseases is essential for the introduction of effective, target-directed, and tolerated therapies.
自己免疫疾患の病態生理学に関わる分子メカニズムを理解することは、効果的かつ標的に直接的で、我慢できる治療法の導入には必須である。

In this review, we summarize recent findings that signify the importance of epigenetic modifications in autoimmune disorders while focusing on systemic lupus erythematosus (SLE).
このレビューで我々は、自己免疫不全におけるエピジェネティックな修飾の重要性を示す最近の知見を、全身性エリテマトーデス (SLE) に焦点を当てながら手短に述べる。

We discuss future directions in basic research, autoimmune diagnostics, and applied therapy.
我々は基礎研究と自己免疫の診断、そして応用治療における将来の方向性について考察する。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-27 21:03 | 翻訳  

<< 自己免疫疾患の原因02 社会的孤立と精神病21 >>