自己免疫疾患の原因03

Systemic lupus erythematosus (SLE) is a multi-factorial autoimmune disease with a wide range of clinical manifestations and severity.
全身性エリテマトーデス (SLE) は多くの要因による自己免疫疾患で、広範囲の臨床的徴候と重症度を伴う。




SLE is characterized by multi-system involvement, phases of remission and relapse, and the presence of autoantibodies against nuclear, cytoplasmic, and cell surface antigens [7].
SLEは多くの臓器を冒し、寛解期と再発を繰り返し、核・細胞質・細胞表面の抗原に対する自己抗体が存在することを特徴とする。

※SLE characterized by the presence of autoantibodies: IL-17は自己抗体の産生を促進する可能性があり、SLE患者の冒された臓器ではIL-17を産生する細胞 (Th17細胞と、CD3+CD4-CD8-細胞) が増加している [7]



Despite years of study, the mechanisms responsible for loss of immune tolerance remain to be elucidated.
長年の研究にも関わらず、免疫の寛容が失われる原因となるメカニズムは明らかにされないままである。

Dysregulation of B- and T-lymphocyte function [6, 7], transcription factor and cytokine expression, and antigen presentation have been reported in a disease activity-dependent manner [5, 7].
Bリンパ球とTリンパ球の機能不全、転写因子とサイトカインの発現、そして抗原提示は、疾患活動度に依存的であることが報告されてきている。

※dysregulation of B-lymphocyte function: Bリンパ球の機能不全。虚血を起こした組織はCXCL13を発現し、対応するCXCR5を発現するB細胞が浸潤するため、虚血/再灌流 (ischemia/reperfusion) により抗体非依存的に組織が破壊される [6]

In some patients, the pathogenic process has been attributed to single gene effects, such as complement factor deficiencies [8] or TREX1 mutations [9].
患者の中には、発病の過程が単一遺伝子の影響が原因であると考えられている者もいる (例えば補体の欠損やTREX1の変異)。

※TREX1 mutations: DNAエキソヌクレアーゼTREX1はD18N変異により触媒活性が低下し、家族性凍傷状狼瘡 (familial chilblain lupus) の原因になる [9]



Still, the majority of SLE patients exhibit disease that is multigenic and/or multifactorial in origin.
それでも、SLE患者の大部分は、複数遺伝子性と多因子性のどちらか/両方が原因の疾患であることを示す。

Predisposing genetic variations include well-established susceptibility alleles in the major histocompatibility complex region (HLA*DRB1503 [10]), interferon-regulatory-factor 5 (IRF5), signal transducer and activator of transcription 4 (STAT4), tyrosine protein kinase (BLK), B-cell scaffold protein with ankyrin-repeats (BANK1), programmed-cell-death 1 (PDCD1), methyl-CpG-Binding Protein 2 (MECP2), and tumor-necrosis-factor superfamily member 4 (TNFSF4) genes [11].
病気にかかりやすくする遺伝子の変異には、次のような感受性アレルが含まれることが明らかにされている [11]。

主要組織適合遺伝子複合体の領域 (HLA*DRB1503)、インターフェロン調節因子5 (IRF5)、シグナル伝達性転写活性化因子4 (STAT4)、チロシンプロテインキナーゼ (BLK)、アンキリンリピートを伴うB細胞足場タンパク質 (BANK1)、プログラム細胞死1 (PDCD1)、メチル化CpG結合タンパク質2 (MeCP2)、腫瘍壊死因子スーパーファミリーメンバー4 (TNFSF4)。

※major histocompatibility complex (MHC): 主要組織適合遺伝子複合体。ヒトのMHCはHLAと呼ぶ。MHCはクラスI分子とクラスII分子をコードする。DRBはHLAのクラスIIのDRβ鎖

※interferon regulatory factor (IRF): インターフェロン調節因子。インターフェロン遺伝子の発現を調節する因子/インターフェロンによって誘導される遺伝子の発現を調節する因子




Regardless of a growing number of known predisposing alleles, not all carriers develop clinical disease.
疾患にかかりやすくなる既知のアレルはますます多くなっているが、全ての保因者が臨床的疾患を発症するわけではない。

Patients with the same or similar alleles may present with different disease course, and the penetrance of SLE in monozygotic twins is 25–45% [10, 11].
同一の、または似たようなアレルを持つ患者でも異なる疾患の経過が現れる可能性がある。
実際、一卵性双生児におけるSLEの浸透度は25から45パーセントである。

※penetrance: 浸透度。ある優性の対立遺伝子型が表現型に影響を与える割合

This suggests that additional environmental factors, including diet, drugs, exposure to toxins, or a history of infections, play important roles in disease onset and progression.
このことが示唆するのは、付加的な環境因子、つまり食事や薬剤、毒への曝露、もしくは感染の病歴などが、疾患の発症と進行で重要な役割を演じるということだ。






Additional autoimmune disorders, including rheumatoid arthritis, scleroderma, type 1 diabetes, and multiple sclerosis have been associated with epigenetic alterations (Box 1).
関節リウマチ、強皮症、1型糖尿病、多発性硬化症を含む他の自己免疫疾患も、エピジェネティックな変化と関連している (Box 1/囲み記事 1参照)。

At this point, data elucidating the involvement and pathophysiologic relevance of epigenetic patterns in these autoimmune diseases is limited, as compared to SLE.
この点で、これらの自己免疫疾患におけるエピジェネティックなパターンの関与と病態生理学的な関連を明らかにするデータは、SLEと比べて限られている。

Therefore, we discuss the involvement of the main epigenetic mechanisms in the pathogenesis of autoimmune diseases while focusing on SLE.
ゆえに、我々は自己免疫疾患の発症における主要なエピジェネティックなメカニズムの関与を、SLEに焦点を当てながら考察する。

Understanding epigenetic mechanisms in the pathophysiology of autoimmune diseases will help to establish more target-directed therapy with reduced systemic side effects.
自己免疫疾患の病態生理学におけるエピジェネティックなメカニズムの理解は、全身への副作用を減らしながら標的に対してより直接的な治療を確立することを助ける。

It will allow clinicians to better address inter-individual differences in the pathophysiology and clinical presentation of variable diseases, such as SLE.
そしてそれは、SLEのような様々な疾患の病態生理と臨床的徴候における個人間の違いに対して、臨床家がより上手く取り組むことを可能にするだろう。
[PR]

by travelair4000ext | 2013-12-07 16:35 | 翻訳  

<< 自己免疫疾患の原因04 自己免疫疾患の原因02 >>