自己免疫疾患の原因09

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3225699/

Histone modifications.
ヒストンの修飾




A nucleosome is the basic subunit of chromatin and comprises 146 base pairs of DNA coiled around a histone octamer.
ヌクレオソームはクロマチン (染色質) の基本的なサブユニットであり、ヒストン八量体の周囲に巻きついた146塩基対のDNAから構成される。

nucleosome: ヌクレオソーム。nucleo「核、核酸」+ some/soma「体」

The histone octamer consists of two copies each of the histone proteins H2A, H2B, H3 and H4.
ヒストン八量体は、ヒストンタンパク質 (H2A、H2B、H3、H4) それぞれの二つずつのコピーから成る。

Histone complexes possess flexible N-terminal tails that are accessible to post-translational modifications and strongly impact the functional capacities of nucelosomes [4].
ヒストン複合体は柔軟なN末端の尾を持つが、この尾は翻訳後の修飾を受けやすく、ヌクレオソームがどのような機能を果たせるかに強く影響する。

※capacity: 容量、能力、可能性

Modifications include histone acetylation, methylation, ubiquitination, phosphorylation, sumoylation, deimination (or citrullination), ADP-ribosylation and proline-isomerization [42].
ヒストンの修飾には、アセチル化、ユビキチン化、リン酸化、SUMO化、脱イミノ化 (シトルリン化)、ADPリボース化、プロリン異性化、が含まれる。

※sumo (small ubiquitin-like modifier): 低分子ユビキチン様修飾因子

※deimination (citrullination): 脱イミノ化 (シトルリン化)。タンパク質のアルギニン残基を加水分解により脱イミノ化して、シトルリンにする反応

Each histone-tail modification facilitates specific changes in nucleosome arrangement and chromatin-structure.
それぞれのヒストン尾部の修飾は、ヌクレオソーム配置とクロマチン構造における特有の変化を促進する。

※arrange: ar「adの異型」+ range「並べる」

Histone H3 lysine 9 (H3K9) acetylation, for example, is associated with transcriptional activation, and H3K9 methylation represses transcriptional activity [43].
ヒストンH3のリジン9 (H3K9) を例に挙げると、そのアセチル化は転写の活性化と関連し、メチル化は転写活性を抑制する。

※H3K9: [43] にはT細胞のエピジェネティックな発現の制御がまとめられている

DNA methylation and histone modifications are often coincident, and are interconnected by a multitude of mechanisms [44].
DNAメチル化とヒストン修飾はしばしば同時に起き、そして多くのメカニズムによって相互につながっている。

※interconnected: [44] のFigure 1を参照

The aforementioned methyl-CpG-binding domain (MBD) proteins selectively bind methylated DNA and recruit histone deacetylase (HDAC) and/or histone methyltransferases (Figure 2) [45].
前述のメチル化CpG結合ドメイン (MBD) タンパク質は、メチル化されたDNAを選んで結合し、そしてヒストン脱アセチル化酵素 (HDAC) とヒストンメチル基転移酵素のどちらかまたは両方を呼び寄せる (Figure 2)。

Tri-methylation of H3K4, a transcription-activating variant, blocks the binding of DNMT3a and suppresses DNA methylation in these regions [46].
H3K9とは異なり、H3K4のトリメチル化 (転写を活性化する変化) はDNAメチル基転移酵素 (DNMT) 3aを阻害し、これらの領域におけるDNAメチル化を抑制する。[46]

※variant: 異形、別形、変種。(同種の一般的な他のものとは) 異なる、別の






Figure 2

A) Nucleosome arrangement in transcriptionally inactive heterochromatin and active euchromatin.
A) 転写的に不活性なヘテロクロマチンと活性化したユークロマチンにおけるヌクレオソームの配置

Compact heterochromatin is characterized by dense nucleosome packing, repressive histone modifications and high degrees of DNA methylation (purple circles).
凝縮したヘテロクロマチンはヌクレオソームが緊密に詰め込まれており、ヒストンの修飾は抑制的で、DNAは高度にメチル化している (紫色の円で表す) という特徴がある。

Euchromatin is characterized by de-compaction of nucleosome fibers, permissive histone modifications and a low degree of DNA methylation.
ユークロマチンはヌクレオソーム繊維の圧縮が解かれ、ヒストンの修飾は転写を許可し、DNAのメチル化の度合いは低いのが特徴だ。

In accessible regions, transcription regulatory factors can bind to DNA motifs and induce transcription.
近づきやすい領域では、転写調節因子はDNAモチーフに結合して転写を誘導することができる。

In these regions, DNA is accessible to DNases (DNase hypersensitivity site).
これらの領域では、DNAはDNaseの影響を受けやすい (DNaseに過敏な箇所)

※DNase (deoxyribonuclease): デオキシリボヌクレアーゼ。DNAのホスホジエステル結合を加水分解する酵素。DNアーゼ



B) Schematic of the (hypothetical) model depicting the interplay between DNA methyltransferases (DNMTs) and histone methyltransferases (using the example of G9a).
B) DNAメチル基転移酵素 (DNMT) とヒストンメチル基転移酵素 (例としてG9aを使う) との間の相互作用を描いた (仮説の) モデル図

HP1 is an adapter complex that promotes the interplay between DNMTs and histone methyltransferases.
HP1は、DNMTとヒストンメチル基転移酵素との間の相互作用を促進するための仲介的な複合体だ。

Thereby, HP1 promotes DNA methylation by DNMTs.
それにより、HP1はDNMTによるDNAのメチル化を促進する。

The association of DNMTs with G9a could, in turn, allow a direct impact of DNA methylation on H3K9 methylation states [44].
DNMTとG9aとの会合は次に、H3K9に対してDNAメチル化の直接的な影響を及ぼす可能性がある。

※G9a (EHMT2): H3K9に特異的なヒストンメチル基転移酵素。EHMT2遺伝子にコードされている

※HP1 (Heterochromatin protein 1): ヘテロクロマチンタンパク質1。H3K9がメチル化されるとHP1がリクルートされて結合し、結果としてクロマチンが凝縮される。K9の隣にあるS10 (セリン) がリン酸化すると解離する

[PR]

by travelair4000ext | 2013-12-18 04:17 | 翻訳  

<< 自己免疫疾患の原因10 自己免疫疾患の原因08 >>