自己免疫疾患の原因14

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3225699/

miRNAs.
マイクロRNA




Mi-RNAs are 21 to 23 base pair RNAs and function as post-transcriptional and post-translational regulators of gene expression.
マイクロRNA (miRNA) は21から23塩基対のRNAであり、転写後と翻訳後に遺伝子発現を調節する因子として機能する。

MiRNAs are transcribed from genomic, intergenic DNA by RNA polymerase II or III as preliminary transcripts (pri-miRNAs) (Figure 3) that are then cleaved by the nuclear ribonuclease Drosha [68–70] and exported to the cytoplasm.
miRNAは染色体の全DNA、遺伝子間DNAから、RNAポリメラーゼIIまたはIIIによって一次転写産物 (pri-miRNA) として転写される (Figure 3)。
転写後は核内のリボヌクレアーゼ「Drosha」によって切断され、細胞質へ輸送される。

※pri-: primary「一次の、準備の」。preliminary「予備の、準備の」

※ribonuclease: リボヌクレアーゼ。RNA分解酵素。RNアーゼ (RNase)

The cytoplasmic enzyme Dicer further processes the transcripts into mature miRNAs [71, 72].
細胞質の酵素「ダイサー」は、この転写産物を成熟したmiRNAへとさらに加工する。

One or both strands form complexes with ribonucleoproteins (RNPs) and express regulatory effects [28, 73, 74].
鎖の一方または両方がRNAタンパク質 (RNP) と複合体を形成して、調節の効果を発揮する。

MiRNA function can be executed by duplex formation with target genes in the 3′ untranslated region (3′UTR) of messenger RNA (mRNA).
miRNAの機能は、標的遺伝子のメッセンジャーRNA (mRNA) の3′非翻訳領域 (3′UTR) において二本鎖を形成することで実行され得る。

※′: プライム (prime)。5′と3′は、それぞれリボースの5位と3位を表す

This interaction can lead to downregulation of gene expression by translational repression, mRNA cleavage, or translational arrest [75, 76].
この相互作用は遺伝子発現の抑制的な調節につながる可能性があり、それは翻訳の抑制と、mRNAの分解、そして翻訳の停止による。

Up to 1000 miRNAs are suspected to control 1/3 of the human transcriptome and are involved in the regulation of cell-differentiation, cell-cycle programming, apoptosis, and immune-regulation [28, 76–78].
miRNAの1000種類まででヒトの全転写の3分の1を制御しているとされ、それらは細胞の分化、細胞周期の一連のプログラミング、アポトーシス、そして免疫の調節に関与する。



Several authors categorize miRNAs, together with DNA methylation and histone acetylation, as one of the three central epigenetic mechanisms [4, 28].
何人かの著者はmiRNAをDNAメチル化ならびにヒストンアセチル化と一緒に分類し、3つの中心的なエピジェネティックなメカニズムのうちの一つとしている。

This is supported by the discussion that miRNAs originate from larger intergenic transcripts, and that intergenic transcription was suggested to be at the interface between chromatin remodeling and transcription of adjacent genes [3].
このことは、miRNAがより広範囲な遺伝子間の転写産物に由来しており、そしてそのような遺伝子間の転写はクロマチン再構成とそれに隣接した遺伝子転写との間の境界で起きることが示唆されたという議論によって支持される。

There is a tight correlation between chromatin structure (including hyperacetylation) and the presence of intergenic transcripts which seem to permit interactions between distal regulatory regions and core promoters [3].
過剰アセチル化などのクロマチン構造と、遺伝子間転写産物との間には密接な相関関係があり、その転写産物が (オープンなクロマチン構造を維持して) 遠位の調節領域とコアプロモーターとの間での相互作用を生じさせるようである。

※core promoter: コアプロモーター。[3] の参照先の [183] によれば、転写開始点の上流の約-35から下流の+35の間がコアプロモーター。哺乳類のCpGアイランドを含むプロモーターは、コアプロモーターにTATAボックスやInr (イニシエーター)、DPE (下流プロモーター配列) を欠く

※[3] によれば、マウスとヒトのIL-10遺伝子とIL-19遺伝子の間には、高度に保存された非コード配列 (conserved non-coding sequence; CNS) が存在する。ヒト細菌人工染色体 (human bacterial artificial chromosome; hBAC) を持つトランスジェニックマウスの骨髄由来マクロファージ (BMM) をLPSとIL-4で刺激すると、いくつかのCNS付近で遺伝子間からの転写が増加した。
下図の (+)/+ は、刺激前は遺伝子間の転写は弱いが、刺激後は遺伝子間の転写が誘導されたことを表す。上段の四角はヒト、下段はマウス

※bacterial artificial chromosome (BAC): 細菌人工染色体。数十万塩基 (数百kbp) 程度の大きい領域を大腸菌プラスミドベクターを使ってクローニングする。人工染色体には、自律複製配列、セントロメア、テロメア、選択マーカー、クローニング用制限酵素切断部位が含まれる。参考「フォスミド



Other groups discuss miRNAs as a separate regulatory mechanism.
他の研究グループは、miRNAを独立した調節メカニズムとして論じている。

Still, miRNAs are characterized by a close relationship and complex interplay with DNA methylation and histone modifications [79].
それでもやはり、miRNAはDNAメチル化ならびにヒストン修飾と密接な関係があり、それらとの複雑な相互作用が特徴である。






Using mouse models, several authors addressed the question of whether miRNAs are contributing to immune-regulation.
数人の著者らはマウスモデルを使い、miRNAが免疫調節に寄与しているかどうかの疑問について述べた。

MiR-181a has been shown to be involved in T cell development by modulating TCR signaling-related phosphatases [80].
miR-181aはTCRシグナルに関連するホスファターゼを調整することにより、T細胞の発達に関与することが示されている。

Several groups have demonstrated an important role of miR-150 in B lymphocyte development [70, 81, 82] by regulating the expression of c-Myb.
いくつかの研究グループは、Bリンパ細胞の発達においてc-Mybの発現を調節するmiR-150の重要な役割を証明している。

MiR-150−/− mice presented with dysregulation of B lymphocyte development and displayed steady state levels of serum immunglobulins, as well as enhanced T-lymphocyte dependent immune responses, presumably secondary to increased c-Myb levels [70].
miR-150をノックアウトしたマウスはBリンパ細胞の発達で調節を外れ、血清中の免疫グロブリンの濃度は高くなったまま固定された状態を示した。
Tリンパ細胞に依存的な免疫応答も促進されており、これはおそらくc-Mybレベルの上昇に次ぐ二次的なものだ。

※steady state levels of serum immunglobulins: IgA、IgG1、IgG2b、IgMが上昇した [70]



Figure 3


Schematic display of gene regulation by miRNAs
miRNAによる遺伝子調節を図で示す。

MicroRNAs (miRNAs) are derived from primary genomic DNA transcripts (pri-miRNAs).
マイクロRNA (miRNA) は、ゲノムDNAからの一次転写産物に由来する (一次miRNA)

Pri-miRNAs are processed by the ribonuclease Drosha to pre-miRNAs.
一次miRNAは、リボヌクレアーゼのDroshaによってプレmiRNAに加工される。

These are then transported to the cytoplasm and subsequently processed into mature 21 to 23 nucleotide miRNAs by Dicer.
プレmiRNAは次に細胞質に輸送され、続いてダイサーによって21から23ヌクレオチドの成熟したmiRNAに加工される。

※nucleotide: 塩基 + 糖 + リン酸

MiRNAs are incorporated into a RNP complex that exerts regulatory miRNA functions.
miRNAはRNP複合体に組み入れられ、miRNAの調節的な機能を発揮する。

MiRNA regulatory functions are transcript degradation and translational arrest.
miRNAの調節機能は転写物の分解と翻訳の停止である。

[PR]

by travelair4000ext | 2014-01-01 11:43 | 翻訳  

<< 自己免疫疾患の原因15 自己免疫疾患の原因13 >>