不安定なDNA 05

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3766610/table/tab2/

Table 2


Genes associated with sites differentially methylated in patients with fibromyalgia.
線維筋痛症の患者において「メチル化が異なる箇所」と関連する遺伝子。






Gene name (abbreviation)
遺伝子名 (省略形)

Description of function (Functional descriptions obtained from Gene Cards and/or Wikipedia summations and indicated references.)
機能の説明 (機能に関する説明は、Gene CardsとWikipediaの両方/どちらかの要約と、そこで示された参考文献から得た)

Location (Chromosome: starting nucleotide position.)
位置 (染色体番号: 開始ヌクレオチド位置)




AXL receptor tyrosine kinase (AXL)
AXL受容体チロシンキナーゼ (AXL)

Involved in stimulation of cell proliferation and aggregation;
induced by TGF-β1/inflammation;
and can block cytokine production
細胞増殖と凝集の刺激に関与する;
TGF-β1/炎症によって誘導される;
サイトカイン産生を阻害する可能性がある

19: 41731934
19番染色体: 4173万1934番目の塩基から開始 (+1)



N-Acetyltransferase 15 (NAT15)
N-アセチル基転移酵素15 (NAT15/NAA60)

Histone acetyltransferase; mediates acetylation of free histone H4;
also required for normal chromosomal segregation during anaphase
ヒストンアセチル基転移酵素;
フリーなヒストンH4のアセチル化を仲介;
有糸分裂の後期の間、染色体の通常の分離にも必要

16: 3507460



Solute carrier family 17, member 9 (SLC17A9)
溶質輸送体ファミリー17 メンバー9 (SLC17A9)

Vesicular nucleotide transporter involved in exocytosis of ATP in secretory vesicles (synaptic vesicles)
小胞ヌクレオチド輸送体。分泌小胞 (シナプス小胞) 内のATPのエクソサイトーシスに関与

20: 61584072


Brain-derived neurotrophic factor (BDNF)
脳由来神経栄養因子 (BDNF)

Involved in the regulation of stress response and in the biology of mood disorders;
major regulator of synaptic transmission and plasticity at adult synapses in many regions of the CNS;
contributes to several adaptive neuronal responses including long-term potentiation, long-term depression, certain forms of short-term synaptic plasticity, and homeostatic regulation of intrinsic neuronal excitability
ストレス応答の調節に関与し、気分障害 (鬱病/躁病) の生物学的過程に関与;
中枢神経系 (CNS) の多くの領域において、成人のシナプスで、シナプス伝達と可塑性を調節する主要な因子;
いくつかの適応的な神経応答 (長期増強と長期抑圧、いくつかの短期シナプス可塑性、内因性の神経興奮のホメオスタシス的な調節) に貢献する

11: 27740495



Mahogunin ring finger 1, E3 ubiquitin protein ligase (MGRN1)
Mahoguninリングフィンガー1、E3ユビキチンタンパク質リガーゼ (MGRN1)

Mediates monoubiquitination at multiple sites; plays a role in the regulation of endosome-to-lysosome trafficking.
複数の箇所でモノユビキチン化を仲介する;
エンドソームからリソソームへの輸送の調節に一役買う

16: 4714733



Plasma glutamate carboxypeptidase (PGCP)
血漿グルタミン酸カルボキシペプチダーゼ (PGCP/CPQ)

Involved in hydrolysis of circulating peptides
循環するペプチドの加水分解に関与する

8: 97657294

※carboxypeptidase: カルボキシペプチダーゼ。ペプチドのカルボキシル末端 (C末端) からアミノ酸を1残基ずつ遊離するエキソペプチダーゼ。PGCP以外にはFOLH1などがある



Protein kinase C, alpha (PRKCA)
プロテインキナーゼCアルファ (PRKCA)

Involved in diverse cell signaling pathways; activated by calcium; associated with cancer; posttraumatic stress syndrome; emotional memory formation; and aging
様々な細胞シグナル経路に関与する;
カルシウムによって活性化される;
癌に関与する;
心的外傷後ストレス症候群 (PTSD);
感情的な記憶の形成;
老化

17: 64787379



Gamma-glutamyltransferase 1 (GGT1)
γ-グルタミルトランスフェラーゼ1 (GGT1)

Function not clear and may vary; has been associated with arterial stiffness and coronary artery disease [47]
機能は明らかではない、そしておそらく変化する;
動脈硬化と冠動脈疾患に関与していた

22: 24989248

※glutamyl: グルタミル。グルタミン酸からα-またはδ-水酸基が除去されたグルタミン酸基。γ-グルタミルトランスフェラーゼは、γ-グルタミルペプチド (グルタチオン等) から他のペプチド・アミノ酸・水へのγ-グルタミル基の転移を触媒する



Reticulon 1 (RTN1)
レティキュロン1 (RTN1)

Involved in secretion or membrane trafficking in neuroendocrine cells; associated with neurological diseases and cancer
神経内分泌細胞において、分泌または膜輸送に関与する;
神経学的疾患と癌に関連する

14: 60097209



nuclear transcription factor, X-box binding-like 1 (NFXL1)
核転写因子、X-ボックス結合様1 (NFXL1)

Integral to the nucleus and membrane
核と細胞膜に不可欠

4: 47917042



Heat shock 70kDa protein 8 (HSPA8)
熱ショック70kダルトンタンパク質8 (HSPA8)

Member of the heat shock protein family, functions as a chaperone and facilitates protein folding
熱ショックタンパク質ファミリーのメンバー。シャペロンとして機能して、タンパク質の折りたたみを促進する

11: 122933028



Polymeric immunoglobulin receptor (PIGR)
多量体免疫グロブリン受容体 (PIGR)

Member of the immunoglobulin superfamily that facilitates expression of immunoglobulins A and M; regulated by cytokines
免疫グロブリンスーパーファミリーのメンバーで、免疫グロブリンAとMの発現を促進する;
サイトカインによって調節される

1: 207103660

※PIGR: 分泌成分 (secretory component; SC)。多量体IgAやIgMを結合する



Benzodiazepine receptor (peripheral) associated protein 1 (BZRAP1)
ベンゾジアゼピン受容体 (末梢) 関連タンパク質1 (BZRAP1)

An adaptor molecule known to regulate synaptic transmission [48]
シナプス伝達を調節することが知られるアダプター分子

17: 56401800



Transmembrane protein 91 (TMEM91)
膜貫通タンパク質91 (TMEM91)

In vivo function not clearly established
in vivoでの機能は明らかではない

19: 41882253



Neuron-derived orphan receptor 1 (NR4A3)
神経由来オーファン受容体1 (NR4A3)

Target of β-adrenergic signaling in skeletal muscle [49]
骨格筋でのβ-アドレナリン作動性シグナルの標的

9: 102588232



V-set and immunoglobulin domain containing 10 (VSIG10)
V-setと免疫グロブリンドメインを含む10 (VSIG10)

In vivo function not clearly established
in vivoでの機能は明らかではない

12: 118541722

Immunoglobulin V-set domain: V-setドメインは、抗体の可変ドメインに類似するIg様ドメイン。免疫グロブリン軽鎖・重鎖の他、様々なタンパク質ファミリーで見られる (CD2、CD4、CD80、CD86、JAM、PD1)



Potassium voltage-gated channel subfamily H member 7 (KCNH7)
電位依存性カリウムチャネル サブファミリーH メンバー7 (KCNH7/Kv11.3)

Involved in regulating neurotransmitter release, heart rate, insulin secretion, neuronal excitability, epithelial electrolyte transport, smooth muscle contraction, and cell volume.
以下の調節に関与する。神経伝達物質の放出、心拍数、インスリン分泌、神経の興奮性、上皮の電解質輸送、平滑筋の収縮、細胞の大きさ

2: 163695111

※Voltage-gated potassium channel: 電位依存性カリウムチャネル。αサブユニットによりKvα1からKvα12まで分類される。KCNH7はKv11.3で、電位依存性の内向き整流性カリウムチャネル



V-set and transmembrane domain containing 2A (VSTM2A)
V-setと膜貫通ドメインを含む2A (VSTM2A)

In vivo function not clearly established
in vivoでの機能は明らかではない

7: 54609587



Ephrin type-A receptor 2 (EPHA2)
エフリン受容体A2 (EPHA2)

Protein-tyrosine kinase family member; implicated in mediating developmental events, particularly in the nervous system.
タンパク質-チロシンキナーゼファミリーのメンバー;
特に神経系の発達のイベントの仲介に関係する

1: 16482553



Patched 2 (PTCH2)
パッチト2 (PTCH2)

A transmembrane receptor of the patched gene family; may function as a tumor suppressor in the hedgehog signaling pathway; has been associated with several different types of cancer
パッチト遺伝子ファミリーの12回膜貫通型受容体;
ヘッジホッグシグナル伝達経路では腫瘍抑制因子として機能している可能性がある;
いくつかの異なるタイプの癌と関連していた

1: 45297445

※Patched (PTCH): ヘッジホッグの受容体。PTCH1と相同体のPTCH2が存在する



Histone deacetylase 4 (HDAC4)
ヒストン脱アセチル化酵素4 (HDAC4)

Responsible for the deacetylation of the core histones; gives tag for epigenetic repression; plays important role in transcriptional regulation, cell cycle progression, and developmental events; also involved in muscle maturation through interaction with the myocyte enhancer factors
コアヒストンの脱アセチル化を促進する;
エピジェネティックに抑制させる目印を与える;
転写調節、細胞周期の進行、発達上のイベントで役割を演じる;
いくつかの筋細胞エンハンサー因子 (MEF) との相互作用を通して筋肉の成熟にも関与する

2: 240044021

※Histone deacetylase 4 (HDAC4): ヒストン脱アセチル化酵素4。HDAC4はTGF-β1による筋線維芽細胞の分化に必要であり、骨と筋肉の発達を調節する。HDAC4のタンパク質レベル減少は、マウスの網膜において桿体(rod)光受容体と双極細胞(bipolar cell)の死につながった



ADP-ribosylarginine hydrolase (ADPRH)
ADP-リボシルアルギニンヒドロラーゼ (ADPRH)

Catalyzes removal of mono-ADP-ribose from arginine residues of proteins in the ADP-ribosylation cycle.
ADPリボシル化サイクルにおいて、タンパク質のアルギニン残基からモノ-ADP-リボースの除去を触媒する

3: 119299162



Fasciculation and elongation protein zeta 1 (zygin I) (FEZ1)
繊維束形成・伸長タンパク質ゼータ1 (zygin I) (FEZ1)

Involved in normal axonal bundling and elongation within axon bundles; may also function in axonal outgrowth.
軸索束の中で正常な軸索束の形成と伸長に関与する;
おそらく軸索の生長においても機能する

11: 125365478
[PR]

by travelair4000ext | 2014-02-28 12:09 | 翻訳  

<< 不安定なDNA 06 不安定なDNA 04 >>