不安定なDNA 07

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3766610/table/tab3/

Table 3


Cluster analysis of genes having significantly different methylation patterns in women with FM.
FMの女性で著しく異なるメチル化パターンを持つ遺伝子のクラスター分析。






Genetic ontology/keyword term
遺伝子オントロジー/キーワード用語

No. of Genes
遺伝子の数

P value
P値



Anatomical structure development 17 0.0002

解剖学的な構造の発達 17個 P=0.0002



System development 16 0.0003

全身の発達 16個 P=0.0003



Developmental process 18 0.0008

発達の過程 18個 P=0.0008



Multicellular organismal development 17 0.0009

多細胞生物の発達 17個 P=0.0009



Polymorphism 41 0.0011

多型 41個 P=0.0011



Sequence variant 42 0.0012

配列変異 42個 P=0.0012



Domain: fibronectin type III 1, 2 4 0.0045

ドメイン: フィブロネクチン タイプIII 1, 2  4個 P=0.0045

※fibronectin: fibro (繊維) + nect (結ぶ) + in (タンパク質)



Glycosylation site 20 0.0047

グリコシル化の箇所 20個 P=0.0047

※glycosylation: グリコシル化。グリコシル基を転移させる反応

glycosyl: グリコシル基。単糖からヒドロキシル基を除いて得られる1価の基。glycose (単糖) + yl (基)

※yl: ある物質が、H原子またはOH基を失うことにより生成する基 (group) であることを示す化学的接尾語。前者はalkyl (CnH2n+2), methyl (CH3), phenyl (C6H5)、後者はacyl (RCO), acetyl (CH3CO), carbamoyl (NH2CO)

※pyranose: ピラノース。糖の環状異性体。アルドース (アルデヒドの糖 -ose) において、1位のアルデヒド基と、5位のヒドロキシル基との間に、ヘミアセタールを形成して、5個の炭素原子と1個の酸素原子をもつ六員環構造をとったもの

※hemiacetal: ヘミアセタール。アルデヒド基のカルボニル炭素にアルコールが1分子付加することにより得られる構造



Neuron differentiation 6 0.0048

ニューロン (神経単位) の分化 6個 P=0.0048



Nervous system development 9 0.0053

神経系の発達 9個 P=0.0053



Protein metabolic process 15 0.0067

タンパク質の代謝の過程 15個 P=0.0067



Autophosphorylation 3 0.0069

(プロテインキナーゼの) 自己リン酸化 3個 P=0.0069



Glycoprotein 20 0.0073

糖タンパク質 20個 P=0.0073



Skeletal system development 5 0.0085

骨格系の発達 5個 P=0.0085



Organ development 11 0.0097

臓器の発達 11個 P=0.0097
[PR]

by travelair4000ext | 2014-03-05 17:51 | 翻訳  

<< 不安定なDNA 08 不安定なDNA 06 >>