ピルビン酸と癌01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18789002

Colon cancer cells maintain low levels of pyruvate to avoid cell death caused by inhibition of HDAC1/HDAC3.
結腸癌細胞はピルビン酸を低いレベルに維持して、HDAC1/HDAC3阻害によって引き起こされる細胞死を防ぐ





Muthusamy THANGARAJU
Kristina N. CARSWELL
Puttur D. PRASAD
and Vadivel GANAPATHY

Department of Biochemistry and Molecular Biology, Medical College of Georgia, Augusta, GA 30912, U.S.A
ジョージア医科大学 生化学 分子生物学部
アメリカジョージア州30912 オーガスタ



Abstract
抄録


Human colon cancer cells and primary colon cancer silence the gene coding for LDH (lactate dehydrogenase)-B and up-regulate the gene coding for LDH-A, resulting in effective conversion of pyruvate into lactate.
ヒトの結腸癌細胞と原発性結腸癌は、LDH-Bをコードする遺伝子をサイレンシングして、LDH-Aをコードする遺伝子を上方調節する (LDH: 乳酸デヒドロゲナーゼ)。
その結果、癌細胞はピルビン酸を乳酸へと効率的に変換する。

This is associated with markedly reduced levels of pyruvate in cancer cells compared with non-malignant cells.
このことは、悪性化していない細胞と比べて癌細胞ではピルビン酸の濃度が著しく減少していることと関連する。

The silencing of LDH-B in cancer cells occurs via DNA methylation, with involvement of the DNMTs (DNA methyltransferases) DNMT1 and DNMT3b.
癌細胞におけるLDH-BのサイレンシングはDNAメチル化によって起きるが、それにはDNMT (DNAメチル基転移酵素) のDNMT1とDNMT3bが関与する。

Colon cancer is also associated with the expression of pyruvate kinase M2, a splice variant with low catalytic activity.
結腸癌はピルビン酸キナーゼM2の発現にも関与する。
M2型は低い触媒活性のスプライシングバリアントである。

※pyruvate kinase (PK): ピルビン酸キナーゼ。ホスホエノールピルビン酸のリン酸基をADPに移してATPを産生する、解糖系の律速酵素。
アイソザイム (isozyme) として四種類のPKが存在し、1番染色体のL型遺伝子からはプロモーターの使い分けによりL型とR型が、15番染色体のM型遺伝子からはスプライシングの違いによりM1型とM2型という異なるmRNAが作られる

We have shown recently that pyruvate is an inhibitor of HDACs (histone deacetylases).
我々は最近、ピルビン酸がHDAC (ヒストン脱アセチル化酵素) を阻害することを示してきた。

Here we show that pyruvate is a specific inhibitor of HDAC1 and HDAC3.
我々はピルビン酸がHDAC1とHDAC3を特異的に阻害することをここに示す。

※HDAC1: http://www.genecards.org/cgi-bin/carddisp.pl?gene=HDAC1

※HDAC3: http://www.genecards.org/cgi-bin/carddisp.pl?gene=HDAC3

Lactate has no effect on any of the HDACs examined.
乳酸は、調査したHDACのいずれにも何も影響しなかった。

Colon cancer cells exhibit increased HDAC activity compared with non-malignant cells.
結腸癌細胞は悪性化していない細胞と比較して、HDAC活性の増加を示す。

HDAC1 and HDAC3 are up-regulated in colon cancer cells and in primary colon cancer, and siRNA (small interfering RNA)-mediated silencing of HDAC1 and HDAC3 in colon cancer cells induces apoptosis.
結腸癌細胞と原発性結腸癌では、HDAC1とHDAC3は上方調節される。
結腸癌細胞におけるsiRNA (低分子干渉性RNA) によるHDAC1とHDAC3のサイレンシングはアポトーシスを誘導した。

Colon cancer cells silence SLC5A8, the gene coding for a Na+-coupled pyruvate transporter.
結腸癌細胞は、Na+と共役してピルビン酸を輸送するタンパク質をコードする遺伝子のSLC5A8をサイレンシングする。

※SLC5A8 (Solute Carrier Family 5, Member8): Na+/モノカルボン酸共輸送体ファミリー5、メンバー8
http://www.genecards.org/cgi-bin/carddisp.pl?gene=SLC5A8

Heterologous expression of SLC5A8 in the human colon cancer cell line SW480 leads to inhibition of HDAC activity when cultured in the presence of pyruvate.
培養ヒト結腸癌細胞のSW480系列ではSLC5A8が非相同に発現していて、ピルビン酸の存在下で培養するとHDAC活性の阻害につながる。

This process is associated with an increase in intracellular levels of pyruvate, increase in the acetylation status of histone H4, and enhanced cell death.
このプロセスは、細胞内のピルビン酸濃度の増加と、ヒストンH4のアセチル化状態の増大、そして細胞死の促進と関連する。

These studies show that cancer cells effectively maintain low levels of pyruvate to prevent inhibition of HDAC1/HDAC3 and thereby to evade cell death.
これらの研究は、癌細胞がピルビン酸の濃度の低い状態を効率的に維持することを示す。
そしてそれはHDAC1/HDAC3が阻害されるのを妨害して、細胞死を逃れるためである。
[PR]

by travelair4000ext | 2014-03-12 21:02 | 翻訳  

<< ピルビン酸と癌02 不安定なDNA 09 >>