酪酸と炎症01

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22517765

Butyrate suppresses colonic inflammation through HDAC1-dependent Fas upregulation and Fas-mediated apoptosis of T cell
酪酸はHDAC1依存的なFas上方調節ならびにFasが仲介するT細胞アポトーシスにより結腸の炎症を抑制する






Mary A. Zimmerman,1
Nagendra Singh,1
Pamela M. Martin,1
Muthusamy Thangaraju,1
Vadivel Ganapathy,1
Jennifer L. Waller,2
Huidong Shi,3
Keith D. Robertson,3
David H. Munn,4
Kebin Liu (corresponding author)1,3

1) Departments of Biochemistry and Molecular Biology,
生化学・分子生物学部

2) Biostatistics,
生物統計学

3) Cancer Research Center
がん研究センター

4) Immunotherapy Center, Georgia Health Sciences University, Augusta, Georgia
免疫治療センター
ジョージア州オーガスタ ジョージア健康科学大学



Abstract
抄録

Butyrate, an intestinal microbiota metabolite of dietary fiber, has been shown to exhibit protective effects toward inflammatory diseases such as ulcerative colitis (UC) and inflammation-mediated colorectal cancer.
酪酸は腸の微生物による食物繊維の代謝産物であり、潰瘍性大腸炎 (UC) ならびに炎症による結腸直腸癌のような炎症性疾患に対して効果を表すことが示されている。

Recent studies have shown that chronic IFN-γ signaling plays an essential role in inflammation-mediated colorectal cancer development in vivo, whereas genome-wide association studies have linked human UC risk loci to IFNG, the gene that encodes IFN-γ.
最近の研究で慢性的なIFN-γシグナルは炎症による結腸直腸癌のin vivoの発症において重要な役割を演じることが示されているが、ゲノムワイド関連研究はヒトUCのリスクの遺伝子座をIFNG (IFN-γをコードする遺伝子) と関連づけている。

IFNG/IFN-γ: インターフェロン-ガンマ。146アミノ酸残基からなるサイトカイン。二量体を形成する

However, the molecular mechanisms underlying the butyrate-IFN-γ-colonic inflammation axis are not well defined.
しかし、酪酸 - IFN-γ - 腸炎症という軸の根本にある分子メカニズムは十分にわかっていない。

Here we showed that colonic mucosa from patients with UC exhibit increased signal transducer and activator of transcription 1 (STAT1) activation, and this STAT1 hyperactivation is correlated with increased T cell infiltration.
ここに我々は、UCの患者から得られる腸の粘膜はシグナル伝達性転写活性化因子1 (STAT1) の活性化の増大を表すことを示した。
このSTAT1の過剰な活性化はT細胞の浸潤と相関する。

Butyrate treatment-induced apoptosis of wild-type T cells but not Fas-deficient (Faslpr) or FasL-deficient (Fasgld) T cells, revealing a potential role of Fas-mediated apoptosis of T cells as a mechanism of butyrate function.
酪酸の投与は野生型T細胞のアポトーシスを引き起こしたが、Fas欠損 (Faslpr) T細胞ならびにFasL欠損 (Fasgld) T細胞には引き起こさなかった。
このことは、酪酸の機能のメカニズムとしてFasによるT細胞アポトーシスの潜在的な役割を明らかにする。

Histone deacetylase 1 (HDAC1) was found to bind to the Fas promoter in T cells, and butyrate inhibits HDAC1 activity to induce Fas promoter hyperacetylation and Fas upregulation in T cells.
ヒストン脱アセチル化酵素1 (HDAC1) は、T細胞のFasプロモーターに結合することが発見された。
酪酸はT細胞のHDAC1活性を阻害して、Fasプロモーターの過剰アセチル化とFasの上方調節を引き起こす。

Knocking down gpr109a or slc5a8, the genes that encode for receptor and transporter of butyrate, respectively, resulted in altered expression of genes related to multiple inflammatory signaling pathways, including inducible nitric oxide synthase (iNOS), in mouse colonic epithelial cells in vivo.
gpr109aもしくはslc5a8 (酪酸の受容体と輸送体をそれぞれコードする遺伝子) をノックダウンすると、in vivoのマウスの腸上皮細胞では誘導型一酸化窒素合成酵素 (iNOS) を含む多数の炎症性シグナル経路に関連する遺伝子の発現が変化する結果になった。

Butyrate effectively inhibited IFN-γ-induced STAT1 activation, resulting in inhibition of iNOS upregulation in human colon epithelial and carcinoma cells in vitro.
酪酸は効果的にIFN-γによるSTAT1活性化を阻害して、それはin vitroのヒトの腸上皮細胞と癌細胞においてiNOSの上方調節を阻害する結果になった。

Our data thus suggest that butyrate delivers a double-hit: induction of T cell apoptosis to eliminate the source of inflammation and suppression of IFN-γ-mediated inflammation in colonic epithelial cells, to suppress colonic inflammation.
このように、我々のデータは、酪酸がダブル・ヒットを加えることを示唆する。
つまり、T細胞のアポトーシスを誘導して、炎症の源を消去する。
そして、腸上皮細胞でIFN-γが引き起こす炎症を抑制して、腸の炎症を抑制する。



Keywords: Fas promoter, histone deacetylase 1
キーワード: Fasプロモーター、ヒストン脱アセチル化酵素1
[PR]

by travelair4000ext | 2014-03-27 10:04 | 翻訳  

<< 酪酸と炎症02 ピルビン酸と癌02 >>