カテゴリ:翻訳( 183 )

 

社会的孤立と精神病18

Recently, another study utilizing genome-wide methylation profiling of blood samples from monozygotic twins discordant for schizophrenia linked aberrant DNA methylation of PGC-1α gene to schizophrenia (Dempster et al., 2011).
一卵性双生児の片方しか統合失調症を発症していない血液サンプルによる全ゲノムのメチル化プロファイリングを利用した最近の別の研究では、PGC-1α遺伝子 (PPARGC1A) の異常なDNAメチル化を統合失調症と関連づけた (Dempster et al., 2011)。

続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-20 12:51 | 翻訳  

社会的孤立と精神病17

Epigenetic regulation of PGC-1α
PGC-1αのエピジェネティックな調節


続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-13 18:09 | 翻訳  

社会的孤立と精神病16

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3759852/

Potential biological mechanisms underlying convergence of GxE on PGC-1α
遺伝的要因と環境的要因の相互作用がPGC-1αに集合するその根底にある、潜在的な生物学的メカニズム

続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-13 08:03 | 翻訳  

社会的孤立と精神病15

Concerning the potential roles for PGC-1α in the maintenance of mitochondrial function, there is substantial evidence for mitochondrial dysfunction in schizophrenia.
PGC-1αの潜在的役割がミトコンドリアの機能維持であることに関して、統合失調症ではミトコンドリアが機能不全を起こしているという十分なエビデンスが存在する。

(Prabakaran et al., 2004 Figure 2の注釈を追加しました)

続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-11 23:22 | 翻訳  

社会的孤立と精神病14

Interestingly, PGC-1α protein is selectively localized to interneuron nuclei by the second week of postnatal life in rodent brain (Cowell et al., 2007), although its mRNA and protein are observed in neurons throughout the embryonic forebrain.
興味深いことに、げっ歯類の胎仔では前脳のあらゆるニューロン内にPGC-1αのmRNAとタンパク質が観察されるが、生後2週間までの脳ではPGC-1αのタンパク質は介在ニューロンの核に選択的な局在化をしている (Cowell et al., 2007)。

続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-07 08:45 | 翻訳  

社会的孤立と精神病13

The neuroprotective effect of endogenous PGC-1α has been explored in multiple different studies.
内因性PGC-1αの神経保護的な機能が様々な研究で調べられている。

続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-06 16:26 | 翻訳  

社会的孤立と精神病12

In the central nervous system, PGC-1α protein is expressed most highly in GABAergic neurons (Cowell et al., 2007) with a particularly high concentration in cortical PVIs (Jiang et al., 2013).
中枢神経系においてPGC-1αタンパク質はGABA作動性ニューロンで最も多く発現し、皮質のPVIでは特に濃度が高い (Jiang et al., 2013)。

続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-11-06 10:31 | 翻訳  

社会的孤立と精神病11

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3759852/

PGC-1α as a molecular target of PVI-specific GxE.
PVIに特有の遺伝子と環境の相互作用は、PGC-1αを分子レベルでの標的にする

Recent evidence suggests that a critical regulator of antioxidant capacity in PVI could be the transcriptional coactivator peroxisome proliferator activated receptor gamma (PPARgamma) coactivator 1α (PGC-1α).
最近のエビデンスによれば、PVIにおける抗酸化能力を調節する重要な因子は、転写の活性化補助因子の「ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体ガンマ (PPARγ) 活性化補助因子-1α (PGC-1α)」である可能性が示唆されている。

続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-10-31 12:55 | 翻訳  

社会的孤立と精神病10

The high energy demand of PVIs
PVIは高いエネルギーを必要とする


続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-10-23 15:02 | 翻訳  

社会的孤立と精神病09

Postnatal development and maturation of fast-spiking PVIs
高速発火PVIの生後の発達と成熟


続きを読む
[PR]

by travelair4000ext | 2013-10-17 09:09 | 翻訳